FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



紅葉の伊吹山


 予報では絶好の行楽日和と思われた13日の土曜日、日本百名山の一つ伊吹山
に出かけてみました。 目的は山頂への登山ではなく 真っ盛りを予想される紅葉でし
た。

 伊吹山の紅葉狩りでしたら、私は断然 岐阜揖斐川町春日のさざれ石公園口からの
山道だと思っています。 この公園まで我が家から車で約40分。 渋滞にも全く無縁、
とても行き易く 嬉しい場所なのです。
 
ススキ 004
登山道3合目付近からの眺望。 画像の上部に伊吹山ドライブウエー
が見える。 その辺が標高1000mです。

伊吹山中腹 142
種類は分らないが、グラデーションが素晴らしいモミジ or カエデ。

伊吹山紅葉 138
さざれ石公園上部の素敵な森。 伊吹山滋賀県側の禿山状態と
比べて 同じ山とは とうてい思えません。

根曲がり 031
4合目付近の森の中。落葉広葉樹と針葉樹の混合淋。冬の大雪で根元が曲っている。

伊吹山中腹 111
5合目付近まで登ってきました。 この辺も落葉広葉樹の美しい森が続いています。
伊吹山は石灰質土壌なので 森は出来ないと 以前聞いていたのですが ・・・・。

登り始め 010
伊吹山は古来 薬草の宝庫として知られていました。 岐阜県側の山村では ごく最近
まで その生業 (なりわい) が続いていたようです。 この森を慈しみ、守り続けた跡が
私には見よく分ります。 対称的に 古くから京都など 開発が進んだ地域に近い琵琶湖
側の森は 早くから木材や燃料として消費し尽くし、消滅してしまったのでしょう。

晴天との予報にも拘らず、黄砂の影響でこの日 この付近は霞んでいました。 これも
中国の砂漠化の影響。 環境保全、高温化防止、生物多様性など問題山積です。



このブログ いいね。 と思われたら ここを クリック お願いします。

ウォーキング   11月14日   9,500歩






スポンサーサイト




テーマ:紅葉 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1030-39eb4bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)