楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハイビスカス・プーケットで最も目立つ花

 プーケットでは ホテルの生垣、道路の植え込みなど 至る所でハイビスカス
花が見られます。 現地に住んでいる娘の話では、乾期 (ハイシーズン)に は 勢
いは少し落ちるようだが、1年中咲いているとのことです。 そして今の雨期 元気いっ
ぱい。 この花を見ると南国に来たな! というムードが一気に高まります。

 毎朝の散歩中に この花に群がる鳥、虫を沢山見掛けますが、その都度足を停め
ていると ウオーキングになりません。 で これに関しては、足場の良い娘のホテル
で撮影、と決めました。


ハイビスカス 018

ハイビスカス 062
この地のハイビスカスは、真紅、オレンジ系が多い。
私に園芸知識は無いが、原種に近いものと思われます。

ハイビスカス 066
娘のホテル (ナナイ・ヴィラ) の生垣。 2m以上の高さまで花が咲いている。

ハイビスカスと鳥 124
花は夜に咲き、翌日夕方に散ります。 夜中の花の匂いは強い。 嗅覚障害
のある私にも この時の匂いは分ります。 密も多い。 婿の話では密が垂れ
落ちるのが見えるとのことです。 ここに鳥や虫が集まる。
ところで この鳥の名前がまだ分りません。 残念ながらミツスイではなかった。


ハイビスカス。 アオイ科 フヨウ属。 花径 (写真の場合です) 10?12cm。
原産地 中国のブッソウゲがハワイに渡り、様々な品種改良が行われた。 
がインド原産という説もあるようです。 ハワイアン同様 世界に伝り、ハワイ州
の州花にもなっています。各地の温室でこの花を見たことがあるが、色 大きさ
共 多様さ に驚いた経験があります。 でも原種に近い方が 私の好みですね。



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


ブーゲンビリア・プーケットで見た花 その1

 10日間 ここに滞在していたのですが、奇跡的な天気の良さのお陰で 街 海辺
野山を歩き回っていました。南アジアモンスーン地帯では、この時期が最も暑く 雨
が多いので、緑が一段と濃くなります。

 正確には忘れましたが、プーケットに行きは もう12回位。 それでも毎回 新たな
発見があります。 そして撮る写真の数も益々増えます。 画像を整理し、名前の分
かったものから発表して参ります。

 今日は熱帯の代表的 花の一つブーゲンビリア。 強烈な日差しに映える花という
イメージでしたが、楚々とした感じの色も見付け 嬉しくなりました。

ブーゲンビリア 118

ブーゲンビリア 122

ブーゲンビリア 209

ブーゲンビリア 211
ブーゲンビリア。 オシロイバナ科。 原産地 ブラジル。
蔓性で条件が良ければ3m位まで伸びるようです。 花びらに見えるものは 葉が
変化したというもので、本当の花は 真中に見える小さく白い部分だそうです。
トゲもあります。 撮影時 繁みに腕をかけたら引っかかりました。
花言葉が情熱だという事を、私にしては珍しく知っていたので、白い花を見つけた
時はオヤッと嬉しくなりました。 他に紫色系統の色もあるそうです。
この花の画像は全部人家周りで撮ったものです。 山野では見かけませんでした。 



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


プーケット観光客 メタボリック考

 昨日帰国しました。 用心していたのですが、南アジア特有の強い冷房に当って、
4日前から風邪気味 体調不良になってしまいました。
プーケットは今 暑い盛り、観光的には閑散期のはずですが、結構客が多かったよ
うです。

 元々ここはヨーロッパ人観光客が多く、あまりアメリカ人は目立ちません。 近隣
のアジア人客も多かった上に 数年前から中国人団体客が急増しました。 ひょっ
として世界のマリンリゾート地で、最も多様な人種が見られる場所ではないかと
私は感じています。 それが面白い場所でもある所以ですが。

 このアジア系客の人々 (アラブ系も含めて。現地タイ人の中級クラス以上の人達
もそうですが) の体がここ数年急速に肥満化してきました。 この人たちは折角 海
に来ているのに、マリンスポーツを殆どしません。 まして朝のウオーキング、ジョギ
ングなどをしているのは、白人と日本人だけです。

 経済力の向上は 人間の健康面から見ると、むしろ悪影響を及ぼしていますね。

中国観光客 097
ジャンクセーロン (プーケット島 最大の商業施設) 前で休む中国人団体客。

催会場 プーケット色々 047
同施設内で開催の タイ伝統的家屋のミニュチュア展。 私も興味をそそられた。

バー 094
男たちの溜まり場。 道路の向こうに有名なオカマバーがある。

プライベートビーチ 422
パトンから車で15分程半島に出たプライベートビーチ。
ここも白人と日本人しか居なかった。


ウオーキング   5月23日 15,600歩  24日 13,000歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ライフ


南国の蝶の園を見る・プーケット バタフライガーデン

 プーケットの山野を歩いていると、蝶の飛ぶ姿をよく見掛ますが、殆どが遥か彼方
写真を撮るのは鳥以上に難しそうです。 その話を孫にすると、バタフライ ガーデン
があることを教えてくれました。

 熱帯特有の大型蝶や珍種の生きている姿は見られませんでしたが、テニスコート
2面程の大型の囲いの中で、美しい花々と共に、この辺りに生息する、約10種の蝶
の乱舞が見られました。

 プーケットは海のアクティビティーがあまりにも有名ですが、家族づれの方達や、
マリンスポーツの合間に、ホットする1時が楽しめます。 詳しい内容は後日UPしま
すが、私の好きな場所になりました。

2008,5,16~21蝶ガーデン 230

2008,5,16~21飼育室 209
下の画像は繁殖室内の不思議な世界です。


ウオーキング   5月21日 12,200歩  22日 9.900歩

昨夜予約投稿で送ったブログは、今朝何故か反映されていませんでした。
再送信です。

テーマ:蝶の写真 - ジャンル:写真


ミツスイという鳥を狙ってtます

 娘夫婦が経営しているプーケット パトンのナナイ ヴィラに私は滞在しているわけ
ですが、夜明けから1時間ぐらいは 様々な野鳥が声の競演を演じます。
これを聞くのもプーケットに来る楽しみの一つです。

 ヴィラに咲いているハイビスカスの花を目指して スズメよりやや小さな鳥が早朝
来ているのに一昨日気が付きました。 肉眼では分らなかったのですが写真を撮っ
てみると、どうもミツスイの仲間らしいです。

 まだ満足できるような写真は撮れていませんが、とりあえず1枚をUPしてみます。
正確な名前も、帰ってみないと調べることもできません。

2008,5,16ミツスイ 164


ウオーキング   5月20日  18,500歩 

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


プーケットは海も野山も美しい

 私がプーケットに着いてから 今日で連続4日晴天続き。 本来今は雨季の真っ最中
日本のゴールデンウィーク初め頃から 2週間 殆ど毎日雨が降ったそうで、その時に
来られた方が 気に毒だったらしい。 という訳で毎日ウオーキングに励んでいます。


 世界各地で災害が発生していますが、ここも 津波被害から3年以上が経ち、オフシ
ーズンを利用した、様々な工事がたけなわです。私は観光の中心を避けて、滅多に
人が行かない山野を歩いています。

 その時見掛けた 山間の農家の一隅です。

2008,5,16~19 農家庭先 109

2008,5,16~19農家庭先 107
花の種類は分りませんが、鄙びた佇まいと美しさに しばし見入ってしまいました。


ウオーキング   5月18日 16,900歩  19日 14,700歩

テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真


プーケットに居る下の孫と 1年振りの再会です

 15日の夜 予定通りプーケットに着きました。
翌日からブログを送るべく度々トライしましたが、ADSL回線が不調で fc2ブログ
管理ページを開けず、今日ようやく回復したようなので、やれやれスタートしたら
停電となる始末。

 今回の旅行は上の孫 (男児) を親元に送り届ける目的でしたが、下の孫が女児
で、1年会っていなかったので顔を見るのが一番の楽しみでした。 人見知りが激し
いと聞いていたので、心配でしたが、お兄ちゃんと会えた喜びで、最初から笑顔が
見られて一安心。 やっぱり俺の孫だと一人で納得です。

ななちゃんblog用 003
今 1才半です。 半年の時とは大違い。

ななちゃんblog用 036
到着翌日 早速近くにあるデパートの玩具売り場に出掛けました。

ななちゃんbrog用 040
すごいご機嫌です。 笑顔につられて高い買い物をしてしまいました。


ウオーキング   5月16日 16,200歩  17日 13,800歩

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


野バラ (ノイバラ・野茨) が真っ盛り

 今どこの野山を歩いても、日当りの良い場所で 真っ白な花を咲かせた野バラ
が 沢山見られます。
山の手入れをする人たちからは、鋭いトゲがあり、刈り取っても根元から また生え
るので、あまり歓迎されないのですが。


 この花を見ると 自然に2つの 「野バラ」 の歌が浮かんできます。 「童は見たり
野中のバラ。 清らに咲ける ・・・・」 というメロディー。 今一つは 「童は見たり 荒野
のバラ。 朝とく清く 嬉や見んと ・・・・」 どちらがシューベルトの作曲か、ウエルナー
だったかハッキリしませんが。 とにかく清々しい気持になることは確かです。


 我が家でも いつの間にか 妻が生垣を組み 野バラを挿し木で植えていました。
昨年までは 丈も低く、花も少なかったので、目立ちませんでしたが、蔓が絡み、伸
びる余地があると、2m以上の高さまで、花が重なり、今年は見事な花盛りです。

 植物は何でも 野生状態の方が、見栄えがすると思っていましたが、これは妻の
ヒットでした。

野バラ 012

野バラ 023

野バラ 031

野バラ 033

野バラ 008

ノイバラノバラ) バラ科の落葉性蔓性で日本の代表的な原種です。
花径 2cm前後。 花期 5?6月。 樹高 1,5?2m。 分布 北海道南部から日本
全国、朝鮮半島、台湾。 色々な園芸用バラの基となり、接木の台木にも使われて
います。 利尿、下剤の薬としても古くから知られています。

今日から 孫を送ってタイ プーケットまで行きます。 孫は小学3年生。 現地の学校
に通っていますが、今が暑い盛り。 それで夏休みだったのです。 その休みを利用
して日本の小学校に臨時通学をしていたという訳です。

このブログ原稿は予約投稿です。公開時刻はちょうど空港に向う電車の中でしょう。
プーケットからブログを送る積りですが、ネット接続の状況が心配です。
では行ってきます。



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


桐の木の花・こんなに見事とは知りませんでした

 長良川ふれあいの森には多くの道があります。 冬鳥の季節には足繁く通ってい
ましたが、春になってから ご無沙汰のコースを久し振りに歩きました。
すると桐の木に 藤と見紛う美しい花が咲いていました。 木の存在は知っていたが
花を見たのは初めてです。

桐木 025
       この桐の木は 樹高15m はあると思います。 堂々とした風格です。

桐の花 042

桐の花 036

桐枝 046

桐木 049
(桐の家具は有名ですが、花がこんなにキレイだとはビックリです)

はゴマノハグサ科の草なのだそうです。 このような大木になるのに 草とは驚き
です。 その証拠に 幹の真中に空洞があるのだそうです。 草の幹にも管がある。

花の大きさ 5?6cm。 花期 4?6月。 分布 北海道道南以南
の日本中に自生、栽培される。 中国原産で東アジア特産種。


昔は娘が生まれると 桐の木を屋敷内に植えたものです。 娘が成長し 嫁入りする
際この桐で作った箪笥を持たせたわけです。 桐の木の成長の早さも分かります。

充分に乾燥した桐は、高級木材として非常に優れた性質を持っています。
今は輸入洋材が全盛ですが、優れた特性を 2,3 挙げてみましょう。

軽い。 ・熱伝導率が低いので、省エネ建材となる。 ・引火し難く 防火材となる。

コストの問題があるでしょうが、価値が忘れられてしまった桐。
再検討の必要があるのではと思っています。

冬の桐997
冬に見た同じ桐の木です。 木と樹皮の特徴がよく分かります。


ウオーキング   5月12日 8,100歩  13日 10,700歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


野山の小さな花・デジカメミクロ撮影が面白い

 最近のデジカメは 2?3cmの近接撮影が可能になり、不可能だった微小物の
拡大写真が手軽に得られます。 それで 今まで見過ごしていた小さな植物に目が
向くようになりました。

 もしも数倍の大きさであったら、注目が集まるだろうと思う花が沢山見つかります。
その画像が期待以上の写りだった時は、思わずニンマリです。

コモチマンネングサ 024

コモチマンネングサ 027
 コモチマンネングサ。 ベンケイソウ科。 花径 1cm前後。 草丈 5?20cm。
     花期 5?6cm。 分布 東北地方以南の日本全国、中国、朝鮮半島。
 道端や田の畦に生える2年草。 キリンソウの仲間らしく 小さいながらキレイです。
 長良川の河川敷で見たのですが、庭に配置しても面白いと思いました。

ムラサキサギゴケ 035

ムラサキサギゴケ 034
  ムラサキサギゴケ。 ゴマノハグサ科。 花径 1?1,2cm。 花期 4?5月。
 湿地や水田の畦など湿り気があり、日当りのよい場所に生える。
 分布 北海道を除く 日本全国、中国、台湾。  とても可愛い花です。 休耕田らし
 い場所で見つけたのですが、初めは あまりにも沢山群生していつので、踏みつけ
 そうになり 慌てました。 多くの花が咲き揃っている様はコビトが踊っているよう。

オニタビラコ 073
     オニタビラコ。 キク科。 花径 0,7?0,9cm。 草丈 20?80cm。
  花期 4?10月。 分布 アジア、オーストラリアなどの温帯?熱帯に広く生育。
平地や低山の何所にでも咲いていそうです。 花は極小ですが 生命力溢れる感じ。

こんなに小さな花達も地球の自然を構成する大切な仲間なのです。


ウオーキング   5月11日  8,300歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


我が家で次々と咲く花。卯の花・コデマリ・モッコウバラ

 この時期 良いと思った花は、洩らさず写真を撮っています。 このところ 毎日ブロ
グを書いていますが、画像は溜まるばかりで、なかなか減りません。 で すっかり花
のブログ化してしまいました。

 という訳で 今日は前置きも少なめにします。

ウツギUP 102

ウツギ 113
卯の花ウツギ)。 ユキノシタ科。 花径 1,2?1,5cm。 花期 5?6月。
原産地 中国、日本。
この花を見ると 「卯の花の匂う垣根に、ホトトギス ・・・・」 の小学唱歌が必ず
浮かんできます。 これで歳がわかってしまいますが ・・・・。
万葉集にも詠われ 古くから日本人に馴染まれており、私も好きです。

モッコウバラ 037

モッコウバラ 043
モッコウバラ。 バラ科。 花径 2?3cm。 花期 4?5月。 草丈 6?7m。
原産国 中国。
蔓バラですが、トゲがありません。 日当りの良い場所で、
品の良い花が密集して咲きます。 妻が大好きです。

コデマリ 008

コデマリ 010
コデマリ。 バラ科。 1cm位の花が20?25個 集まって 半球状に咲きます。
花期 4?5月。 樹高 0,5?1,5m。 原産国 中国。
可愛らしい花ですが、咲いている期間が短いのが残念です。 (8?9日間)
撮影日 4月26日。 5月2日に花が終わってしまいました。


ウオーキング   5月9日  7,700歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


山に咲く野生の藤

 つい最近まで野生のオシドリが泳いでいた溜池近くの森で、今藤の花が真っ盛
です。 東海自然歩道の岐阜市内コースの道沿いでもあり、山野草の宝庫でもあ
ります。

 3月24日にブログUPしたショウジョウバカマもこの付近で見つけたもの。 近くに
は小さいながら滝もあって、心落ち着く 私のお気に入りの場所です。

,藤 116

藤up 123

藤中景 130

藤 134

 山で咲く野生の藤は全てヤマフジだと思っていました。 このブログを書くに当り、
調べてみたところ、ヤマフジという名の別種の藤が存在する事を知りました。

 私が見ていたのはフジ ノダフジともいうらしい) という種類だそうです。
「ヤマフジ」 とただの 「フジ」 の違いは蔓の巻く方角が反対だというのです。

藤蔓 217
( このフジは蔓が右巻きです。 =ただのフジ

ヤマフジというのは関西以西に分布する野生種で、蔓が左巻きなのだそうです。
その他の相違点はイマイチ判りませんでしたが。

日本人はサクラと共にフジが好きですね。 この季節 あちこちの公園や庭園で、
鈴なりの藤棚を見かけます。 園芸品種も大変な数に登るようですね。
でも私は山で見る この野生のフジが一番好きです。


ウオーキング   5月8日  11,500歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


久しぶり ヤマガラが近くに寄って来た

 冬鳥が北に戻り、森が緑に覆われると 残念ですが鳥の姿を見る機会が少なくな
ります。 もっとも朝夕の山野で、木々の中から 鳴き声だけは聞えるのですが。
自宅付近で年間を通して良く見掛けたヤマガラが、昨秋からメッキリ減ってきたよ
うです。

 金華山の手乗りヤマガラは、バードウオッチィングのガイドブックで紹介されるほ
ど有名ですが、これも例年の半分以下しか姿が見えませんでした。
チョット心配な現象ですが、昨秋はドングリなど、山の木の実が豊作だったので、
人目に触れる場所に出てこなかったとも考えられます。

 報道によれば 熊の人里への出没数が、昨秋はとても少なかった、との事ですの
で、同じ原因とも考えられます。 是非そうであってほしいのですが。

 数日前の夕刻 登山帰りの休憩中 目の前にヤマガラが 近付いて来ました。

夕日とヤマガラ 027
金華山東坂登山道の7合目、この山一番のビューポイントです。
ここでいつも展望を楽しみながら小休憩をとります。

ヤマガラ 155

ヤマガラ 156

ヤマガラ 154
目の前2m程の枝に止まり、可愛い仕草を見せてくれました。特に目が愛くるしい。

ヤマガラ。 スズメ目 シジュウカラ科。 体長 14cm(スズメと同じ位)
分布 日本全国と朝鮮半島のみ。 世界的には珍しい鳥です。
主に平地?低山の常緑広葉樹林の森に住みます。 このような森が激減しており、
準絶滅危ぐ種に指定した県もあるようです。地球温暖化防止のためにも、この種の
森の再生に、国の強力な施策が待たれます。


ウオーキング   5月7日  14,700歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


植物多様性が食料の持続的確保と地球環境を守る

 5月2日 オシドリに関連して ブログに 木の洞の減少を取り上げたのですが、
その2日後 NHKハイビジョンTVの環境特別番組でCWニコル氏(作家 自然保護
活動家) が森と林の違いについて次のように話していました。
「森には動物たちが棲家に利用する洞を持った数百年以上 年を経た大木が存在し、
林には大木が無い。木の種類が少ないか、大半は単一林だ。」 と。
そして 自然のままに放置していれば、良い森になるものではない。 手入れが必要。
とも言っていました。 まさに同感です。

ツブラジイno1
金華山の自然林。 黄色はツブラジイの花が咲いている場所。 アラカシ、コナラ、
ヒノキなど多様な木々が混生する広葉樹林が400年以上保たれている貴重な森。
私たち金華山サポーターズはこの森の保全ボランティアを行っています。

白山山麓264
白山山麓の自然林。ブナ、ミズナラ、トチノキなどが混生し、野生動物が多く住む森
 
 5月1日の読売新聞 「アマゾンで混植 脚光」 という記事にも共感しました。
その内容は 「アマゾン川流域の日本人移住地トメアスの農園では、カカオ コーヒ
ー コショウ ヤシ
など成長の早さが違う複数の農産物と樹木を一緒に栽培する。
これが混植なのです。

 農園の初期の頃 コショウを栽培し、折からの価格の高騰もあって、高収益を得た
が、数年でコショウが枯れやすくなり、病虫害も発生。 生活が立ち行かなくなった。
その時 近くの原生林でカカオの木が他の植物に囲まれスクスク育っているのを発
見。 これにヒントを得て、混植を始めた。 これが良い結果をもたらした。

 自然の森のように植物は複数種が共生してこそ、長く生きられる。 そう確信したそ
うです。 トメアスの日系人農家は今200を数え、殆どが混植を営む。

アマゾンでは森林を伐採、焼き払って農地を作るため、熱帯林が激減し、地球規模
の大問題になっています。 数年前からトメアスの混植が森との共生を可能にする
農法として脚光を浴び、ボリビア、ペルーなどアマゾン流域8ケ国から農業技術者
22名が訪れ、実地に技術を学んだ。」

年中原生林、自然林を歩いている私には、混植の大切さが実感として良く分ります。
我が意を得たりの報道、番組でした。


ウオーキング   5月6日  11,600歩 


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:地球温暖化・地球問題について考えよう。 - ジャンル:ライフ


個性ある雑草たち・カタバミ・ガマズミなど

 春の野山では次々と花が咲きます。 その出会いが楽しくて この頃は金華山だけ
でなく あちこちに足を延ばします。
同じ場所を前も通っていたのに その気になると、新しい発見が度々あります。

 花たちは 子孫を残すため動物や虫たちにアピールしているのでしょう。 殆どが
個性的な魅力を持っています。
それで画像がどんどん溜まります。 名前調べに結構時間を取られますが、それも
楽しんでいます。


カタバミ 012

カタバミ 017
カタバミ(方喰、傍食)。 カタバミ科。 花径 2?3cm。 花期 4?9月。
草丈 10cm位。 世界の熱帯?温帯に広く分布。
名の由来、葉の一端に凹みがある。ここが何かに食べられたようなので、
方喰 (カタバミ)

 クローバーのような葉が特徴で、夜は葉を閉じると図鑑に書かれていました。
それを観察していたら、花も夜 閉じるようです。 でもこの点については触れていま
せん。私の見間違いでしょうか?
 
この花は 我が家の石垣の隙間に咲いていました。 日当りが良ければ場所を選ば
ず育つ強い植物らしい。 根も強く張るため、縁起が良いと家紋に使われてきました。


剣豪 新陰流の上泉信綱、徳川家の大名 酒井家の方喰紋などが知られています。

ミヤマガマズミ 031

ミヤマガマズミ 025
ミヤマガマズミ。 スイカズラ科。 落葉低木。 樹高 2?5m。
花径 1cm位。 花期 5?6月。 北アメリカ原産で 世界の温帯地方に分布。

9?10月に熟す真っ赤な果実は鳥たちの良いエサになるそうです。
ミヤマと頭につくが、岐阜市周辺では低山でよく見かけます。
朝日に輝く 真っ白な花の群れが印象的。

カラスノエンドウ 012

カラスノエンドウ 033
カラスノエンドウ。 マメ科。 草丈 30?150cm。 花径 12?18cm。
花期 3?6月。 地中海が原産地。 ユーラシア大陸温帯に広く分布。

現在 全くの雑草扱いだが、原産地では大昔 食べていたらしい。 実際 若芽や豆果
は食べられる。 荒地にも生える強い繁殖力。 食品価格高騰の危機にある昨今、
活用方法を研究すべきでは?



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


美女高原の水芭蕉

UP 071

 高山に臥龍桜を見に行く前 ついでに寄れる面白い場所が何所かないか ネットで
探しました。 すると乗鞍岳山麓の美女平水芭蕉が見頃だというのです。

 水芭蕉といえば、尾瀬ヶ原を思い出します。 学生時代 ここを何度も訪れた目的
の一つが高山植物を見るため、特にこの花に強く魅かれていたのです。 ただ6月の
花というイメージで 気温の上がりが早くなってきたとはいえ、エッもう と思いました。

 本当に久しぶりの水芭蕉とのご対面。 この花の魅力は歳を経た今となっても、
変ることはありませんでした。

水芭蕉生育地 079
    美女ケ池と隣接する水芭蕉生育地。 保護のための木道が巡らされている。

水芭蕉, 055
     狭い場所に密集して咲いていました。 広大な尾瀬ヶ原とは趣きが違う。

清流 090
   人があまり行かない木道から 清流に咲く数株を発見。 気持の良い光景。

水芭蕉 084

水芭蕉 059
水芭蕉。 サトイモ科。 中央の黄色い部分が花。

白い部分は 葉が変化した苞 (仏炎苞) といわれるものです。草丈 20?60cm。
白い水芭蕉は 日本のみに生育するそうです。カナダには形が全く同じで、黄色い
種類があるらしい。                       以上 4月22日 撮影。


ウオーキング   5月3日  11,500歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


花のトンネルを作った 真っ白なナニワイバラ

 我が家に咲く花で 私が最も好きなナニワイバラが今を盛りと咲いています。
この辺りの土に合っているのか ご近所に差し上げた小枝も 挿し木が根付いて5?
6mにも成長し、キレイな花を咲かせています。

 虫たちも大好物なのでしょう。 この花が咲くと沢山の虫が集まってきます。 密を
吸うばかりでなく、花びらもアッという間にボロボロになります。 でも密集して蕾が付
くので、次々と花が咲き、壮観です。

 我が家では防虫対策を 全くしません。 止むを得ない時のみ 手で取り除くだけ。
虫たちも 同じ地球に住む仲間だと思っています。

だれも知らない小道 159
南向き石垣沿いの小道に、ナニワイバラが花のトンネルを作っています。

ナニワイバラ 171

岐阜城 184
窓からの眺め。 ナニワイバラの上に岐阜城が見えます。

ハナモグリ 023
ハナモグリが 2匹 来ています。

ナニワイバラ 150
ナナワイバラ。 バラ科。 花径 7?8cm。 樹高 蔓性で10m程にも成長。
原産地 中国、台湾と言われているが、日本でも九州、四国、和歌山県に自生地
があるそうです。 渡来したものが広まったのかは不明。 (以上 4月28日 撮影)

名の由来は、難波の植木屋が世に広めたので この名になったそうですが、確かな
事は? 原種のバラで とても丈夫です。 葉は常緑で椿のようにツヤがあります。
花も魅力いっぱい、匂いも良いのですが、トゲが鋭いので、注意が必要です。


ウオーキング   5月2日  12,200歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


季節外れですが、自慢したいオシドリの写真が撮れました。

 昨年の秋から今春まで オシドリフィーバーで沸いていた 岐阜市近郊の溜池も、
4月始めには例年通り 水鳥たちの姿が消え、今はヒッソリしています。
この付近には藤の木が多く、このシーズンは時々見にいきます。 5日前の朝7時
頃 藤を見る前に この湖畔を通り、何気なく池を見て驚きました。 オシドリの1ペア
ーが居たのです。

 今頃は高冷地に移動して、産卵をする時季なのですが ・・・・? 昨日も 付近で
擦違ったバードウオッチャーに聞いてみたら、まだ居る、との返事。
オスの婚姻色は以前と殆ど変らず、とてもキレイでした。 木陰からソット見ていると、
近くまで寄って来て、生き生きとした動きを見せてくれたのです。

朝 083

ペア 086
透明な朝日の中で、静かな一時を楽しみました。
このペアは未だ若く、交尾が成功しなかったのでは?
逆光 103
この時季に美し過ぎるのが かえって心配です。
何かの原因で体内センサーが狂ってしまったのかな?

羽ばたき 112

羽ばたき 097

羽ばたき 099
目の前 5m程の距離で 羽ばたきを繰り返しました。 人が多かった時期には、
近くで こんなに伸び伸びした動きは しなかったのですが。

オシドリの繁殖で今心配されている事に、木の洞 (ウロ) の減少があります。
卵を産み ヒナを孵 (カエ) すために適した大木に開いた穴が、森の荒廃で数
が減っています。 樹木の減少は色々な悪影響を 地球上に及ぼしています。


ウオーキング   5月1日  5,000歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


緑の花が咲く桜 その2 ウコン(鬱金)

 この桜の木は 昨年の4月18日に偶然見つけました。 岐阜金華山麓を歩いてい
た時の事です。 何気なく近くを通りかかり、黄緑色の花がビッシリと咲いている桜ら
しい木を発見、ブログに発表しました。 沢山のコメントを頂きましたが、自分では品
種について今ひとつ確信が持てませんでした。

 それで今年は早くから観察を始め、色々な条件下で写真を撮りました。 この花の
色が微妙で、目で見た色を正確に出したかったからです。 デリケートな色は、天候
時間、カメラのクセなどでかなりのズレが出てしまうのです。

 撮った写真は 図書館で数冊の図鑑と見比べました。 今度は自信を持ってウコン
鬱金) と言えます。 正にウコン色 (黄色) の花が咲く桜です。

うこん桜 023
満開のウコン桜。 背後で咲いている桃の花や、しだれ桜と色比べをして下さい。
4月16日 撮影。

うこん桜 057

うこん桜 026
肉眼で見た色に最も近い画像です。 周囲の緑と比較できます。

うこん桜 059

うこん桜 029
開花直後の花。 上の画像は開花後 3?4日目です。 赤みが少し出てきます。
散り際はもう少し赤くなります。

うこん桜蕾 055
蕾。 結構赤みがあります。

 ウコンという植物は ショウガ科の多年生植物で、この根茎が食物や薬として使わ
れます。 カレー粉が黄色いのはウコンが40%程 含まれているからだそうです。
この色に似ているため ウコン という名が付けられました。
この桜もオオシマザクラ系の園芸種で、江戸時代 京都知恩院での存在が知られて
いるそうだが ・・・・?
桜の基本種は9種。 日本に自生しているのは約100種、人工交配種を含め300種
以上もあるそうです。 しかも年々新種が出来るらしい。 桜は交配し易い樹木という
ことです。 日本人の桜好きは大変なものだと思います。


ウオーキング   4月30日  17,100歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。