楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あつい支援に 胸あつく ボランティア会報誌 編集完了

 3週間前から取り掛かったボンドゥ通信の編集がようやく完成しました。 この仕事
に関ってから ちょうど 10号目、自分では感慨の節目となりました。
71才の今、若く熱意のある方がいれば、早く代りたいと思っていますが、皆さん 自
分の生活とボランティア活動の継続に精一杯で、担当して下さる方は なかなか見つ
かりません。

 正直少々シンドイのですが、ボンドゥ孤児院プロジェクト(バングラデッシュ) への
皆さんの熱心なご支援と、子供たちの笑顔を思い出し、もう少し頑張らねばと自分を
鼓舞しています。

20070730054937.jpg
岐阜県各務原市 那加第三小学校 7回目の支援活動を表紙にしました。
せっかくのカラー原稿が、経費節約の為 モノクロ印刷になってしまい、残念です。

20070730060035.jpg
現在30名の孤児たちを養育しています。
毎年数人の変動があるのですが、今の在院者全員を紹介しています。

20070730060636.jpg
バングラデッシュ現地責任者からの 金銭受領領収書と半年毎の会計報告を発表。
常に明確でオープンな経理を心掛けています。

20070730061445.jpg
ボンドゥ・プロジェクトに対する会員以外のメールを紹介するページです。
仲間内だけの仲良しクラブにならぬよう、外部の意見にも注意を払っています。

ウオーキング   7月29日  18,800歩
一仕事終わったので、明日から3日間 立山周辺を歩いてきます。
写真が撮れたら、発表する積もりでいます。



ブログランキングに参加しています。
このボランティア活動応援のため 一押し願います。

スポンサーサイト

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ


キツリフネソウ・山地に咲く珍しく可憐な花

 東海地方は梅雨が明けました。 早速の猛暑、昨日 今日と35度です。 年寄りには
こたえます。
私のウオーキングコースの一つ、ほとんど人が通らない場所に、毎年 開花を楽しみに
している花があります。 名前を知りたくて、土地の管理者、近所の方に聞き回ったの
ですが、誰も知りませんでした。
 昨年 名不明のまま 写真をUPした所、エキサイトブログで 「幻に魅せられて」 を
運営しておられる海山人さんから ご親切にお教えを頂きました。

 大変魅力的な花なので、その後 調べて驚きました。 通常は高山の湿り気の多い
場所に生育する珍しい植物だったのです。
今年も開花を待ちわびていましたが、昨年より半月ほど遅れたようです。 梅雨の間
気温が低かったせいでしょう。 ようやく満開を迎えた昨日と一昨日、2日間写真を撮
りました。 是非皆さんのご感想をお聞きしたいです。

20070728173039.jpg
金華山麓の谷間に咲いています。 ほとんど日陰で、日差しは1日2?3時間程。

20070728173722.jpg
キツリフネソウ。 ツリフネソウ科。 園芸植物のインパチェンスはこの仲間です。

20070728174207.jpg
名前はこの形から付いたのでしょう。 花の付き方に特徴があります。
花の直径、2?2,5cm。長さ、3?4cm。
微風に揺れている様が何とも良い風情です。

20070728174929.jpg
数十株が群生していますが、平地では珍しいそうです。
この場所の自然度が高いということでしょう。
ボランティア金華山サポーターズとしての仕事がまた増えました。

ウオーキング   7月27日  17,000歩



ブログランキングに参加しています。
一押しご協力 お願いします。

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ


日陰の真珠・ヤブミョウガ

 今の私に 一番大切な日課はウオーキングですが、今月は雨とボランティア会報誌
の編集作業で、意のままなりません。
昨日も夕方の止み間を待って近くの岐阜公園の周囲に 飛び出しました。 私の大好き
なヤブミョウガが咲き始めていました。

 地味な植物ですが、照葉樹林の中に群生するので、豊かな自然の象徴とも言える
でしょう。 咲き始めのこの時期、薄暗い早朝には白さが目立ちます。 昨年もブログUP
しましたが、今年も宝石のような青い実が生るまで写真を撮り続ける積もりです。

20070727053659.jpg
ヤブミョウガ  ツユクサ科。 花期 6?9月。 花の直径 5mm。 草丈 30?50cm。

20070727054334.jpg
生育地 関東以西。中国、韓国、東南アジアなどに広く分布。
中国では虫刺されの薬として古来 使用するらしい。

ウオーキング   7月26日  6,400歩



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ


年金問題・若者よ 怒れ! 私も怒っています。

 社会保険庁の怠慢から発生した、年金記録の消失、扱いのズサンさから、年金問
題が今回の参議院選挙の最大争点になっています。
各党とも夢のような話をしていますが、いずれも現実性が薄いと 私は感じています。
抜本的な解決にはもっと痛みが伴う事を、ハッキリと国民に知らせるべきでしょう。

 年金制度は私の25才時にスタートし、掛け金の徴収 (給料から天引き) がこの年
から始まりました。 66才で退職しましたので、40年以上、お上の言うなりに払い続
けたことになります。 当初の触れ込みでは、55?60才で定年退職すれば、支給さ
れる年金で、バラ色の余生が待っているということでした。 しかしイザその時になると、
夢のまた夢でした。

 在職中は ごく稀に 海釣りに行く以外、長年 レジャー、遊興とは全く無縁の生活を
送った結果の貯えで、退職後の生活費の半分近くを賄っているのが現実です。
ささやかながら、ボランティアに多少は資金を廻せるのが、幸せですが。

 バブルの崩壊で目算が狂ったのは確かでしょうが、本来の年金資金として運用され
ず、闇に消えた掛け金が多額に登っています。 昨今の報道では、続々と社会保険庁
の汚職、無駄遣い、怠慢が明るみに出ています。 この状態ではまだまだ腐敗の実
態が暴かれるでしょう。

 退職時 何度か社会保険事務所に足を運ぶ機会がありました。 応対が不親切とい
う事は無かったですが、厳しいビジネス競争を過してきた私には、事務所の雰囲気が
弛んでいる様子がハッキリと見て取れ、オイ、そんなことで大丈夫? と思ったもので
した。 ヤッパリでしたね。

 この責任追及も欠かせませんが、これからの年金をどうするか が最も重大です。
で 今度の選挙が大切です。 よく考えて 投票する必要があります。
今 問題になっているのは年金支給対象のお年寄りに関して です。 若い方には当面
関係が無さそうですが、将来もっと大きな問題として、現れてきます。

 若い方達 棄権は最悪ですよ! 陰で何を言っても始まりません。 選挙こそ自己
の最大最強の実力行使なのです。

ウオーキング   7月23日 13,400歩  24日 8,900歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ


キセキレイ・キセキ的にキレイで可愛い親子を撮れました。

 私の日課、ウオーキングの最中 色々な鳥を見掛けます。 特にバードウオッチングを
目的としているわけではないのですが、サエズリが耳に入るでけでも気分が高揚しま
す。 この春、子育て中の鳥達を数種見かけました。 特に絶滅危ぐ種ハヤブサの子
育ての様子は、現在もまだ、遠巻きに見守っています。

 岐阜市内を流れる長良川周辺では、セグロセキレイを1年中見ることが出来ますが、
キセキレイは春から初秋頃に時々見掛けます。 セグロセキレイより やや澄んだ チチ
チという啼き声で居るのはすぐ分かります。 しかし近付くことはとても難しい。
小さい上に 動きも早く、写真を撮るのは至難の業です。

 一ヶ月ほど前、偶然 キセキレイ親子の姿を撮ることができました。 カルガモを撮るた
め、カメラを構えている所に飛び込んできたのです。 本当にラッキーでした。

20070723064611.jpg
目の前をキセキレイが横切りました。

20070723065031.jpg
姿を追って こちらも数歩移動しました。
独特な尾の上下に動きと共に、虫を咥えているのに気が付ました。

20070723065800.jpg
この時になって、ヒナがそばに居るのに気が付ました。
撮影時は夢中でしたが、写真を見ると可愛いですね。

20070723070156.jpg
ヒナはピーピーと盛んに泣きますが、すぐにはエサを与えません。
残念ですがこの後すぐ一緒に飛び立ってしまいました。エサ獲りの訓練中?

ウオーキング   7月22日  14,000歩



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:かわいくて癒してくれるもの♪ - ジャンル:ライフ


いま金華山で最も美しいもの、シダ・蔦類

 この時期、ウオーキングをする時間に苦労しています。
ボランティア会報誌の編集中でもあり、雨の合間、2?3時間歩くタイミングをとるの
が難しい。
 一昨日の夕方、4時間ほど続いたパソコン作業に疲れ、ふと窓を見ると 空が明るく
なっていました。 しめた! と外に飛び出しました。
雨に打たれた植物たちがあちこちで輝いていました。 その時 目に留まった何点かを
ご紹介します。 皆さんはどのように感じられますか。

20070721172054.jpg
色と形に魅かれて 撮ったのですが、
簡単な調べでは、種類が分かりませんでした。 お判りでしたらお教え下さい。

20070721173237.jpg
ヤマイモと思いますが、どうでしょう。 ヤマノイモ、ジネンジョ
とも云いますが、芋を掘り出すのは大変でしょうね。
もっともここは国有林の中。 残念ながら採取禁止です。

20070721174237.jpg
コシダ ウラジロ科
今は40?50cm位の丈ですが、夏の終わりには1mを越えます。

20070721174804.jpg
ヤブソテツ or オニヤブソテツ 私にはどちらか区別がつきません。金華山は
照葉樹林の極相林として有名ですが、シダ類が豊富なのでも知られています。
わたしはこんな緑の間を歩くのが大好き。元気の源となっています。

ウオーキング   7月20日  8,700歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ


私たち夫婦は携帯電話を使っていません。

 我が家では 私も妻も携帯電話を買ったことがありません。
6年前までの在職中はもちろん 私は使っていましたが。
一方妻は名うての機械オンチ、全く使う気がないようです。 妻はボランティア団体の
代表を13年間も務めながら、別に不便を感じないようです。 無ければ無いで、周囲
の方が配慮してくれているようです。 もっとも私が担当しているパソコンのインターネ
ットは大忙しですが。

 昨日大手携帯電話会社の料金値下げが発表されたようで、ユーザーの方には朗報
ですね。 それでこの記事を書く気になりました。
 子供達からは 「緊急時に心配だから、持ってほしい」 と云われているのですが。
今回の柏崎の地震でも基地局が故障して 通話ができなかったらしいですね。 災害
はいつも通話が殺到して ほとんど通じないのが通例です。 私が買わない理由は
これなのです。

 それに常時携帯していると、対人関係に緊張感が無くなります。 くだらない事で電
話を掛けてしまい勝ちです。相手の都合も考えず、次第にワガママになっていきます。

 それに結構 通話不能な場所があります。 圏外というヤツです。 私がよく出掛ける
海や山は、ほとんど圏外です。 ビルの中、地下も ( 現在は改善されたかな?) 以前
はそうでした。 海外も日本の機種はほとんどダメでしたね。
私が最も必要とする時に使用不能では問題になりません。


 他にも買わない理由があります。
聞きずらい。 (6年前までの経験。もう改良済み? 71才の今 少し耳が遠くなった)
・液晶画面が見にくい。 (文字は大きくなっても、表示字数が少なくなり、読み辛い)
・ワンセグ、カメラ、お財布機能、音楽など、多機能すぎて、年寄りには面倒だ。
・高年齢向きの機種はチャチすぎる。

 こんな機種は出来ないでしょうか。 あったらすぐ買いますが。
 ・電話の基本、音質が良く、聞き取りやすいもの。
 ・音楽、カメラ、テレビは不要だが、中波放送が聴けると良い。 短波放送が聞ける
   とベスト。
 ・ラジオは24時間ぐらい聞き続けられる蓄電能力が欲しい。 電池使用でも良い。
 ・海外で使えるもの。
 ・液晶の大きさ 6×4cm以上。 電話機サイズ 11×6×1cm(厚み)以内。 胸ポケ
   ットに入れて歩きます。

私が異端者なのでしょうか。 でもこんな機種が出て、国際規格だったら 世界中で売
れると思いますが、どうでしょうか。

 最後に本音を言います。 無駄な出費はなるべく避けたいのです。 私達が救済活動
をしているバングラデッシュの孤児たちは、1ヶ月3,000円で一人を養育 (衣食住、
初頭教育を受けさせて)出来ます。できるだけ、そちらに資金を廻したいのです。


ウオーキング   7月18日 12,700歩  19日 11,500歩



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ


華やかな今の山野草・ゼニアオイなど

 この時期は植物の成長が 一年を通して最も速い時ではないでしょうか。
山野も数日で様相がガラリと変ります。 美しい花が次々と開花し、歩く前から今日は
どんな花に巡り会えるか楽しみで胸が弾みます。 梅雨の合間、出会えた私の恋人達
を発表しましょう。

20070718071102.jpg
 ここは東海自然歩道 百々ケ峰 (どどケ峰) コースを東にやや外れた遊歩道のノリ面
 です。やや乾燥した日当りの良い斜面に、多種の野草が次々と咲いていきます。

20070718072204.jpg
タイリンキンシバイ。 ツバキ目 オトギリソウ科。 原産地 中国。
(読者の方から花名について、ご親切なアドバイスを頂きました。 私も調べてみ
ましたが、ご指摘が正しいようです。 なお 科名も1字抜けていました。以上を
同時に訂正させて頂きました。 間違いを書きました事をお詫びいたします。
また的確なお教え 有難うございました。 お礼を申し上げます。)
江戸時代に渡来し、庭木や土壌の補強に使われるようです。 6月始めからビッシリ
花が咲き、壮観です。昨日見た時は、ようやくピークを過ぎたな、という感じでした。
一枚目の写真が満開時の光景です。

20070718073946.jpg
コマツナギ(駒繋ぎ) マメ科。 花期 6?9月。
馬を繋げるほど丈夫な木、ということでこの名がついたそうです。
風にソヨグさまが実にキレイです。

20070718075054.jpg
アガバンサス。 和名 ムラサキクンシラン。 ユリ科。 原産地 アフリカ。
雨の合間、薄暗い時の撮影ですが、かえって風情があるように感じます。
園芸種が野生化したのでしょうが、この色は私好みですね。

20070718080641.jpg
ゼニアオイ。 アオイ科。花期 6?8月。 ヨーロッパ原産。
「鴨の子を 盥(タライ)に飼うや 銭葵」 ・・・・正岡子規
という句があるように、アオイは夏の風物詩として日本人に親しまれてきましたが、
調べてみたら、多くの種類が中国、西欧からの外来種らしいですね。意外でした。

ウオーキング   7月16日 10,100歩  17日 6,200歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ


バングラデッシュ ボンドゥ孤児院図書館プロジェクト

 私達が12年前から運営しているバングラデッシュでの孤児院運営には、日本全
国から様々な方が参加してくださっています。
2004年からは京都の同志社大学の学生さんたちが加わって下さり、ボンドゥ孤児院
プロジェクト同志社支部が作られました。 現在では最も熱心な活動を展開してくれて
います。

 彼らが熱心に取り組んでいるプロジェクトの一つに 図書館設立があります。 孤児院
はコミラ市の郊外フェヌア村にありますが、村人の教育のためにも 図書館を公開しよう
と彼等は考えています。 このための本を 首都ダッカで購入する際 写した光景が本好
きな私には 興味深いので UPしてみます。

20070716073615.jpg
               露店の本屋で図書館用の本を探す。

20070716074030.jpg
             ダッカの本屋。かなり繁盛しているようです。

20070716074702.jpg
       本を夢中で見る孤児院の子供たち。 (以上 写真提供 同志社支部)

ホームページも是非ご覧ください。
ボンドゥ孤児院で検索できます。)

ウオーキング   7月15日  12,900歩



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


アオサギの百面相・愛嬌ある表情

 下痢の後遺症か体力の回復が遅れています。 やはり年ですね。
数日前から いつもの 「ボンドゥ通信」 の編集に取り掛かってもおり、今日のブログも
ちょっとお手軽に プールしていた写真を取り上げます。


写真は今年の2月27日に 高山市内の宮川で撮ったもの。 この時は10m以内まで
接近できました。 高山のアオサギは観光客慣れしているのでしょうか。 岐阜市では
とてもこのようには近づけませんが。


 いずれにしても 本来住んでいる野鳥が、人里でも見られるのは嬉しいことです。

20070714171434.jpg
宮川の中ほどに立派なアオサギがいました。
冬毛だったのでしょうか、フサフサの毛並が風に揺れていました。

20070714172128.jpg
なんだか眠そう。

20070714172341.jpg

20070714172600.jpg

20070714172739.jpg
なにやっているのだろう。

20070714173021.jpg
ようやくお目覚め? エサを狙い始めたようです。 目が鋭くなりました。

オウーキング   7月13日  6,600歩



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


京都 仁和寺 カメラスケッチ

 この寺を京都の人達が、「おむろ」 と呼んでいること、またこの辺り 金閣寺、龍安寺
にかけて 「きぬかけの道」 という道りがあるのを 何かで読んで覚えていた。
言葉の響きが、いかにも京都らしく、”みやび” ているので、何時か歩いてみたいと思
っていました。

 それが先日突然実現しました。 私たちのボランティア、ボンドゥ孤児院プロジェクト
同志社支部との打ち合わせを京都市内で行うことになり、学生会員の授業時間の
関係で、早朝岐阜を出れば 5時間ほどの時間ができる。 という訳で、6月27日フラリ
と古代の道を歩きました。
その中の一つ、仁和寺でのカメラスケッチです。

20070713072136.jpg
 御殿の内部、宸殿から見る庭園と五重塔。
この寺の創建はAC888年。 度重なる大火で、現存する建物は明治時代の物。
それでも国宝、重要文化財の数は多い。

20070713073207.jpg
宸殿内部。 江戸時代の終焉につながる 討幕軍大提督小松宮は当時のこの寺
の門跡でした。 討幕軍のシンボル錦の御旗は、この宸殿にあった 錦の垂れ幕
を利用したそうです。 日本歴史のターニングポイントとして感慨を覚えます。

20070713074431.jpg
公式行事を行う場所であった御所は、白書院、黒書院、宸殿と続き、さらに
この霊明殿があります。 緑の合間に見える小豆色の屋根が印象的でした。

20070713075357.jpg
霊明殿内部。
ここに国宝 「木造薬師如来坐像」 があります。 が秘宝で非公開でした。

20070713080140.jpg
有名な回廊 最奥部。 心休まる静寂。 しばし佇む。

20070713080527.jpg
観音堂。 鄙びた佇まいが、この寺で最も私の好みに合いました。 重要文化財。
仁和寺は皇室の私寺として永年維持されてきたので、金堂 (国宝) 始め、
建造物、庭園どれもが明るい。
日本の寺 特有の諦観があまり感じられない。 私には少々違和感が残りました。

ウオーキング   7月11日 9,000歩  12日 11,400歩



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


イエスにまつわる伝説の花 野草エニシダ

 5日間ほど下痢をして、ふらふらになりました。 寝込むには至りませんでしたが、
ウオーキングも出来ず、ちょっと辛い数日でした。 やっと昨日から回復してきました。
で 処理しやすい画像を引き出して、今日のブログに仕立てたいと思います。

 6月2日のブログにも載せたエニシダ。 最近見つけた野草では最も気に入った花で
した。 その後に写した画像も 自分ではキレイだと思いますので、お目にけましょう。
また園芸図鑑を見ると、イエスにまつわる神話の花でもあり、より興味が増しました。

 「聖母マリアが幼いイエスを抱いて、ナザレ王から逃げる時、エニシダに引っかかり、
その音で発見されそうになった。」 「キリストがユダに裏切られ、逃げる際、エニシダ
の音で見つかってしまった。」 など。 キリスト教徒にはイメージ悪いかも知れません。
 それなのに 花言葉が清楚、清潔、謙虚、上品など、どうなっているのでしょう。

20070711093922.jpg
エニシダ。 びっしりと密集して咲いていますので (6/2の画像をご覧ください)
逆に花のまばらな絵を選びました。 形が分り易いように。

20070711094759.jpg
マメ科。 花期 4?6月。 花の大きさ 1?1,5cm。 草丈 1?3m。
原産地 地中海周辺。
最近では園芸種にもなり、多種の色が出ています。 撮影日 5月8日。

20070711095909.jpg
逆光に浮かぶエニシダの鞘。 美しさに感嘆。  6月25日 撮影。

20070711100348.jpg
早く開花した株はもう種になりかかっています。 同日の撮影。
昔はこの枝でホウキを作ったそうですよ。



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ


妻が好きな花 ツルハナナスが真っ盛り

 豪雨の被害に遭われている九州地方の方々 お見舞い申し上げます。
梅雨の季節も半ばとなってきました。 野山もマイガーデンも 今 たくさんの花が咲い
ています。 年間で一番種類が多いような気がします。

 長年 こつこつと庭造りをしてきた妻は、蔓科の植物が好きなようです。 特に白い
蔓花
が。 で 我が家では 4月開花のナニワイバラ、5月からのツルハナナス、6月
ナツユキカズラと順に咲いていきます。
園芸植物より、素朴な山野草が好きな私ですが、この花たちは気に入っています。

20070709093934.jpg
 入り口から見たところ。 白い小さな花がツルハナナスです。 赤はノーゼンカツラ。
          通りすがり 足を停めてくださる方が増えてきました。
          (門が開いている時は自由に見て頂いて結構です。)

20070709094625.jpg
 ツルハナナスは開花時 うっすらと紫色を帯びていますが、今年から咲き始めた株は
 色が濃いようです。 この色は良いですね。

20070709095324.jpg
 日当りが良く、暖かい場所では勢いよく蔓が伸びます。 我が家では3m以上に達し
 ています。 風にそよぐ姿が好きですね。

20070709095926.jpg
 2階から覗く。 花が小さく白いので、日当りの良い高い所に咲く この花を撮影する
 のは難しい。 写真では 空や周囲と識別できないのです。

この花は温かい日当りの良い場所では、挿し木でどんどん増えます。
フェンスやアーチに絡ませるのも良いのではないでしょうか。

原産地 ブラジル。 ナス科。  花の直径 3cm程。  花期 5月?10月。
(園芸の解説書では花期が7?8月となっています。これは鉢植えの場合?)


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:花のある生活 - ジャンル:ライフ


岐阜 金華山 幻の滝

 この山には 幻の滝として、幾つかの伝承があります。
「松韻の滝」 「凌雲の滝」など色々な名が云われていますが、場所が定かでありま
せん。幕末の三筆と称され、詩人で画家でもある 「貫名海屋」 の記述なども残ってい
るそうですが。

 しかし金華山は チャートという硬い水成岩で形成されている上、非常に急峻なため
に、降った雨はすぐ流れ落ちてしまい、年中見られる滝は存在しません。
でも 大雨の後、山中に幾つかの滝が出現するのです。

 40万人が住む街のド真ん中にある山としては、深山の趣き感じられ、多くの人に愛
されていますが、滝が出現すると正に深山幽谷の境になります。

20070707155754.jpg
 この山で私が最も好きな登山道、「唐釜ハイキングコース」 の途中に出現します。
 大雨が2日ほど続くと滝ができます。 ただこのような日は滑るのでご用心。

20070707160608.jpg
 金華山の北側、鏡岩水源地の東に位置します。 長良川沿いの道路から見る事が
 できます。 幅70cm?1mの堂々たる滝となって轟音を響かせていました。 でも知
 らない人が多くて残念です。 撮影は2点とも 7月5日早朝。

ウオーキング   7月6日  5,400歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ


これはセキレイ? それとも別の鳥でしょうか

 私が住んでいる長良川河畔では1年中セキレイが見られます。
殆どが、白黒のハッキリしたセグロセキレイですが、稀に黄色と黒の模様がキレイ
キセキレイも見掛けます。
ピコピコ と可愛く動く尾と チチチ という鳴き声にいつも癒され、魅了されています。

 そこに最近 別のセキレイが加わってきました。 初めはハクセキレイと思っていたの
ですが、写真を図鑑と照合して見ると、胸に黒い縞がないのです。
幼鳥かとも思いましたが、その後子連れの姿を見ましたので、そうでもなさそうです。
動きとサエズリは、まさにセキレイ。 一体何でしょう。 お判りでしたら、お教え頂けると
嬉しいですが。

20070706062928.jpg
大きさはセグロセキレイと同じぐらいです。

20070706063435.jpg
胸が黒くありません。 いつもながら 動きが早くて良いショットを撮るのが難しい。

20070706063943.jpg
動きが早く肉眼では分かりませんでしたが、こんな画像になりました。ラッキー。


20070706064420.jpg
水の中にまで顔を突っ込むセキレイの姿を 初めて見ました。

ウオーキング   7月5日  14,300歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ


プーケット最新情報 9 ナナイヴィラ・娘が経営する宿

 プーケット・シリーズも今回で締めくくりとさせて頂きます。
最後に娘夫婦が経営している小さなホテルをPRさせてください。
この宿は2001年12月に開業。 津波災害もなんとか無事に乗り切り、ここまで営業
を続けてきました。

 このホテルは 長期滞在向きのコンドミアム・ホテルです。お客様は 欧米の方が
70%、日本人が30%程の比率で、これからは リタイア後の海外生活を志向する
日本の方が増えそうです。 最近 リピーターが かなり増え、親としては 一安心して
いるところです。

 詳しくはホームページ (ナナイヴィラで検索できます) をご覧下さい。 ただ外回り
は変化していますので、最近の写真をご紹介します。

20070704131021.jpg
パトンビーチから1,5km山側のナナイロード沿いです。
一本道を入った袋小路にありますので、駐車も可能です。
津波直後は日本人の緊急避難所となり、報道機関から追いかけられました。

20070704132234.jpg
入り口 正面です。

20070704132449.jpg
垣根には熱帯の花が絶えません。

20070704132647.jpg
タイ式あずま屋です。 レセプション前にあり、ロビー代わりとなっています。

20070704133103.jpg
プール。 子供さんの安全を最優先に設備してあります。 大人には寛ぎ用。

20070704133510.jpg
正面の展望。 向かいの山には格好なウオーキングロードがあります。
私はここに来ると 毎早朝1時間ほど歩きます。

ウオーキング   7月3日 12,600歩  4日 13,400歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


国際交流の集いに参加。子供たちの笑顔がいっぱい。

 あなたの笑顔で、世界をつなごうよ♪ のテーマの下、2007ハローギフ・ハロー
ワールドとワールドふれ愛ゲーム、二つの催しが今年は同時に昨日開催されました。
私たちボンドゥ孤児院プロジェクトはこれらに毎年協力しています。

今年は岐阜市で一番人が集まりやすい JR岐阜駅隣のハートフルスクエアーで開催
したためか、大賑わいでした。
 県下の国際交流団体と市民、在住の外国の方々との交流が目的の集いですが、
近年では もっとも盛り上がったように感じられました。

20070702155422.jpg
オープニングステージ。 保育園鼓笛隊の熱演。 百人以上の大編成です。

20070702155819.jpg
応援の家族と共に、一気にヒートアップしたようです。

20070702160234.jpg
ボンドゥ孤児院プロジェクトのブースです。
バングラデッシュ民芸品バザーの収益を孤児院運営に役立てています。

20070702160822.jpg
折り紙教室に子供たちの笑顔がはじけています。 日米協会コーナーで。

20070702161214.jpg
留学生のお国料理弁当の販売。 売れ行き好調で、1時前に完売でした。

20070702161634.jpg
外国人の来場者も多く、楽しんで頂けたようです。

20070702162002.jpg
フラメンコの熱演。 スペイン人の教室に通う人達です。

ウオーキング   7月1日  8,900歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


プーケット最新情報 8 島 一番の寺院 ワット・シャロン

 タイは仏教国。バンコクもチェンマイも 何所を歩こうがお寺にぶつかる。
しかしプーケットでは殆ど目に付かない。 ヨーロッパ人が開拓したリゾート地なので
当然かもしれないが、住民の生活ぶりは 仏教と深く結びついている。
で プーケット生活10年以上の娘に聞いてみました。 「この島No1のお寺は何所?」
と。 それがワット・シャロンでした。

 訪れてみると、やはり地元の人達の心の拠り所だと強く感じました。 住民らしい参
拝者が大勢皆 熱心に祈っていました。 ツアー旅行のコースにあるような、タイ本土の
有名寺院は王や権力と結びついた所が多いのです。
しかしこの寺は220年の歴史がありながら、特定の権力者との関係はほとんどなく、
僧侶と民衆が一体となって、発展してきたらしい雰囲気が滲み出ていました。

それが 私にはとても快い気分となって、今も心に残っています。

20070701150424.jpg
この寺は 広い境内に本殿、礼拝堂、仏塔、高僧館の4ヶ所の大きな建物が
あります。 興味を引いたのが後の2つです。
この写真は 本殿から見た仏塔。 まだ数年前に完成したばかりだそうです。

20070701151300.jpg
仏塔最上階から本殿、礼拝堂 (左端) の屋根を望む。

20070701152101.jpg
仏塔2階部分。 仏像、仏具は毎年改修、もしくは新規に作るそうです。
かなり豊かなお寺と感じました。

20070701153159.jpg
仏舎利室 (3階)。 3方ガラス張りの明るい部屋。 極楽浄土の世界に相応しい。
長時間お祈りしている人が多く、途絶えるまで1時間ほど撮影を待った。

20070701153852.jpg
高僧館 (仮称です。正式名 不明) 高床式建築。 新築らしいが風情がある。
この寺にはパンフレットや外国語の表示が全く見当たりません。
全て地元民のためのお寺です。 でも物凄く立派。

20070701154813.jpg
高僧館内部。
17世紀のプーケットは錫(スズ) を産出し、非常に豊かな土地でした。 その時代
ルアンポー・チャムという僧がこの寺を興しました。 そして1879年に発生した
スズ鉱山での外国人労働者の暴動を上手く治めたそうです。 この高僧は本殿
に祀られているそうだが、この館の蝋人形は生きているような迫力があります。
しかし誰の像なのかは分かりませんでした。
私は若い頃、鎌倉の建長寺で行われた経営講座で、5日間の禅修行の体験が
あるのですが、その頃を懐かしく思い出しました。
なお 写真撮影は 全部その都度 各部屋の監視員に許可を貰いました。
ボデイランゲイジでしたがね。

ウオーキング   7月1日  9,700歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。