楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久しぶりに野鳥ヤマガラの姿です


 私が今 受けている抗がん剤治療は、12月19日から始まった第5クール (1クール
は3週間) の1週目が終わった時の血液検査で、白血球の数が大きく減った(2800)
ため中断のやむなきになってしまいました。

 白血球が減ったのも抗がん剤の副作用の一つ。 そのため病原菌への抵抗力が減
退し、インフルエンザやノロウイルスなどにも侵されやすく、体力が弱っている現在、
より注意が必要となってしまいました。

 でも 体力をつけるため、もっぱら近隣の森を歩いています。 その道すがら ヤマガラ
が度々可愛い姿を見せてくれます。

今年は 皆様から暖かいお励ましを たくさん頂きまして有難うございました。 来年も体
と相談しつつ頑張るつもりですので よろしくお願いします。

ヤマガラ 003

ヤマガラ 050
ヤマガラ。 スズメ目シジュウカラ科。 体長 約14cmでスズメとほぼ同じ大きさ。

ヤマガラ 048
人に対する警戒心は弱く、慣れると近づいてくる。
仕草が可愛く、愛嬌のある顔なので人気のある野鳥です。

ヤマガラ 026
岐阜金華山の手乗りヤマガラは昔から有名。
お年寄りや子供さん連れが、エサを持って 山に登ってくる。

ヤマガラ 034
ピーナッツを咥えて飛び立った。 エサは即時に食べる場合と、
貯蔵する(樹皮の割れ目などに) 時もあるそうです。


このブログ いいね。 と思ったら、ここを クリックお願いします。






スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


初冬にも見られる野花・ホトトギス


 すい臓がんを治療中の私ですが、発病以前から日課としていたウォーキングを病院
の強い勧めもあって、今では辛いのですが 何とか続けています。 でも歩く距離は大き
く減って、週に4~5回、日に3000~4000歩ほどで現在は精一杯なのです。

 歩くだけでは飽きてしまうので、相変わらずカメラを持参しています。 でもせっかく撮っ
た画像を整理する余裕がないのです。 ましてブログを書くのはチョットきついのですが、
ブログは私が生きている証のように感じ、出来るだけは と思っているのです。

 日本列島の大部分が震え上がる昨今ですが、今日取り上げるのはホトトギスという
野花。 先週の降雪前まで岐阜市周辺で この花を見ることができました。

ホトトギス 066
 ホトトギス。 ユリ科。 草丈 50~100cm。 花径 3~4cm。 日本原種

ホトトギス 026
山野の林縁や崖などの日陰の多い場所に自生する。 ホトトギス属には19種があり、
全てが東アジアに分布。 内10種は日本固有種なのだそうです。

シロホトトギス022
シロホトトギス。 ホトトギスの色違い変種。 草丈 30~80cm。

シロホトトギス 29
これも日本原種。 白楽天とも呼ばれるようです。

ホトトギス 024
ヤマホトトギスと思われるが、自信はありません。

ホトトギス 029
以上 河川環境楽園にて 10月10日~11月16日 撮影。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。







テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


抗がん剤治療の新たな副作用 & 久しぶりの野鳥マヒワ


 寒いですね。 私が住む岐阜市は12月9日夜半から降り始めた積雪が17cm。 昨日
10日正午の気温が2℃。 この寒さは すい臓がんを治療中の私にとって耐えがたいも
のです。 先週あたりから体の冷えを強く感じるようになってきたのですが、そのうえ手
足の皮膚がカサカサになり、痒くなってきたのです。

 毎週1回の治療時、抗がん剤治療の効果が良く出ていると主治医に言われ喜んで
いたのですが、最近の寒さで新たな副作用に悩まされるようになりました。 寒くてたま
らず、とにかく暖かい場所から動きたくないのです。 日課としているウォーキングだけは
未だ辛うじて実行していますが、いつまで続くか心もとなくなってきました。


 さて今日の画像は、黄色が鮮やかで 小さく活発な動きがバードウォッチャーに人気
の冬鳥マヒワをお目にかけましょう。

マヒワ 178
マヒワ 雄。 アトリ科。 体長 約12cm。 スズメより一回り小さい。

マヒワ 217
マヒワ 雌。 オスに比べ黄色みは薄い。 夏季 ユーラシア大陸の亜寒帯で繁殖。
冬に中緯度地帯で越冬。 岐阜の里山では11月~4月に時々見かける。

マヒワ 054

マヒワ 041

マヒワ 066
アキニレ (秋に花を咲かせるニレの木) の翼果を夢中になって食べるマヒワ。

マヒワ 073
マヒワは群れをなして行動する。 この時は30羽ほどでした。
写真には6羽が写っています。 (以上 11月16日 撮影)



この ブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。







テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


私の抗がん剤治療TS-1+GEM療法と湖東紅葉狩り


 この抗がん療法はTS-1という飲み薬とジェムザールという点滴の抗がん剤を併
用する治療法です。 治療は3週間(21日) が1クールとなっています。1日目と8日目
にジェムザールの点滴を通院して受け、2週間続けて 毎朝夕 TS-1を服用し、残りの
1週間は薬がお休みとなります。 これを繰り返していくのです。

私は第3クールが終わってすぐ原因不明の熱が出、そのため2週間も抗がん剤治療を
中断。 合間の1週間の薬のお休み期間も加わり 3週間も薬ナシでいたため、かえって
体調が好転しました。

 有り難いことに 抗がん剤 を中断している間も 腫瘍マーカーの数値は下がり続け、
ガンの進行はストップしているようだ との診断結果がありホッとしたところです。

そして先週水曜日から治療を再開、第4クールが始まりました。 今のところ第3クール
までより副作用は軽くすんでおり、この状態が続くことを祈っているのです。

 体調も良く、天気も絶好だった11月19日、湖東(琵琶湖の東) にある天台宗の名刹
西明寺に紅葉狩りに行ってみました。

参道 050
西明寺本堂に登る参道。 名高い紅葉の名所だが、今年は特に鮮やかでした。

本堂 041
本堂(瑠璃殿) は国宝。 鎌倉寺時代初期に飛騨の匠の手によるもの。

三重塔 032
三重塔も国宝です。 鎌倉時代後期 飛騨の匠の作だそうです。

二天門 028
二天門は室町時代初期の建立で重要文化財。 平日だったが参詣者は多かった。

蓬莱庭 009
蓬莱庭という国指定の庭園。 一見の価値がありました。

記念写真 018
この寺の創建は平安時代(834年)。 平安、鎌倉、室町の各時代を通じ、山内には
17の諸堂、300の僧坊がある大寺院だったようです。
めったに撮ったことのない家内との記念写真です。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。










テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。