楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実が美しいマユミ & この木で生きるキバラヘリカメムシ


 半月ほど悩まされ 11月13日に ようやく治まった原因不明の発熱。そのために私の
抗がん剤治療は中断せざるを得ませんでした。 でも皮肉なことに この数日 私の体調
が 手術を受けた8月20日以降で最も良くなったのです。

 食べ物も良く喉を通るし、数時間の外出も楽にできるようになっています。 抗がん剤
を2週間以上 服用しなかったためだと思われます。


 抗がん剤は ガン抑制に効果はあるのでしょうが、副作用のマイナス面を考えると 患
者にとって 「良薬口に苦し」 以上のものです。 マスコミにはがんワクチンや種々の治
療法が紹介されるので どうしても期待してしまいますが、仔細に調べて見ると残念な
がら未だ実用には程遠いようです。

私のすい臓がんには目下 今受けている療法がベストらしく、この効果を信じるより方
法がなさそうです。

 体調が良くなったので、撮り溜っていた写真の整理ができました。 久しぶりにブログ
が書け 嬉しいです。

マユミ 033
マユミ。 ニシキギ科の落葉小木。 乗鞍岳中腹の五色ヶ原でよく見かけたが、
岐阜市近郊では河川環境園のみでしか見られない。

マユミ 019
実が可愛らしくて私は大好き。 赤くなり始める10月半ばを待ちかねて毎年見に行く。
木は弾力があって丈夫なので 古来 弓の材料ととなったのが名の由来とのことです。

マユミ 025
はじける前の実の大きさ 直径約1,5cm。 様々な小鳥たちが実を突きにくる。
(以上 10月25日 撮影)

キバラヘリカメムシ49
変わった虫がマユミの木に群がっているのを見つけた。

キバラヘリカメムシ幼虫68
キバラヘリカメムシの幼虫でした。 調べにはかなり苦労したが。 10月15日 撮影。

キベラヘリカメムシ 8
キバラヘリカメムシの成虫です。 幼虫を見た15日後に同じ木で見つけました。
体長 約1,5cm。

ヘリカメムシ 70
このカメムシはマユミ、ニシキギ、ウメモドキの木に寄生するそうです。
またカメムシと聞くと、あの臭い虫と顔をシカメル人が多そうだが、
ネット上の情報ではなぜか良い匂いがするらしい。
(私は嗅覚がバカになっているので、確認できませんでした。)



このブログいいね。 と思われたら、ここを クリックお願いします。








スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真


秋の七草 フジバカマ と虫たち


 昨日から ようやくウォーキングに出られるようになりました。現在すい臓がんを治療中
の私ですが、11月2日から原因不明の熱が出て (37℃~38,3℃) 11日もの間 身
動きできなかったのです。 血液検査、尿検査、レントゲンで原因を探ったのですが、分
りませんでした。 そのため順調に進んでいた抗がん剤治療も中断のやむなきになっ
てしまいました。

 4日前に熱が下がった時に主治医に云われたことは とにかく体力を回復すること。
それで情けなくも ふらつく体を労わりつつウォーキングを再開したのです。

久しぶりに歩いた11月16日は、穏やかで温かく、気持ちの良い散歩日和でした。

フジバカマ 032
フジバカマ。 キク科。 草丈 60~200cm。

フジバカマ 081
秋の七草の一つとして万葉の昔から親しまれてきたが、川原などの生育適地が
減ったため 自生種は少なくなってしまった。 絶滅危惧種Ⅱ類 (UV)。

フジバカマ 028

フジバカマ 069
フジバカマの花に来ていたハナムグリ

オオハナアブ 57
オオハナアブも蜜を吸っていた。 晩秋は花も少なくなり、みな生きるのに懸命です。
(以上 10月25日 河川環境楽園で撮影)



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリックお願いします。






テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


ハナミズキの実にメジロが


 今のところ 抗がん剤治療中の我が体調に大きな変化はありません。 コンデシュン
を維持するためのウォーキングも、悪天候でなければ、必ず毎日1時間ほど近隣の公
園などをブラブラしています。

 ここ数日 岐阜市付近でも一部の樹木に紅葉が見られるようになってきました。 そん
な木の一つ ハナミズキは葉の赤みが増し、実が真っ赤に熟しています。 それを楽し
んでいると、運よくメジロの群れがその実を目当てに飛んできました。 以前のように
野鳥を探して歩き回る体力の無い私には この上ない喜びでしたね。

ハナミズキ 94
ハナミズキ。 ミズキ科の落葉樹。 春に咲くピンクの花も可憐だが、
秋の紅葉も実も見応えがある。 岐阜市北部長良公園にて。

ハナミズキ 025

ハナミズキ 08
ハナミズキは北米原産。 1912年 日本から贈ったワシントンDCの桜の返礼として
贈られ、今では街路樹や公園木としてよく見かける。

メジロ 030
見事な紅葉と真っ赤な実を眺めていると、周りがザワザワしてきた。
メジロの群れが来たのだ。

メジロ 092

メジロ 067
メジロは夢中になって実を突き始めた。3~4mの近くに居る私への警戒心も無さそう。
可愛い姿を堪能させてくれ、数分後 一斉に姿が消えました。



このブログ いいね。 と思われたら、ここをクリック お願いします。







テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。