FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



白鳥を見に琵琶湖へ


 私は野鳥が大好きです。 落ち込んでいる時など 鳥の鳴き声を聞くのが何よりの回
復剤、姿が見られれば たちまち気分爽快になります。

 でも野鳥の姿が年々 私の目に映らなくなってきました。 年のせいで 目も耳もニブク
なっているのは確かですが、情報によっても 生き物が地球上から急速に消えつつある
ようで、淋しい限りです。 私個人の単なる感傷で済めばよいのですが、地球高温化
止対策が遅々として進まない現状がもどかしい限りです。

 ということで 間違いなく野鳥が見られる琵琶湖北部に 今月2度行ってきました。
おとといの22日は天気も良く、絶好の日和だったのですが、鳥の姿が少なかったので、
11月9日にゲットした画像をお目にかけましょう。

竹生島 027
竹生島。 琵琶湖北端に浮かび、琵琶湖八景の一つ、
古来 神の島といわれてきた。 周囲は水鳥の宝庫。

白鳥たち 241
コハクチョウ。 この付近には 10月20日頃に飛来したそうです。
風が強く、20羽程のハクチョウたちは 岸近くの岩礁で蹲っていました。

白鳥ほか 175
鳥たちへの距離は約100m。 精一杯アップで写してみました。 すると白鳥の陰に
私には初見のオオヒシクイ (濃茶のカモ) も写っていました。

オオヒシクイ 160
突然 オオヒシクイが飛び立った。 あわててシャッターを切る。
オオヒシクイという鳥は、数がとても少ない貴重な鳥らしい。

オオヒシクイ 159
オオヒシクイ。 カモ科 マガン属。 体長 90?98cm。 コハクチョウよりはやや小さく
見えるが、ガンカモ類では最大級。 天然記念物。 準絶滅危惧種(環境省)。

琵琶湖内海 006
岸辺に近い干潟で、オオヒシクイが何かを啄んでいました。
名前の由来となったヒシの実だろうか。

コハクチョウはシベリア最北部から、オオヒシクイ
カムチャッカ半島から日本に渡ってきます。



このブログいいね。 と思われたら ここを クリック お願いします。

ウォーキング   11月23日   11,500歩






スポンサーサイト




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

私も最近、木の本、長浜、高月方面に行くことが多く田んぼで餌を食べているココハクチョウを見ましたが、ずいぶん離れてたのに大きいのでびっくりしました、
友人と大きいから白鳥かなといってましたが琵琶湖には白鳥は来ませんものね。
ヒシクイはめずらしい鳥なんですね。
【2010/11/24 09:55】 URL | みかん #0zcuN3Us[ 編集]

みかん 様

コハクチョウといっても ずいぶん大きいですよね。 確かにオオハクチョウは琵琶湖付近には飛来しないそうです。

ヒシクイも日本では2種類が見られるようで、琵琶湖に来るのはオオヒシクイという種類だそうです。
【2010/11/25 06:10】 URL | ヤンジジ #R4NmWodE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1034-12fc214e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)