FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



野生蘭・カキランを発見・可憐な美しさに驚く

 前回のブログでUPした伊吹山麓の湿原の続きを書きます。 モウセンゴケが密生し
ていた湿地から少し山寄りの草地に向かって歩きました。 すると 黄色く小さな花が草
叢から首を出していたのです。 近付いて目を寄せると 初めて見るランでした。

 未だ咲き始め。 いかにも初々しく 周りの里山の雰囲気にピタリ溶け込んでいました。
日本らしい控えめな美しさと 可憐さに魅惑され、ご満悦の一時を過ごせたのです。

カキラン 24
カキラン。 ラン科。 日本、中国北東部、朝鮮半島に分布。

カキラン 079
花径 約1,5cm。 草丈 30~70vm。 熟れた柿色の花なので 名がカキラン。

カキラン 082
湿った日当たりの良い草地が生育適地。 尾瀬ヶ原で多く見られるそうです。
名前調べの際、偶然 山野草販売店の宣伝が目に入った。 そこに
一株 数万円のカキランが売出されており、ビックリでした。

カキラン 019
このランも 全国21都県で絶滅危惧種に指定されています。
幸い伊吹山のある岐阜、滋賀県には野生カキランの繁殖地が存続し、特に法的保護
は無いようだが、この湿原は地元有志の献身的な活動で、環境が保たれています。
お陰でハッチョウトンボやトキソウ、サギソウなど現在では 稀少となった動植物を見る
ことが可能です。 地名や関係者名は秘密にしておきましょう。お手伝いできませんが
ボランティアの皆さん、お礼の言葉だけは言わせて頂きます。 有難うござます。


>
このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリックお願いします。


ウォーキング   7月21日 12,500歩  22日 11,300歩



スポンサーサイト




テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1156-8879f3da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)