FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ポルトガル旅行・世界遺産7ヶ所を巡る 1

         ポルト (この国の語源となった都市)

 日本を訪れた最初のヨーロッパ人 ルイス・フロイスはポルトガルの人だった事は良く
知られています。 1650年代の事でした。
彼は当時の日本の様子を記録に残し今に伝えてくれた恩人でもあります。この事から
ポルトガルには何となく近親感を持っていました。メジャーな観光地もないのに、何時
か行ってみたいと思っていました。

 行ってみたい世界遺産があまりにも多いために、私はこんな基準を作っています。
1ヶ所の訪問費 5万円以下。
 9月半ば世界遺産7ヶ所を訪れるポルトガル・ツアーを見つけました。費用は基準に
比べ10万円近く安い。 個人ではこれだけの場所数は なかなか周れない。 しかも
「宮殿ホテルと人気ポサーダに泊まる」 というタイトルが付いた企画です。 シメタ。

さて 最初の訪問地ポルトについて書きましょう。
ここはローマ時代には港町として開け、ポルトス・カーレと呼ばれていた古い町です。
ローマ帝国衰退後、西ゴート支配を経て 8世紀にはイスラム教徒に支配されました。
11世紀に これを破ったフランス貴族にこの地が与えられ、地名からポルトカリア伯爵
と呼ばれた。これがポルトガルの国名の基となったそうです。

 14世紀には海外進出の拠点となり、大航海時代の幕開け エンリケ航海王子
はここから出発しました。

20061113121653.jpg
   ドウロ川 河口の両岸 丘陵地に開けたポルト市。ポルトガル第2の都市です。
ポルト・ワインの産地として世界に知られています。
ワインの樽を積んだ舟 (セレモニー用、年1回のお祭には使用) と対岸の旧市街地。
この市街全体が世界遺産になっています。 
右の大きな館は12世紀建造の要塞(カテドラル)。

20061113124048.jpg
上と同位置からズームアップ。 この街の象徴クレリゴス教会が聳えています。
なんとも良いムードのある街でした。 僅か半日の観光、じっくり歩きたかった。

20061113125130.jpg
エンリケ航海王子の像。バスの車窓越しに撮影。

20061113125505.jpg
サン・フランシスコ教会。内部は金泥細工で豪華絢爛。
この国の全盛期時代の豊かさに圧倒される。内部は撮影禁止で残念。

20061113130031.jpg
元修道院。 現在はユースホステルとして使用。これもバスの中から。
以上11月3日 撮影。

メモ 写真の整理を始めた所 どうも10回以上の回数になりそうです。他にも
タイムリーにブログ Up したいものも有りますので、それらも間に挟ませて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ウオーキング   11月12日   9,700歩

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

おかえりなさい!
素晴らしい旅をなさったようですね。

海沿いの町、ナザレにはいらっしゃいましたか?
私が大好きな町のひとつです^^
これからのポルトガルレポート、楽しみにしております!
【2006/11/13 15:44】 URL | はてるま #-[ 編集]

車窓越しでも、綺麗にとれてますね 流石です
世界遺産、実際に行けませんので
ここで旅しますよ^^
【2006/11/13 20:48】 URL | 温思の母 #d0UzlgPY[ 編集]

こんばんわ☆
ポルトガルの街並みとても美しいですね。
ポルトガルへ旅行したことがないので、これからのポルトガル旅行情報を楽しみにしています。
【2006/11/13 20:49】 URL | はちみつ色 #/5lgbLzc[ 編集]

はてるま様
コメント有難うございます。
ナザレはシティオ地区に行きました。展望台からの眺めが素晴らしかったですが、出来れば漁師町に行きたかったのですが!
ご期待に添えるか分りませんが、掲載回数は10回以上になりそうです。他のテーマも挟みますのでよろしくお願い致します。

温思の母さま
旅行会社主催のツアーは現地に入るとバスばかり乗らされます。数多くの観光地を回るためです。それで車窓越しの写真が多くなります。
仕事で海外は数え切れないほど行きましたが、観光旅行はリタイア後 67歳からです。今は一応健康で旅行を楽しめる事を感謝しています。

はちみつ色 さま
コメント有難うございます。
ポルトガルは予想以上に良かったです。
フランス、イタリア、ドイツロマンチィック街道は日本の女性で溢れていますが、それ以上に日本人好みではないかと思いました。続編がご期待に副えると良いのですが。
【2006/11/14 16:40】 URL | ヤンジジ #-[ 編集]

こんばんは。
ツアー参加者唯一の新婚さんで旦那のほうです。
ポルトガル旅行お疲れ様でした。
あんなに時差があるところは初めてだったので日本に帰ってきてからきつかったです。
写真綺麗ですね。
またちょくちょく見に来ます。
【2006/11/14 23:17】 URL | 麒麟児 #-[ 編集]

麒麟児 さま
ほんとうにお互いお疲れ様でした。
奥様はお元気ですか。お二人の写真が何点かありますので、よろしかったら お送りします。
これからもどうぞよろしく。
【2006/11/16 10:06】 URL | ヤンジジ #-[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/11/16 21:19】 | #[ 編集]

麒麟児様へ   成田でご挨拶出来ずお別れしました。 お元気ですか? ポルトガル素敵な国でしたね。 お二人とは、近いので、偶然、お会いするかもしれませんね。 その時は声を掛けてください。       
ヤンジジさま 勝手に、ブログつかって、挨拶してすみません。    続き、楽しみにしています。
【2006/11/16 21:57】 URL | 桜 #-[ 編集]

桜 さま
旅行中はお世話になりました。
私のブログがお役に立てば嬉しいです。どうぞお使いください。
旅行記はボチボチと書いて行きたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。
【2006/11/17 09:39】 URL | ヤンジジ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/129-d1596402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)