楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


伊吹山に遊ぶ・ヤマアジサイの種類が豊富


 現在Windows8に大苦戦しています。 6年来使ってきたVista搭載のマイパソコンが
動かなくなって、1ヶ月前に新しい機種を導入したのですが、従来の感覚と知識では動い
てくれません。

 すい臓がんと闘病中の77歳の私が 頭も鈍ってきたのかと悲観していたのですが、ある
調査を見たら 新しくWindow8を使い始めた一般ユーザーの70%が、使い方が分かりに
くいと嘆いているそうです。パソコンの利用者は専門家やマニュアだけではありません。
マイクロソフトさん こんな現状で良いのでしょうか。

 さて この辺で本題に戻りましょう。 伊吹山では6月半ば頃から約1か月半、山のあちこ
ちでヤマアジサイが見られます。 伊吹山ではこの山の固有種や高山植物があまりにも
有名なので、ヤマアジサイが話題になることは滅多にありませんが、私は以前から興味
を持っていたのです。

ヤマアジサイ 38
関東地方から中部地方にかけて ヤマアジサイは白花が殆どといわれています。
伊吹山でもやはり白が多いようです。

ヤマアジサイ 29
青い花のヤマアジサイを見つけました。 とても爽やかな色です。

ヤマアジサイ 27
福井県などの日本海側には澄んだ青色のヤマアジサイが見られるそうです。
その流れでしょうか。 (以上の3画像は 7月11日に撮影)

ヤマアジサイ 178
葉の色に魅かれました。 花色もこれから変化しそうです。

ヤマアジサイ 57
近畿以西には赤いヤマアジサイが咲くそうです。
その系統と思われる花がこの山で見られ、大変興味深い。

ヤマアジサイ 22
美しい花色と葉に 私は虜(とりこ) になってしまいました。
(以上3画像は8月3日 撮影)

このように中部地方と関西の接点に位置する伊吹山では、石灰岩土壌である特異性
と相まって 多彩なヤマアジサイが生育しており 興味津々です。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。







スポンサーサイト

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


伊吹山・8月3日の記録・お花畑 最盛期


 10月15日に撮ったCT検査の結果、私のすい臓がんは 2か月前に比べ、約20%大
きくなっていました。 今使っている抗がん薬が効かなくなったらしいのです。 この後の治
療方針は消化器外科全体の会議で検討するという主治医の話でしたが心配です。
私のガンはもう直すことが難しくなったのかも知れません。

 連載中の伊吹山の花々は、例年7月末~8月初めにピークを迎えます。 いつも天気予
報を眺めつつ、毎年この時期に伊吹山に登ってきました。 今年はいつになく天候不順で、
なかなか日が決められなかったのですが、8月3日に登ってみました。


 しかしこの日も岐阜県、滋賀県の平野部は快晴だったようですが、山頂付近は終日
ガスがかかり、撮影には好適とはいえぬお天気でした。
花の数も例年と比べ、およそ1/3でしょうか? 今年は異常気象だといわれていますが、
地球高温化がもたらす悪影響が 今後もっと顕著に現れるのではと心配です。

お花畑 082
伊吹山頂のお花畑
クガイソウ(紫色) シモツケソウ(ピンク) メタカラコウ(黄色) が目立ちます。

カメラマン101
山頂付近に集まったカメラマンたち。 ベストショットを狙って 鵜の目、鷹の目。

シモツケソウ 136
シモツケソウ。 バラ科。 花径 約0,5cm。草丈 60~100cm。
7月末から約半月ほど 伊吹山頂一帯はこの花のピンク色で染められる。

イブキジャコウソウ192
イブキジャコウソウ。 シソ科。 花径 約0,8cm。 茎は地面を這って伸びる。
日本,中国、ヒマラヤに分布。 伊吹山に数が多いのでこの名がついた。

クガイソウ 111
クガイソウ。 オオバコ科。 花穂の長さ 10~20cm。 草丈 約50cm。
伊吹山のクガイソウはその他の土地のクガイソウより小さいのが特徴。

シュロソウ 205
シュロソウ。 ユリ科。 花径 約1cm。 草丈 50~100cm。 珍しい花色ですね。

>メタカラコウ121
メタカラコウ。 キク科。 花房の長さ 5~10cm。 草丈 60~100cm。
この時期 山頂を飾る一方の旗頭です。

この他にシシウド、アカソ、キリンソウ、キンバイソウ、コオニユリなども見られましたが、
画像はまたの機会にさせていただきます。

ウォーキング  10月21日  7,200歩



この ブログ いいね。と思われたら、ここを クリック お願いします。







テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


伊吹山に遊ぶ・7月11日の記録


 台風26号による被害に遭われた方々、亡くなられた方たちに衷心より お悔やみとお
見舞いを申し上げます。 と思っていたら、続いて台風27号が発生しました。 恐れていた
地球高温化の影響がより早く、強く現れました。 今後この傾向がより強くなっていくでし
ょうから、一体どんな災害が発生するのか心配でなりません。

 さて伊吹山に登ったのは前回から数えて約半月後でした。この時期 私が大好きな
イブキフウロが咲くので、この花がお目当てだったのです。そろそろヤマアジサイも色づ
きはじめ、例年ですと 頂上付近のお花畑が華やかになってくる頃なのです。

 しかしこの山の乾燥状態は依然解消されておらず、花は全体に少な目、花の色香も
いまいちと思っていると、山小屋のご主人も私の思いと全く同じで、この山の荒廃に深い
憂慮を抱いておられました。

イブキフウロ 254
イブキフウロ。 フウロソウ科。 花径 約3㎝。 草丈30~80cm。 花弁の先に深く割れ目
があるのが特徴。 岐阜県、滋賀県、東北の一部にのみ分布。 日本固有種

イブキトラノオ135
イブキトラノオ。 タデ科。 花穂の長さ花穂の長さ 約6cm。 草丈 30~100cm。
北海道から九州の高山分布するが、特に伊吹山に多いので、この名がついた。

カラマツソウ 77

カラマツソウ。 キンポウゲ科。 花径 1cm。 草丈 50~150cm。
本州の山地~高山帯に自生する。 日本固有種

ウツボグサ 176
ウツボグサ。 シソ科。 花穂の長さ 3~8cm。 ウツボグサは
古来 消炎性の利尿薬として知られています。

キバナノレンリソウ 246
キバナノレンリソウ。 マメ科。 花径 約1,5㎝。 蔓性で地面を這う。 ユーラシア大陸
に分布。 日本では伊吹山にのみ自生する帰化植物。 1568年に織田信長の命によ
って、ポルトガルの宣教師にヨーロッパからの薬草を持ち込ませ薬草園に移植した際
に、紛れて帰化した種と考えられています。

ミヤマコアザミ55
ミヤマコアザミ。 キク科。 花径 約3cm。 草丈 20~50cm。 刺は鋭く、撮影の時
何度か痛い思いをしました。 伊吹山の固有種。
(白山や北アルプスにも分布するという説もあるようです。)

ウォーキング 10月14日 5,300歩 15日 4,100歩



この ブログ いいね。 と思われたら、 ここを クリック お願いします。









テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


伊吹山に遊ぶ・6月27日の記録


 昨年私はすい臓がんに罹り、ウォーキングもままならなくなりました。自然大好き人間
の私にとって、山歩きとともに 山野草や野鳥を見るのが最大の楽しみだったのですが。
今 何とか山らしき雰囲気に浸れる場所が伊吹山なのです。
(不治のガンといわれているすい臓がんですが、何とか奇跡をおこして直してみようと
運動を心掛けています。 お恥ずかしいですが、観光道路を車利用しています。)

 
ということで 今年は山頂まで5回登ってみました。 その記録を今後逐次ブログUPして
みます。
伊吹山は琵琶湖の東岸に聳える標高1377mの山。 岐阜県と滋賀県にほぼ半分ずつ
ほどがまたがっており、この位置こそが 花の名所となった要因なのです。 すなわち日本
のほぼ中央に位置し、太平洋気候と日本海気候がぶつかりあって、大雪を降らせ、時に
は10mを超すこともあります。

 このような気候が僅か1300そこそこの山にもかかわらず、高山性の植物が多いゆえ
んなのです。 また石灰岩の山でもあり、特異な植物群が生育。 固有種いわれるもの
が数多く存在するようです。

イブキシモツケ 08
イブキシモツケ。 バラ科。 花径 約0、7cm。花序の大きさ 約3cm。草丈 1~1,5m。

カノコソウ 064
カノコソウ。 オミナエシ科。 花径 約0、3㎝。 草丈 40~80cm。

グンナイフウロ 022
グンナイフウロ。 フウロソウ科。 花径 約2,5㎝。 草丈 30~50cm。

コバノミミナグサ 092
コバノミミナグサ。 ナデシコ科。 花径 約0、7cm。 草丈 10~20cm。
伊吹山、秋吉台固有種

ヒヨクソウ 074
ヒヨクソウ。 ゴマノハグサ科。 花径 約0、7cm。 草丈 30~60cm。

マムシグサ 058
マムシグサ。 サトイモ科。 草丈 約 100cm。 有毒植物。

なお他に当日見ることができたのは、イブキガラシ、クサタチバナ、ミヤマコアザミなどで
した。 これらも後日できるだけ画像をお目にかけましょう。
この日、麓の各地は晴天だったのですが、頂上付近は午後の3時ごろまでガスが
かかり、スカッとした画像は撮れせんでした。
今年 伊吹山は降雪量も梅雨の降雨も少なく、水はけのよい石灰質土壌は極端に
乾燥していました。 この時期最も見ごろなはずのグンナイフウロは例年の1/5程。
花色も悪い。 山全体の環境悪化が一段と進んでいるように見えました。

ウォーキング  1月7日 9,100歩  10日 5,700歩



この ブログ いいね。と思われたら、ここを クリック お願いします。









テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


車両事故に遭う・相手のハンドル操作ミス


 さる9月25日 通院の帰りがけスーパーに買い物に寄ろうと、道幅約6mほどの堤防道路
を走っていると、すれ違い直前の小型車が なぜか突然私に前方方向にハンドルを切りまし
た。 結果は正面衝突です。 この状況ではFIドライバーでも避けきれなかったでしょう。

 私は常時シートベルトを着用。 走行スピードも制限速度のプラスマイナス5kmほどで走
っています。 これらが幸いして 衝突時の衝撃がかなり和らげられたようです。 またエアー
バックも正常に作動。 事故後1週間様子を見ましたが、後遺症は無さそうなので、これか
ら事故の相手側と示談交渉に入ります。

 相手側は23歳の若者。 狭い堤防道路をかなりのスピードで走っていたようで、川に落ち
そうになり、反対側に急ハンドルを切ったようだ、とのことでした。 (なお私は救急車で病院
に運ばれ、その後の現場の様子は分からない。 これは目撃者や保険会社の伝言です。)
長い人生 いろいろな事が起こります。 とんだ災難でしたが、一つ一つ粘り強く解決して
いかねばと思っています。

プリウス4916
正面がザックリ、ペコリと凹んだ私のプリウス。 エアーバックは正面のみの装備でしたが、
幸い衝突角度が幸いして、私は無事で済みそうです。 より安全を図るには、サイドバックも
必要だと痛感しました。 でもフロントガラスが無傷なのがスゴイ。現代技術の素晴らしさが
私を救ってくれたと 感謝しています。

プリウス4917
相手の車が突然正面に現れ、激突後エアーバックが膨らむ瞬間を感じましたが、今思い
出してもオゾ気が迫ります。 相手側のエアーバックその他も正常に作動したようで、体の
損傷はほとんど無いと伝え聞きました。 良かったですね。



このブログ いいね。 と思われたら、ここをクリック お願いします。



テーマ:生きること - ジャンル:心と身体


山野草に魅せられて・アケボノソウ


 今日ご紹介するのはアケボノソウです。 この花は中部地方では8月末から9月末にか
けて やや湿潤な山地に生育するのですが、元々珍しい植物うえ 近年生息数が減ってき
ており、この花を見たことのある方は少ないのではないでしょうか。
 

 私がアケボノソウの花と出会えたのは、伊吹山で5年前の8月末から9月初め頃と
ひるがの湿地植物園で 3年前の9月末に、でした。 以来この花を見たくて毎年何度か
現地に通っています。

アケボノソウ 087
アケボノソウ。 リンドウ科。
花径 1,5~2cm。 草丈 1mまで。 日本、中国、ヒマラヤに分布。

アケボノソウ 101
花びらにある斑点が 宵の星を連想させ、曙草(アケボノソウ)と呼ばれるようになった。
ロマンチックですね。

アケボノソウ 088
黄緑色の2つずつの斑点は密線で、アリなどの虫を呼び寄せます。

アケボノソウ 046
全国的に分布地と数を減らしており、東京、千葉県、埼玉県など7都県で
絶滅危惧種に挙げられています。

アケボノソウ 040
以上 9月20日 ひるがの湿地植物園にて撮影。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。







テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。