楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本原種のヤマユリ・ササユリ


 8月7日にすい臓がんCTスキャン (CT撮影) を行い、そのコンピュータ診断の
結果を13日に聞きました。 手術をしたのは ほぼ一年前の昨年8月20日。 人間ドック
で異常を発見したのですが、開腹してみると 病状は既に4期に進んでいて、切除は不
可能。 抗がん剤治療しか方法は残されていませんでした。

 その時点で 余命約6ヶ月と診断されたのですが、幸い 「TS-1GEM療法」 が
私にあったのか 現在ガンの病巣は手術時の約40%に縮少しました。

 体力の維持のため、週1~2度のウォーキングも行っています。 その道すがら撮った
野山の花などをブログUPしています。 これからも前向きに明るく 生きていくよう努力を
続けるつもりです。 よろしくお願いいたします。

ヤマユリ 001
ヤマユリ。 ユリ科。 花径 20cm以上。 草丈 1~1,2mと大きい。 日本原産
東海地方を中心に近畿以北、関東、東北の山中に自生する。 強い香匂があり、
嗅覚障害の私にも分るので嬉しくなります。 7月7日 河川環境楽園にて。

ヤマユリ 032
1873年のウイーン万博に日本の他のユリと共に出品され、注目を浴びた。
ヨーロッパの園芸種 カサブランカ はヤマユリの交配種です。

ササユリ 123
ササユリ。 ユリ科。 花径 10~15cm。 草丈 約1m。 日本固有種
本州中部地方と四国、九州の明るい山林に分布。
ササと葉が似ているので この名がついた。

ササユリ 116
ササユリは成長が遅く、種から花が咲くまで 7~8年もかかるらしい。 その上 近年
里山の手入れが疎かになり花の乱獲も重なって、生育地は著しく減っているようです。

ササユリ 160
6月29日 ひるがの高原にて。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。

ウォーキング  8月19日 5,900歩  21日 6,300歩






スポンサーサイト

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


オオナルコユリ・清楚な美しさが際立ちます


 8月5日から 7,5~8,8℃の熱がでて、7日から昨日までの10日間 ほとんど寝た
きりになってしまいました。 抗がん剤によって白血球や好中球の数が減少し、体の抵
抗力が弱まったため何かの感染症に罹ったものと思われます。

抗がん剤はさまざまの副作用を引き起こしますが、肺炎などは最も怖いものの一つで
す。 幸い昨日から少しずつ熱が下がり始め 起き上がれるようになりました。

 こんな健康状態だったので ブログを書く間隔が開いてしまいましたが、今日は何とか
UPできそうです。 私が初めて目にした百合の花、オオナルコユリの姿をお目にかけ
ましょう。

オオナルコユリ91
オオナルコユリ。 ユリ科の多年草。 花径 約1,5cm。 草丈 80~130cm。
北海道、本州、四国、九州の落葉樹林の林道沿いや谷合に分布。

オオナルコユリ15
垂れさがる筒状の花が、10個以上と多いことから 田んぼでスズメを追い払う
鳴子に似ていると名ずけられた。

オオナルコユリ1
晩秋に根茎を掘り採って乾燥させると 「黄精」 という有名な滋養強精薬となる。

オオナルコユリ08
以上5月31日 伊吹山麓で村人に教えられて撮影。
古来伊吹山は薬草の宝庫といわれてきたのだが、数も種類も激減したそうです。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。





テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


ニゲラ・花が美しくインド料理のスパイスとして欠かせません


 私が住む岐阜市周辺は、8月5日、6日の二日間 集中豪雨に襲われました。 これが
ようやく一段落と思ったら、一転36℃を越える猛暑が再到来。 天気予報の最高気温
を見ると、岐阜、名古屋は何時も全国でのトップランクになっているので、ガン治療中の
私などにはとても辛い毎日なのです。

 生きることを諦めてしまえば簡単なのでしょうが、病との戦いと共に 地球環境の未来
が心配です。 今のペースで気候変動の激化が進むと、孫たちの時代は一体どうなるの
か 空恐ろしくなります。

 でもくよくよしていても仕方がありません。 今日は この春 初めて知った ニゲラという
花を ご紹介しましょう。

ニゲラ 047
ニゲラ (日本名 クロタネソウ)。 キンポウゲ科。 花径 3~5cm。 草丈 60cm前後。

ニゲラ 055
原産地 地中海沿岸、西アジア。 日本へは江戸時代末期に観賞用として輸入された。

ニゲラ 053
私が見たのは白花が多かったが、ブルー系の花色が多いそうです。

ニゲラ 021
今年初めて岐阜薬科大学薬草園でこの花を見たのだが、間なしに木曽三川公園で、
次いで伊吹山麓で野生化しているものも見た。 (以上は6月2日~7日 撮影)

ニゲラ 05
ニゲラの実。 熟すとこの中に黒い種ができる。
これが本格的インド料理に欠かせない香辛料となるのです。

ニゲラ 003
インド~中近東で広く食べられるナン味付けにも使われるようです。
また形の面白さから実はドライフラワーにも愛用されます。 (以上 6月12日 撮影)



この ブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。







テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


大輪の見事な花・カザグルマ・テッセン


 この数日 嬉しいことに体調を取り戻しました。 私の膵臓の抗がん剤治療は第12ク
ールの2週目に入って通常は より苦しい週になるのですが、予想もしなかった有り難い
ことです。

 もう1ヶ月も前に撮ったのですが、ブログUPが遅れていた花があります。 私が撮るの
は野草が殆どなので、滅多に大きな花はないのですが、これらは大きさだけでも見栄
えがすると 自分で思い込んでいるのですが ・・・・。

カザグルマ 010
カザグルマ。 キンポウゲ科の落葉性つる科多年草。 本州中部以西、四国、九州、
東ジアジアの湿り気のある山地に分布。 花径 約15cm。 花びらは8枚。

カザグルマ 045
数回見たことがある野草だが、花期のタイミングが微妙で、最盛期を見られたのは久し
ぶり。 稀少な花で現在 準絶滅危惧種。 前回調べた時は絶滅危惧Ⅱ類だった。
保護が少し進んだようで喜ばしい。 以上 5月25日撮影。

テッセン 037
テッセン。 キンポウゲ科でカザグルマの近似種。 原産地は中国で江戸時代初期
園芸用に輸入された。 花径 約7cm。 花びら 6枚。

テッセン 048
茎が細いのに丈夫なのでこの名が付いた。花が美しい上、漢方薬として知られ、鎮痛、
利尿、整腸などの作用があるそうです。 以上 6月10日 岐阜薬科大学薬草園にて。

カザグルマ 070
カザグルマの花が散った約20日後、順調に種が出来ているようでした。
一安心。 なおこの撮影地は発表を控えさせていただきます。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック 願いします。


ウォーキング 7月29日~8月1日 歩行日3日 計13,300歩 平均 4,400歩






テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。