FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



華麗な鳥・ヒレンジャク・初見で魅了されました


 先週末 地元の二つの新聞に 2日連続で ヒレンジャクという野鳥の写真が掲載され
ました。私は知らなかった鳥です。 撮影地は日本ライン下りで名高い木曽川の河畔。
岐阜と愛知県の境です。 我が家から車で40分程の場所なので、大雪の晴れ間に 訪
ねてみました。

 姿、色彩に特徴がある オットリした鳥でした。 この鳥は 現時点では 絶滅危惧種に
指定されていませんが、繁殖地のシベリアやアムール、ウスリー川流域の環境悪化
の影響で急速に数が減っているそうです。
それに以前から 越冬地である日本への飛来数が 年により 大きく変化することが知ら
れており、その原因も不明な 謎の多い鳥らしいです。

ヒレンジャク 106
ヒレンジャク。 レンジャク科。 体長 約18cm。 越冬地は
日本、台湾、中国南部などで、東アジア特産種

ヒレンジャク 011
赤もしくはオレンジ色の尾が特徴だが、尾が黄色のキレンジャクが混住すること
がある。 ここでも1羽見られるそうだが、私は確認できなかった。

ヒレンジャク 100
尾羽、風切羽に特徴があるようなので、後ろ姿も一枚。 頭の冠羽も面白い。

ヒレンジャク 020
繁殖中の主食は昆虫など。 越冬地ではヤドリギ、ネズミモチなどの実、果実を摂り、
数十羽の群れで行動する。 ここでは画像にあるエノキのヤドリギを食べています。

水を飲む 050
水を飲みに降りてきました。 鉢の上に屋根があったので 露出不足で残念。

ヒレンジャク 067
この時は手水鉢に6羽が降りてきました。 2羽は鉢の中。


このブログ いいね。 と思われたら ここを クリック お願いします。

ウォーキング   1月19日   11,000歩






スポンサーサイト




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1065-88ef8d1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)