楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


放射線治療が終了しました・ 付 薬草2種

 2013年の大晦日となりました。私がすい臓がんになって2度目の年越しとなります。
有難いことに未だ命をながらえさせて頂きました。
それに昨日30日には放射線治療を予定どうり終えることができました。 1週間前あたり
から頻発した立ち眩み、以前から続いている吐き気、寒気に悩まされつつも、何とか頑張
りぬきました。

でも放射線治療の効果は2~3ヶ月経たないとハッキリしないらしく気がもめますが、副
作用は徐々に薄れていくのではないかと期待しています。

 今年も私のブログをご覧くださいまして有難うございました。 来年も体力、気力が続く
限り 頑張る積りですので、よろしくお願いいたします。

 本年度最終の画像は岐阜薬科大学薬草園で栽培されていた2種類の花をお目にかけ
ましょう。 観賞価値も十分にあると思います。

クミツクシン8092
クミツクシン(和名 猫のヒゲ)。 シソ科。 草丈 1mほど。 原産地 東南アジア。

クミツクシン 8106
インドネシアの伝承医療ジャムウの薬草として 古くから利用されてきたそうです。

ハブソウ 8112
ハブソウ。 マメ科。 花径 2~3cm。 草丈 60~120cm。

ハブソウ 81180
熱帯アジア原産。 江戸時代に中国から伝来。

ハブソウ 1181
毒虫やハブに咬まれた時の民間薬として使用されてきた。
花が美しいので切り花用に栽培されることもあるそうです。 (10月28日 撮影)



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。






スポンサーサイト

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真


放射線治療が70%進みました・ 付・ ノゲイトウ


 放射線治療の日程が最終まで決まりました。 体調を見ながら治療を進めていますの
で、私の体が一区切りの25回が耐えられると判断されたのでしょう。 吐き気を我慢して
ここまで治療を続けてきましたが、もうひと頑張りです。

 しかし結果が分かるのは 2~3ヶ月先のようで、それだけに私のガンの病巣がどの
ように変化しているか、あわ良くばという希望とともに、とても心配でもあります。


 体調が悪く遅れていた写真の整理が少し進みました。 その中から皆さんにも見ていた
だきたい数種の野草達がいくつかあります。 その中の一つ、ノゲイトウをどうぞ。

ノゲイトウ 1187
ノゲイトウ。 ヒユ科 ケイトウ属。 花穂の長さ 5~10cm。 草丈 40~100cm。

ノゲイトウ 1184
原産地 インドなどの熱帯アジア。奈良時代に目薬の生薬として中国経由で日本に伝来。

ノゲイトウ 1190
伝来時は薬としての用途以外にも、染料、食用としても用いられました。

ノゲイトウ 1188
江戸時代には観賞用としても栽培されるようになり、品種改良も盛んになったようです。
現在は野生化したものが各地で見られ、長良川の河川敷でも時々見かけます。

(以上 岐阜薬科大学 薬草園で 10月28日 撮影)



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。





テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


ガン放射線治療の現状・付 ウメモドキの実など

 私の放射線治療は、予定の25回の内14回が済みました。 吐き気が以前より強いと
いう副作用を我慢しつつですが、好結果が出ることを期待して、毎週 月曜から金曜日ま
で 毎日病院に通っています。

 アメリカではガン治療に放射線治療を50%以上採用しているようですが、日本では未
だ20%程度のようで、その大半は胃癌治療に使われているそうです。 私のような スイ
臓ガン治療に放射線を使うのは未だ実験段階に近いように思われます。

 一気に寒くなりましたね。 北国の雪景色が連日テレビ画面に登場しますが、岐阜市
周辺の紅葉も最終期となりました。 今日の画像は如何でしょうか。

ニシキギ8199
ニシキギ。 ニシキギ科の落葉低木。 紅葉が美しく、三大広葉樹と称えられる。
枝に翼(よく) と呼ばれるコルク状の羽が付くのが特徴。

ニシキギ8206
日本、中国、朝鮮半島に分布。
初夏に緑色の目立たない花をさかせる。 果実は0,7㎝ほど。

ツルウメモドキ8150
ツルウメモドキ。 ニシキギ科の落葉つる性木。 この状態での実の大きさ 約1cm。

ウメモドキ91584
実がとても可愛らしく、生け花にもよく使われるそうです。


ウメモドキ91587
日本、中国、朝鮮半島に分布。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。





テーマ:紅葉の写真 - ジャンル:写真


私のガン放射線治療・ 付 愛知県稲沢市 イチョウの黄葉

 11月25日に始まった すい臓ガンの放射線治療を今日まで10回受けました。 週に
5日も病院に通うのはいささかきついです。 この治療で感じた副作用は、抗がん剤のみ
の治療に比べ、若干吐き気を強く感じますが、何とか我慢しています。

 ここで放射線治療の様子を少し書いてみましょう。 人間は放射線治療器の上に仰向
けに寝ます (CT検査と同様)。 放射線照射機は体の周囲を回転しながら、上から、脇、
背中の3ヶ所からガンの病巣めがけてピンポイントで放射線を照射します。
初めに位置確認のために行う 試写を含めて 所要時間は約10分ほど。 痛みは全く感じ
ません。 これでガンを退治出来るのなら、何とも有難いのですが。

 さて今日はイチョウの黄葉をご覧に入れましょう。 ご紹介するイチョウは、岐阜県との
県境にある愛知県稲沢市にある林で、この一帯にに2万本近くのイチョウが100年を
超える古木をまじえて、ギンナンと美しい黄葉を私たちに与えてくれます。

イチョウ41700
イチョウ林。 裸子植物門イチョウ網で
唯一現存している種であり、それ故 生きている化石と呼ばれています。

イチョウ41683
イチョウの原産地は中国。 仏教の伝来とともに日本に伝えられたといわれています。

イチョウ41702
稲沢市祖父江町一帯は冬になると伊吹おろしが吹きつけるため、古くから防風林
を兼ねてイチョウを植えてきたようです。現在はギンナンを採るため、品種改良も行
われ、地域の特産品となっています。

イチョウ41696
ギンナンの果実。 果実は悪臭があるうえ、素手で触れるとかぶれます。

イチョウ41704
ギンナンの実。 果肉が腐って中の種が出てきました。
洗ってきれいにすると、食用のギンナンになる。

ウォーキング 12月2日 5,300歩



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。







テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真


ガンを放射線治療に変更・第一週目・付 可愛いマユミの実

 先週の月曜から金曜日まで 5日連続で放射線治療を受けました。 この治療は ガン
の病巣だけをピンポイントで放射線を照射し、健康な組織は傷つけずに、ガンの病巣だけ
を破壊しようとという治療法なのです。

 私のすい臓ガンは 幸い未だ転移がないようで 一ヵ所にまとまっています。 それでこの
治療法が使えるらしいのです。 副作用は若干の吐き気がありますが、何とか我慢するし
かありません。 とにかく頑張るしかないので、治療の一区切りとなる25回の放射線照射
が終わる年末近くまで続くことになります。

 この時期になると 野山の花は滅多に見られなくなります。 でも紅葉や熟した木の実な
どを楽しむことができます。 今日は今が盛りのマユミの実をお目にかけたいと思います。

マユミ291652
マユミ。 ニシキギ科。樹高 3~5m。 原産地 日本、朝鮮半島。

マユミ291581
私のウォーキングコース中にも数本のマユミが見られます。
また紅葉と秋に生る実が美しいので、公園でもよく見かけます。

マユミ 8062
マユミの実。 径 約1cm。 可愛いので 毎年のように写真を撮ってしまいます。

マユミ CN8066
マユミは雄樹と雌樹があり、実は雌樹だけに生ります。

マユミ 271154
木が丈夫で、よく撓る(しなる) ので、古代から弓の材料として
珍重されてきました。 これが名のゆえんです。

ウォーキング 11月29日 7,300歩 30日 5,700歩



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。










テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。