FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



爽やか・夏つばきの花


 先週のウォーキング途中 長良川ふれあいの森で 幾重にも咲く ツバキに似た花に
気付きました。 よく通う場所なのに、今まで見逃していたのかと不思議です。

 やや大ぶりで清楚なフリルの入った白い花。 出番を待つたくさんの蕾。 サルスベリ
に似た木肌。 独特な気品に満ちた木でした。

 それも当然かも知れません。 調べてみたら 神聖な木として、日本で昔から崇められ
てきたようです。 沙羅の木 (サラの木) としてお寺などに植えられてきたそうです。

ナツツバキ 005
やや薄暗い森の端にポッカリと浮かぶ白い花は、本当の名前を 夏つばきといいます。
ツバキ科。 花径 約5cm。 樹高 3~10m。 落葉樹。

ナツツバキ 017
日替わりで花が咲き、1日で散る一日花ですが、蕾が多いので、半月は楽しめます。

ナツツバキ 013
花ビラの縁にあるフリルが印象的。 花期 6月。 原産地 日本 韓国。
この木は野生種でしょうか。 園芸樹でしょうか?

ナツツバキ 011
これは夏つばきの木の幹 (3本共)。 サルスベリに似ています。
日本では この木が仏教の聖木 沙羅双樹の木と混同されたり、沙羅の木と呼ばれ、
昔から日本の寺院に植えられ、信仰の対象となっていたようです。 お釈迦様が この
木の下で亡くなったといわれる インドのサラの木 (フタバガキ科) とは全く別の種ら
しいのですが、何故このような間違いがまかり通ってきたのか、真相は分らな
いようです。 ともかく 神聖な雰囲気を持つ木であることは確かです。



このブログ いいね。 と思われたら、ここをクリック お願いします。

ウォーキング   7月10日   12,900歩




スポンサーサイト




テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1150-f3db4c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)