FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



久し振りに見た・バッタの王様


 リタイア後の8年間 これだけ あちこちの山野を歩き回っても、バッタと出会った記憶
がありません。 バッタやイナゴという生き物が この世に存在していることを忘れてい
ました。

半月ほど前、野の花を探して木曽川河川敷の道も定かでない草叢に入ろうとしたら 数
匹のバッタがキチキチという音をあげて 飛び出しました。目を凝らすとショウリョウバッ
でした。 なんとも懐かしい出会いです。

 嬉しくなって 植物が衣服に纏わり付くのも構わず バッタを探し回りました。 幸いにも
トノサマバッタも見付けました。

 私の子供時代 バッタ獲りは 虫獲り修業の第一歩。 トンボやセミ獲りはやや難しく、
小学校入学位から。 バッタは飛ぶ高さもスピードもトンボ、セミほどでなく、幼児でも何
とか出来たのです。

 でも今ほど数が減ってしまうと、姿を見られるのは 動物園や昆虫館でのみ。野外で
バッタを見たことのある子は僅かでしょう。 ひょっとして 若いお父さん達も ・・・・?

私が子供の頃には 東京都区内でも見られたバッタが これ程減ったのは、どこもかしこ
もコンクリートで覆ってしまい、草地が減少したためと 農薬の使用が原因でしょう。

トノサマバッタ 001
トノサマバッタ。 最大6,5cmになる大型バッタ。 イネ科の植物が多い草原を好む。

トノサマバッタ 029
名の如く普段は威厳のある容姿だが、愛嬌のある仕草も見せる。

トノサマバッタ 26
環境に合わせて体の色を変えるので、静止していると全く姿が見えない。

ショウリョウバッタ 61
ショウリョウバッタ。 日本最大のバッタ。 メスは体長9cmにもなる。

ショウリョウバッタ79
オスの体長は5cm程。 飛ぶ時 キチキチと音を出すのでキチキチバッタ
とも呼ばれる。 私たちも子供の頃 そう呼んでいました。

来月 COP10 (生物多様性条約締結国会議) が名古屋で開催され 「地球上の動植
物の生存と その相互関係を如何に維持するか」 が検討されます。
ささやかですが エールを送りたく このブログを書きました。




このブログ いいね。 と思われたら ここをクリック お願いします。


ウォーキング   9月27日   10,200歩





スポンサーサイト




テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/1005-8f13e4ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)