FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



近隣の野山は赤い実がいっぱい


 紅葉もほぼ一段落。 木の葉もだいぶ落ちて森が少し明るくなりました。 見通しも良く
なり、あちこちで赤い実が見られます。 赤い果実は先月にもブログUPしたのですが、
また違った魅力をお見せしましょう。

 それにしても私が歩く山野では 最近イノシシとカラス以外、ほとんど生き物の存在感
がないのです。 今年 岐阜市周辺ではドングリも他の木の実も豊作のようですが、動物
がエサを探す気配が感じられません。 赤い木の実も ”待ち人来らず”・・・・。
何かイヤな予感がします。

 地球高温化環境汚染という大問題も東日本大震災以降 どこかへ吹っ飛んでし
まったようです。 どれも避けて通れない難問なのですが。

ソヨゴ 03
ソヨゴ。 モチノキ科の常緑高木。 赤松林に生えることが多い。

ソヨゴ 011
果実は5~6cmの柄にぶら下がり、径0,7cm程。 葉が風で擦られ、ソヨソヨと音を
たてるのが ソヨゴという名の由来です。 根が浅いため台風で倒れやすいそうです。
以上 11月20日 撮影。

トキワサンザシ159
トキワサンザシ。 バラ科の常緑低木。 庭木として明治時代に輸入された。

トキワサンザシ 8
西アジアから東ヨーロッパ原産。 径 0,6cm程の果実がびっしりと生える。 春に咲く
花も美しいそうですが、これは野生化しているようです。 11月22日 撮影。

サンシュユ 044
サンシュユ。 ミズキ科の落葉小木。 4月頃に若葉に先立ち咲く黄色い花も美しい。
江戸時代に園芸用として中国より導入された。

サンシュユ 14
長さ 約1,5cmの果実は思わず頬張りたくなるほどだが、渋くて食べられないらしい。
なお乾燥させた果肉はヤマグミという名で、強精薬、解毒用の生薬として日本薬局方
に収集されているそうです。  12月10日 撮影。
今日 掲載した他にも 今 センリョウ、マンリョウ、クロガネモチ等の赤い実
が盛りです。 チャンスがあったらUPしたいと思っています。


このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。


ウォーキング   12月14日 9,900歩  15日 5,600歩







スポンサーサイト




テーマ:花・植物 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1228-c7971945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)