FC2ブログ
楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



トルコ旅行記 2 ”遺跡 遺物”

 前回の記事と順序が逆になりましたが、この国について、一言。
トルコはDC2000年代の遺跡が存在するという古い歴史があり、ローマ時代、ローマの首都が、コンスタンチノーブルとしてこの地に遷都され、330 年キリスト教を公認し、後にローマ帝国が分裂すると、東ローマ帝国の都となり、以来1100年に亘って繁栄した。
1453年にオスマントルコに占領され、イスラム世界になり、永く世界の強国となった。まさに 世界史の中心地と言える地域です。

 地理的にもボスボラス海峡を挟み、アジアとヨーロッパにまたがって国土を有しており、文化、宗教、人種、地理など非常に多様性に富んだ、大変興味深い国です。
とても12日の旅行では、その一端すら把握は難しいと痛感しました。

 トルコといえば遺跡に触れねばなりませんね。それを見る為に旅行をしたのですから。
訪れた場所はいずれも超有名な所で、名前は殆ど聞いたことがあった。
しかし 何となくギリシャやローマにあるものだと思い込んでいた所が多い。それがトルコに存在しているとは! 自分の無知さを知ると共に、大変な驚きだった。しかも路傍のあちこちに、由緒ありげな遺物がゴロゴロ転がっている。これにも驚いた。日本では絶対考えられない。
調査が進めば、まだまだ大発見があるのは確実だろう。
底知れないこの国の歴史を思い、ビックリの連続だった。

20060501203701.jpg
エフェス(エフェソス)考古学博物館 展示品 軍事上の史実を記念したレリーフ。
メモを忘れ詳細は不明。お解かりの方お教えください。

akuroporisu.jpg
アクロポリス遺跡。  ここにも貴重そうな遺物がゴロゴロ。この地域一帯(ベルガモン)は
世界遺産。ここで発掘された世界的に貴重な遺物は殆どドイツに待ち去られたそうだ。
20060501214053.jpg
エーゲ海最大の遺跡エフェソス(エフィス)にあるセリシウス図書館。紀元117年建造
当時の世界3大図書館との事。ここは世界遺産にあらず。おかしいな?

20060501215359.jpg
エフェソスの劇場。25,000人収容できたそうだ。観客席の石段は一部新しい物で修復されている。現在もコンサートが行われているそうだ。

スポンサーサイト





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://3bandhu.blog63.fc2.com/tb.php/10-b834e21a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)