FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



2週連続でボランティアの集い

           未来の岐阜、グローバルぎふ

10月はボランティア、国際交流の催しが目白押しです。ボンドゥ孤児院プロジェクト
は、私以外の会員全員が仕事を持ちながら、このボランティア活動に参加しています。
その為このように一時期に集中すると困ってしまいます。
この催しは始めての企画で、参加するか迷いましたが、その主旨に賛同することに
しました。 ただ皆忙しく 結局私一人の担当になってしまいました。
  会期は10月12日?15日の4日間。

20061016051934.jpg

[ 地域づくりと国際交流の関係をさまざまな立場で考えてみます。身近な生活は意外
なところで世界とつながっています。NGO、NPO、そしてボランティアで活動している
地域の人々、さらには市町村や県、国などの行政の人々も交えて国際協力とは何かを
2006年10月 未来会館から考えます。]

これが趣意書です。 箱物行政の産物で、有効利用ができなかった岐阜未来会館とい
う立派な施設 (我が家の近くにあるのです) の運営が役人の手から離れ、民間に
委託されました。その門出の企画に少しでも協力しようか というのが私達の思いです。

20061016054924.jpg
               ボンドゥ孤児院の展示ブースです。

20061016055337.jpg
      慶應義塾大学 草野厚教授の基調講演 「なぜODAが必要なのか」

20061016055850.jpg
          ボランティア参加した岐阜の女子学生達の意見発表

  この催しが終わっての感想は、率直に言えば とても成功したとは云えません。
  ただ企画者、参加者の熱心な姿勢に、今後の方向性は見えるようだ、と思います。

 明日から乗鞍岳 五色ケ原シラビソコース (前回とは別コース) に行ってきます。
 多分紅葉が進んでいる筈ですので楽しみです。また報告します。

      私達の活動のホームページは "ボンドゥ孤児院プロジェクト”
      で検索できます。 よろしかったらご覧ください。


      ウオーキング  10月14日  14,300歩   15日  7,800歩

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/16 21:27】 | #[ 編集]

ヤンジジさん
イベントでは展示にご協力頂き、本当に有難うございました。今回の反省点を踏まえ、次回はより良いものにしていきたいと思っています。もちろん次回以降も!
今後もご指導よろしくお願いします!
【2006/10/24 00:08】 URL | haya #-[ 編集]

haya さま

ご丁寧なコメント有難うございます。
お互い頑張りましょう。少しでも住みよい世界を作る為に。
今後ともよろしくお願い致します。
【2006/10/24 14:44】 URL | ヤンジジ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/114-bca35b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)