FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



いない筈のヒメギフチョウを岐阜県内で目撃・私の勘違い?


 日本の固有種ギフチョウ(絶滅危惧種Ⅱ類) の画像は 毎年ブログUPしているので
すが、その亜種・ヒメギフチョウ(こちらは準絶滅危惧種) と思われる産卵シーンを、偶
然 岐阜県内で目撃し、写真も撮れたのです。

 この両者は よく似ていて 判別が難しいのですが、幼虫時の食草が違い、生息地域
も異なるそうです。 この2種の蝶の分布境界線をリュードルファイアライン(ギフチョウ
) といって、本州中央部を例にとれば、岐阜県はギフチョウ、長野県にはヒメギフチョ
ウが棲んでいるという研究結果が出ているようです。

ところがヒメギフチョウが居ない筈の岐阜県高山市で、この蝶の幼虫時の食草ウスバ
サイシン
に産卵中のヒメギフチョウらしい姿を見かけました。

 生息地を荒されるのを防ぐため、このブログ上では、日、場所は書かずにおきます。
でも研究者の方には ぜひ知って頂きたいと思い直しました。 ご希望でしたら、非公開
のコメントをくださるよう お願いします。 後日ご連絡いたします。

ギフチョウ 182
この時点では ギフチョウだと思って 撮影を始めました。

ギフチョウ産卵187
これは 何をし始めたのか分りませんでしたが、数十枚シャッターを切るうち、産卵
ているらしいと、見えてきました。 後 緑色の卵が写っているのにも気が付きました。

ギフチョウ 236
少し落ち着き 周囲も写るよう ズームの倍率を変えました。 この時点でも未だギフチョウ
だと 思っていました。 卵を産み付けているのは、ギフチョウの幼虫が食べるカンアオイ
とは違う植物なのだが。 神経が蝶にばかり集中していて気が付きませんでした。

ギフチョウ 247
蝶の一生で最大の仕事、産卵を終えて一休み。 これで命を終える
のでしょうか。 厳粛な気持ちになりました。

ギフチョウ 347
蝶が飛び去った後、葉の裏側を確かめると、やはり卵がありました。 この時 ハッと
気が付いたのです。 この葉がカンアオイでないことに。 そして植物名は分らな
いが、ヒメギフチョウの食草ではないかと。 帰宅後の調べで、これは確かに
ウスバサイシンという植物で、ヒメギフチョウ幼虫の食草だったのです。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。

ウォーキング   6月21日   6,300歩





スポンサーサイト




テーマ:昆虫写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

素晴らしいヒメギフチョウを見つけられましたね。私も慌てて小学区館の昆虫の本で見てみました。
生息地域がちがいますね。
たかやまはすみやすいのでしょうかね?(笑い)
【2011/06/23 08:51】 URL | みかん #0zcuN3Us[ 編集]

みかん 様

すぐ小学館の昆虫の本を紐とくとは凄いですね。 そのパワーを私に分けて貰いたいです。

実はギフチョウの発見者 名和 靖の昆虫博物館が、私の近所の岐阜公園にあって、そのお孫さん一家が今でも 隣に住んでおいでなので、私の関心も高いのです。
【2011/06/23 20:00】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]

元高山市民、現在は関市在住の甲太郎と申します。

残念ながら写真の蝶はギフチョウです。
前羽根の外縁にある黄色紋列のもっとも前の物が内側にずれているのがギフチョウとヒメギフチョウの区別点です。

ギフチョウが生息地に自生しているウスバサイシンを食べるのは、それほど珍しいことではありません。
【2011/07/09 02:58】 URL | 甲太郎 #WOq6nlhY[ 編集]

甲太郎さま

ご親切なお教えを頂き、まことに有難うございます。
黄色紋列の並び方による ギフチョウとヒメギフチョウの判別の仕方、良く分りました。 2冊の図鑑と数件のネット上の資料を見てはいたのですが、理解できませんでした。
それに食草は、そらぞれ全く違うというように 断定的に書かれており、これでは私のような間違った判断をしがちですね。
【2011/07/10 05:58】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1141-0cd348fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)