FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



トンボは環境の象徴・エコの申し子です・ハッチョウトンボ


 子供の頃 大好きだった昆虫たち。 私は中でも特にトンボが大好きでしたが、今は
昆虫採集より デパートなどで売られるカブトムシが人気のようですね。 でも半世紀前
までは、東京でもトンボが群れをなして飛び、秋の赤トンボなどは、一幅の絵ともなって
いたのです。

 現在はトンボばかりでなく、多くの虫が激減しています。 僅か十数年前の未だ現役
時代、早朝や夕方に岐阜近郊を車で走ると、窓ガラスやボンネットにビッシリと貼り付
いた虫の死骸。 そんな現象は、今 殆ど見られなくなりました。

 虫がどれほど少なくなっているか、お分かりは頂けたと思います。 ましてトンボなど目
ぼしい虫は、それなりの場所を探し歩いても、なかなか見つかりません。
放射能の広がりばかりでなく、環境の汚染は 今日も続いています。

モウセンゴケ 44
食虫植物モウセンゴケが一面に生える湿原で生きるハッチョウトンボ。 中央やや
右上に小さく見える。 モウセンゴケをご存知の方は 大きさを ご理解頂けるでしょう。

ハッチョウトンボ 18
ハッチョウトンボ雄。 日本で最小のトンボ。 体長 約2cm。 イトトンボより小さい。

ハッチョウトンボ 38
雄は成熟すると、ご覧のように真っ赤となる。 清涼な環境を好むため、生息地が激減。

ハッチョウトンボ145
ハッチョウトンボ雌。 雄とは全く違う体色です。 雄よりやや小さく、体長 約1,8cm。

ハッチョウトンボ77
この雌の体色はやや違いますが、成熟度の差? お分かりの方お教えください。

湿原 203
この湿地で 驚くほど沢山のハッチョウトンボを見かけました。 今までも数ヶ所の生息地
を訪ねましたが、せいぜい数匹のみ、ばかり。 それでも満足していました。 もっとも
写真は撮れませんでしたが。 ここでは数百匹以上は確実。 こんな素敵な場所を
お教えくださった、ある環境ボランティアの方にお礼を申し上げます。
でも申し訳ありませんが 場所の発表は遠慮させて頂きます。
なおハッチョウトンボは 現在30以上の都府県で 絶滅危惧準危惧種に指定し
保護を呼びかけています。  撮影日 6月22日



このブログ いいね。 と思われたら、 ここを クリック お願いします。


ウォーキング   6月27日   7,600歩




スポンサーサイト




テーマ:昆虫写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

私も八丁トンボを見た事はありますが、それもすこしです。
そんなにたくさんいるのはめづらしいですね。
環境がいい所なのでしょう。
荒らされなければいいですが。
    みかん

【2011/06/28 11:41】 URL | みかん #0zcuN3Us[ 編集]

みかん様

いつもコネント有難うございます。
私もこれほど多くのハッチョウトンボを一度に見たのは初めてです。 こんなトンボ天国の環境が 末永く保たれることを願っているのですが。

私のパソコン 昨日壊れてしまいました。今インターネット カフェでこれを書いています。 しばらく不自由な生活となってしまいます。
【2011/06/29 16:09】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1144-269bb5b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)