FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



長良川の野鳥・カワアイサ・今年も姿を見せてくれました


 水辺の冬鳥カワアイサが 今季も12月半ばから長良川で姿を見られるようになりまし
た。 そして最近 ようやくブログでお目にかけられる画像を撮ることができたのです。

はや2月に入り、普通なら多くの冬鳥を目にする時期なのですが、今年はバードウォッ
チャー間で交す挨拶が 「鳥がいませんね」 「今日も山が静かですね」 という状態。
一向に鳥が増えそうな兆しが見えません。

 水鳥は少々物足りないながら、一通りの種類は見られるようですが、野山の鳥は種
類も数も全く少ないのです。 東日本大災害による環境破壊が ここにも影響しているの
でしょうか。 何だか不気味な感じですが、皆さんの地方は如何でしょう?

カワアイサ020
運が良いと岐阜市の長良橋上から カワアイサが見られます。 (1月31日撮影)

カワアイサ 012
オス。 体長 65~70cm。 マガモに近い色で よく見間違えるが、より大きく スリム。

カワアイサ 066
メス。 体長 約60cm。 オスより小さい。 体色も全く違う。 頭のボサボサが特徴。

カワアイサ番 013
ここでは ペアまたは数羽で行動する。 夏にユーラシアの北中部や北アメリカ中北部で
繁殖し、日本には冬鳥として渡ってくるそうです。

カワアイサ 026
少し飛び上がり 羽ばたきを繰り返す カモ独特の動きをカワアイサも 見せてくれます。

カワアイサ 23
カワアイサは警戒心が非常に強い。 私の経験では30m以内には近付けません。
この画像も 存在に気付かず岸辺の遊歩道を歩いていて、逃げ出した瞬間をとっさ
にシャッターを切ったものが 偶然 うまく写ったものです。 (1月9日 撮影)



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。

ウォーキング   2月1日   12,300歩







スポンサーサイト




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1250-9b41ed83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)