楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私好みのアジサイを岐阜公園付近で選ぶ

 ようやく梅雨らしくなってきました。 肌には鬱陶しく感じますが、暦通りに季節が巡る
と、自然は生き生きしてきますね。
近くの岐阜公園と周辺 あちらこちらでは 今アジサイが真っ盛りです。

 無数に咲いている花の中から、私の好きな幾つかをピックアップしてみました。

20070630113419.jpg
岐阜公園 北側の水路沿いに、アジサイが群生しています。
昨日はもっと花が増えていました。 (6/20 撮影)

20070630114019.jpg
ガクアジサイの大きな一群。 同じ水路際にあります。 数百の花が壮観です。

20070630114548.jpg


20070630114710.jpg


20070630114828.jpg


20070630115027.jpg

それぞれに 優雅な名前が付いているようですが、私には微妙な違いが
判別できませんでした。 できましたらお教えください。

ウオーキング   6月29日 6,600歩  30日 12,700歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


プーケット最新情報と写真 7 奇妙な鳥 ノ・ヤン

 プーケット島の至る所で見掛ける鳥、ノ・ヤン (現地での呼び名)。 少しでも緑のあ
る所なら 街中でも山中でも、活発に飛び回っています。
日本のスズメといった存在でしょうか。 群れていませんので、個体数は雀ほどではな
いでしょうが。

 大きさはヒヨドリ位。 実に多彩な鳴き方をします。この鳥に注意が向いたのは、その
サエズリでした。 素晴らしい美声なのです。 ヒヨドリの鳴き声を 少し甲高くしたような
「ピーヨ ピーヨ」 と聞えます。 この声で滞在中 毎朝目覚めました。 気分爽快でした。

20070629110624.jpg
 郊外の道路際でエサを獲っていました。 ミミズのようです。 鳴き声は可愛いです
 が、さすが野鳥、鋭い表情です。

20070629111335.jpg

20070629111456.jpg
 電柱の上で鳴いていました。 幸運にも私が滞在していた部屋から5mの
至近距離です。 鋭い目ですが、動きには愛嬌が感じられました。

20070629112353.jpg
親子連れを見付ました。 子供にエサを与えています。 建設用地の板囲いの中。
ピピピという子供の声が可愛い。

20070629112914.jpg
こんな所にも出没します。 お寺の裏口。 ノンビリした光景です。
この時は 「グググ」 という野太い声で鳴いていました。

20070629113234.jpg
豪雨後、ずぶ濡れのノ・ヤン。 寒そうに竦んでいました。

20070629114007.jpg
この鳥は飛んでいる姿がカッコいいのです。 羽の下が白いからです。
飛行姿を何とか撮ろうとしましたが、失敗。 飛び立つ瞬間のショットでご勘弁を。

ウオーキング   6月28日  7,100歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


秘境 乗鞍 五色ケ原 6 森の原風景

 順序が逆になりましたが、ここで五色ケ原の概略をご紹介します。

「北アルプス乗鞍岳の北西山麓に広がる五色ケ原は、中部山岳国立公園の南側に
あたる約3,000haの広大な森林地帯です。 これまでほとんど手付かずの希少な
自然が残る秘境です。
 山地帯から亜高山帯にわたる植生は、ブナ、ミズナラ、サワグルミなどの夏緑
広葉樹林や、シラビソ、オオシラビソ、コメツガなどの針葉樹林が主体となり、可憐
な花を咲かせる希少な山野草も多数確認されています。 また、乗鞍岳を源とする多
くの渓流と滝、池、湿原、さらに多種の獣、野鳥、昆虫などの野生動物が生息し、
四季折々、自然の多様な表情を見ることができます。」

 以上は岐阜県丹生川村 「五色ケ原の自然 リーフレット」から引用しました。
ここを歩くと大半が深い森なのです。で 今回は、この森の写真を主役にしましょう。

20070628073239.jpg
乗鞍岳は有史以後、噴火の記録はありませんが、れっきとした活火山なのです。
溶岩をも抱き込んで成長した すざまじい勢いの樹木。

20070628073914.jpg
針葉樹の原生林。 シラビソ、オオシラビソ、コメツガ、クロベなどが見られます。
標高1,400?1,500m付近。

20070628074447.jpg
円形を描いて成長した樹。 倒木を巻いて成長したのです。
その後倒木は朽ち、空間が残りました。 驚きです。

20070628075034.jpg
倒木更新。 苔むした倒木の上にたくさんの幼木が発芽し、成長しています。
大木が倒れると日が差し込みます。 倒木の豊かな養分と水分を利用し、
次世代が育ちます。 倒木上は風通しが良く、土壌より病原菌が少なく、
成長しやすいのです。 これを倒木更新といいます。

20070628080200.jpg
クマの爪痕。 至る所に熊の痕跡があります。 カモシカの足跡や糞も たくさん
あります。 野鳥のサエズリもひっきりなしです。 野生動物の楽園のようです。
人間が荒らさなければ、動植物は自然の輪廻を繰り返して進化するように
思えます。 こんな自然は人間をも癒してくれます。
歩くと気持の良いこと、この上ありません。

ウオーキング   6月27日  12,800歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ


秘境 乗鞍 五色ケ原 5 希少種 ハリガネカズラなど

 私は自分がよく知らない動植物を ブログUPする時、インターネットや図鑑を見て、
知識を得ると共に、確認作業をします。
ハリガネカズラを調べてみて 驚きました。 解説や、白い実、葉、植物の全景写真は
沢山あるのですが、花の画像が、全然見つからないのです。 いったいどうして。

 その上 非常に数が少ない植物で、しばしば盗掘されるという記事もありました。
で 掲載を止めようかと一度は思いました。 でも本心は皆さんに見て貰いたい。 いや
そんなに数少ないなら、むしろ発表するべきだと考え直しました。

 ハリガネカズラが生えていた場所は、遊歩道から少し離れ、ガイドさんが案内してく
れなければ、絶対に分からない場所でした。 ベテランが薄暗い藪を掻き分け やっと
見つけたのです。 認定ガイドが同行しなければ、入山不可能な山ですし、”盗まれ
る心配は先ずない” と思い発表することにしました。
 もし画像を利用したい方があれば、事前にご連絡ください。できれば、OKしたいと
思っています。

20070626181756.jpg
 ハリガネカズラ。 ツツジ科。 中部以北の亜高山、高山に稀に生育する常緑低木。
 花期 6?7月。 8月に真っ白な実をつけるそうです。
 私の見たハリガネカズラは、地上30cm位の高さで、地上を這っていました。
 花の大きさ、4?5mm。 脇に置いた鉛筆と比べてください。
  数が少なく、生息場所の撮影条件が悪いので、満足な写真が無いのかも知れま
 せん。 私の撮影時もガイドさんと同行の方が両側の藪を掻き分けて下さり、やっと
 撮影できたのです。 感謝感激です。

20070626183719.jpg
コヨウラクツツジ。 ツツジ科。 近畿以北の本州、四国、北海道の
低?亜高山に生育。 落葉低木。 花期 5?6月。
逆さの壷のような 小さな花を咲かす。 (私の見たのは1cmぐらい)

20070626184657.jpg
ベニバナイチヤクソウ。 イチヤクソウ科。 分布 本州中部以北、北海道。
低山?高山に生育。 花丈 20?40cm。 花期 6?7月。
概して地味な高山植物の中で、目立つ存在。 華やかな色が群生するのです。

20070626185536.jpg
オオバミゾホオズキ。 ゴマノハグサ科。 本州中部以北の主に日本海側、
北海道に分布。 低?亜高山に生育。 花丈 10?30cm。 花期 6?8月。
湿り気の多い場所を好む。
萼片が実をホオズキのように包むので、この名がついたそうです。

20070626190429.jpg
ミヤマカタバミ。 カタバミ科。 花の大きさ、葉の形から、私はコミヤマカタバミ
と思います。 葉先が丸いからです。 写真の花は直径2、5cm位でした。
低?亜高山に生育。 花丈 10?20cm。 花期 3?5月。

ウオーキング   6月26日  5,300歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ


秘境 乗鞍 五色ケ原の花 4 バイカオウレン、ムシカリなど

 高山に咲く花は 1cm前後の小さなものが多いですね。 厳しい自然条件で生きる
には仕方が無いのでしょう。 それが可憐さにつながっているのも確かですが。
五色ケ原の花でも 今日は比較的目立つものを集めてみました。

20070625194019.jpg
ノビネチドリ。 ラン科。 草丈 30?50cm。 花期 5?7月。
生息地 全国。 但し本州は中部以北の低山から亜高山の林縁や草原。
大変キレイな花で 明るく人目にたつ場所に生えているため、盗掘が多いそうです。
みなで心しましょう。

20070625195939.jpg
バイカオウレン。 キンポウゲ科。 花丈 5?15cm。 花の直径 1,5cm。花期 4?6月。
生育地 福島県以南の低山?亜高山。 ブナ林などで見られる。
花びらのような白い部分は萼片。 黄色の部分が花弁です。 (露出オーバーぎみで
見難く、スミマセン。) グリンの部分はやがて種になります。 わさび平で5株を発見。
始めて見た花ですが、一目惚れでした。

20070625202204.jpg
クルマバツクバネソウ。 ユリ科。 花丈 20?40cm。 花期 5?7月。
日本各地の低山?亜高山に生育しているようです。
変った花ですね。 一見地味ですが、よく見ると面白い。 一番下の大きな7枚の葉
(普通は8枚) の上に4枚の小さな葉がありますが、これは内花被片だそうです。
8本の黄色く細長いのが、雄しべです。
10株程がわさび平に固まっていました。

20070625203931.jpg
ムシカリ (オオカメノキ)。 スイカズラ科。 山地に生える落葉低木です。 花期は春。
ガクアジサイに良く似た花で、周囲には 直径 3cmほどの装飾花が取り巻い
ています。 青みがかった白い花と中央のベージュの小花の対比が面白い。
ブナ林の周辺に多いそうです。

ウオーキング   6月25日  10,000歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ


秘境 乗鞍 五色ケ原の花 3 ニリンソウ、ヤマクワガタなど

  澄池に群生するニリンソウ。 爽やかな風にそよいでいました。 (標高1450m)
20070624164332.jpg

昨年は9、10月と2度 五色ケ原を訪ねました。 特に10月半ばの紅葉は見事でした。
それで春の花も見たくなり、今回の山行きとなったのです。

 期待にたがわず、たくさんの花たちが出迎えてくれました。 嬉しくて目に入ったもの
を片っ端から撮影したので、整理に手間取りましたが なんとか目星がつきました。

20070624170023.jpg
                 ニリンソウ。 キンポウゲ科。
        草丈 15?25cm。 花の直径 1?1,3cm。 花期 4?5月。
ここは高地なので開花が遅いようです。 全国に分布。 北国では低地にも生育する。
根元から真直ぐ伸びた茎が途中の節で二つに枝分かれし、その先に一つの花が咲く。
私が見たものは全部片方が咲いているだけでした。 稀には3つの花が咲くそうです。
ある解説によれば、グリンの花もあるそうで、是非見たいものですね。

20070624171911.jpg
キバナノコマツメ。 スミレ科。 草丈 5?15cm。
花の直径 1,2?1,5cm。 花期 6?7月。
亜高山の湿り気のある草地や林の縁に育つ。 北国では低地にも。
薄暗い場所に咲いていたので、よけい可憐さが際立ちました。

20070624173022.jpg
ヤマクワガタ。 ゴマノハグサ科。 草丈 3?10cm。
花の直径 6?7mm。 花期 5?6月。
とても小さくて撮影に苦労した。 写真は実際の大きさの2倍以上です。
湿り気のある林の中や沢沿いに生育。 本州中部 亜高山の特有種。
関東、北陸の山地の一部にも生育しているそうです。

20070624174517.jpg
ヒメクワガタ。 ゴマノハグサ科。 草丈 5?6cm。 花の直径 5?6mm。
比較的乾燥した場所に生育する。 その他の特性はヤマクワガタと同じ。
私はこの花が特に好きになりました。 色も姿も良い。

ウオーキング   6月23日 14,700歩  24日 6,900歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ


地域の小学生の社会見学に協力しました

 最近の小中学校では 地域の実情を学ぶため 社会見学に力を入れるようになった
ようです。  一昨日もこの学区内の小学2年生 20人ほどが、私たちの運営する
ボンドゥ孤児院プロジェクトを学ぶため、本部である拙宅に来てくれました。

 説明を聞いたり、写真を見たりして勉強したのですが、バングラデッシュという国に
現在 ストリートチィルデレンが数十万人もいるという事は、今の日本の子供たちには
想像もつかなかったようです。

 子供らしい質問が次々と出て、30分の予定が1時間になってしまいました。
この子たちが成長した時の世の中が、より心温かい世界であることを、そして子供達
が社会に役立つ大人になってくくれることを祈っています。

20070623103601.jpg

20070623103714.jpg

20070623103909.jpg



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


秘境 乗鞍 五色ケ原 2 エンレイソウ、ムラサキヤシオ

 五色ケ原のトレッキングから帰って、撮った写真の整理と名前を 暇をみて確認して
いました。 あまりに数が多いので 結構手間がかかります。 で 自信のあるものから
無作為にUPしていくことにしました。
 写真は全て 6月17日 撮影。

20070622113529.jpg
  ムラサキヤシオ (ミヤマツツジ)。 標高1500mほどの所で撮りました。 低地や
  日当りの良い場所では花期が終わりかけていました。
  亜高山に咲くキレイなツツジで、滋賀県以北の本州と北海道に自生しています。


20070622114723.jpg
 ミヤマエンレイソウ (みやま延齢草)。 ユリ科。 年寄りにとっては良い名前です。
 別名 シロバナエンレイソウ。 名のごとく白い花が多く、このようなピンクは珍しいそう
 です。 わさび平 (標高1600m) で撮影。

20070622115929.jpg
 引いて撮りました。 花は清楚ですが、葉が面白い。 この葉を扇風機になぞらえた
 人もいます。

20070622120421.jpg
花が終わると こうなります。 この感じも面白い。 すぐ近くにありました。

この後も折をみて 五色ケ原の花たちを掲載していく積もりです。 どうぞよろしく。

ウオーキング   6月20日 6,400歩  21日 15,500歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


秘境 乗鞍岳 五色ケ原 初夏のトレッキング ?

20070620092126.jpg
   ラショウモンカズラ。 6月17日の山野で一番目についた花です。 神秘的?。

 昨秋に続き また行きました。 この秘境の魅力にすっかり嵌ってしまったようです。
ここに咲く初夏の花に出会いたいし、前回訪問時は カメラに電池を入れ忘れた悔しさ
を、挽回したかったからです。 今回歩いたのはシラビソコースです。

 私の期待に違わず 亜高山の花が百花繚乱でした。
ガイドさんから教えて貰った花が24種、名称不明が3種ありました。(ヒョットして未
発見の新種?!) あまりに数が多く、写真の整理と名前の確認に手間取っています。

 とりあえず絵葉書写真的な情景をUPし、次回以降に 目的の花や 自然観察の結果
を発表してみたいと思っています。

20070620095210.jpg
 原種保存林 (原生林) です。 中央の幹が赤いのがサワラ。 ヒノキに近い針葉樹
です。 こんな森を歩くとガンに罹らないそうですよ !? 
 (私のブログ1月20日に、森林浴のガン予防効果について書いています。)
 このトレッキングコースは、入山する前に レクチャーを受け、靴に付いている土を落
す必要があります。 他地区の植物侵入を防ぐためです。有料で人数制限もあります。
こんな保護規制を行っている山は 日本でここだけではないでしょうか。

20070620101239.jpg
 こんな沢沿いも沢山歩きます。 標高1350?1650mの森、沢、滝、池、峠を巡る
変化に富んだ山道です。 ただこのコースの魅力の一つ、四つの池は全て水が涸れて
いました。 暖冬による雪不足、春の少雨が原因と思われます。 ここでも異常気象が
影響しているようで 心配です。

20070620102547.jpg
      湿原わさび平での私。 乗鞍岳の峰々 恵比寿岳、里見岳がクッキリ。
      梅雨時期なのに この晴天。

20070620103315.jpg
    途中の峠から見えた 主峰 剣ヶ峯 (3026m)と朝日岳。 午後から少しガスが。

20070620103959.jpg
 布引の滝。 このコースの目玉の一つです。 溶岩中を流れる伏流水がここで一気
 に地上に現れます。 心身共に癒されるのを実感します。

20070620104643.jpg
 滝に降りる遊歩道。 チョットしたスリルが味わえます。 こんな所に良く道をつけたも
 のだと感心します。 このコースの一部は昔の山岳信仰の山伏が歩いた道を利用し
 ています。 でもベテランガイドさん付なので安心。

ウオーキング   6月19日  13,000歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


プーケット最新情景を写真で 5 パトンの街

 今回のプーケット訪問では 島内を1周してみましたが、津波の被害から2年5ヶ月
私の目には見事に復興したようすが伺え、ささやかながら援助資金集めを手伝った
私にとって、ホッとした結果となりました。 ピピ島などの島々などまで行く時間的余裕
がなかったのが残念でしたが。

 観光の中心 パトンの街は、災害以前に戻ったばかりでなく、より一層 近代的リゾー
ト地としての顔を見せつつあります。 女性の心をくすぐる各種の店やアミューズメント
が続々と誕生しています。
私の目に留まったそんな場所をお目に掛けましょう。

20070618184902.jpg
  大型商業施設 ジャグセイロンが昨年12月にオープンしました。 先日ご紹介した
  スーパーマーケット、カラフールの隣にあります。 その店頭のシャレた案内表示。

20070618185826.jpg
    フェイシャル専門店、ネイルサロン、エステなどが続々と開店しています。

20070618190144.jpg
    大型スポーツ用品店。 これだけ多品種な店はアジアでは珍しいのでは。

20070618191023.jpg
  ジャグセイロンの地下には タイをはじめ周辺諸国の民芸品を売る店が沢山あり
  ます。 民族音楽の生演奏も毎日開催され、覗くだけでも楽しい場所です。

20070618191746.jpg
        同じフロアーでは タイ式マッサージが短時間で安く体験でき、
        家族連れが楽しそうに立ち寄っていました。

20070618192356.jpg

20070618192546.jpg
 悪名高かった歓楽街バングラロードも、ずいぶん明るくなったように見えます。 子供
 連れや女性同士も結構見掛けました。 奥まった場所に入ると問題があるでしょうが
 通りに面した料金明示の店なら、雰囲気を軽く味わうこともできそうでした。 オカマ
 ちゃんの客引きも以前に比べて 大人しく、アトラクションのような感じでした。
        もっともこういう場所は詳しくないので、自信はありませんが。

ウオーキング   6月17日  20,300歩
(五色ケ原を歩いてきました。明後日 報告します。)



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


ハヤブサのヒナが育っています・金華山の観察記録 1

 以前にもハヤブサ夫婦の交尾シーンをブログUP (5月1日) しましたが、1羽の
ヒナが現在まで順調に育っています。
幸運にも一昨々日の朝、幼鳥の初飛行を見ることができました。 その約1週間前
から羽ばたきを始めていたのです。 ここまでくれば 余程のアクシデントが起きない限
り、巣立ち出来るのは間違いないでしょう。

 ハヤブサは今や絶滅危ぐ種。 まして内陸部の営巣、巣立ちは非常に珍しい事例と
のこと、2月初旬から固唾を呑んで見守ってきました。 昨年はヒナが育たなかったそう
で余計力が入ったのです。
膨大な写真を撮り 現在も撮影中ですので、下手の横好きながら、ハヤブサ親子を数
回ブログに登場させて頂きます。 なにしろ500m以上先で動く相手、お見苦しいで
しょうが、お付き合いください。


 今日は初羽ばたきのシーンまで。

20070616123712.jpg
メス オス交代で卵を温めています。 抱卵は草叢の中で撮影が難しかった。
5月9日撮影。
子育てのスケジュールは資料を要約すると次の通りです。
・交尾から29日前後で産卵。 ・産卵後 抱卵期間は30?40日
従って孵化は交尾後57?70日ということになる (資料により幅がある)

20070616125703.jpg
タイから帰国後2日目の 6月2日、待望のヒナが1羽確認できました。
物凄く嬉しかったです。

20070616130327.jpg
顔の向きにより もう猛禽類の精悍さが表れている。

20070616130814.jpg
親がエサを運んできた。 足でエサを掴んでいるのがお分かりだろうか。6/6撮影

20070616131557.jpg
上にいるのが幼鳥。 下が親。 もう同じ大きさに成長している。 6/6撮影

20070616132224.jpg
この日初めて羽ばたきをするのを見ました。 周囲の人達も同じ事を言う。
感激でした。 6/6撮影。

ウオーキング   6月15日 13,700歩  16日 11,800歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ


プーケット最新情景を写真で 5 市場・スーパーマーケット

 今回のプーケット訪問で一番印象的だったのは、海岸の清掃が行き届いていた事と
市場が整備され、清潔になった点です。
津波による大打撃を受け、観光客を呼び戻すために、官民とも必死になった賜物でしょ
う。 ノンビリ屋さんの多いタイ人もヤル気を出せば ここまで出来ることを証明しました。
こちらまで感激です。

 私は何所に行っても その土地の市場を見るのが大好きです。 現役時代 出張先で
夜の付き合いは遠慮しても、ホテル近くに市場があれば、早朝覗きに行ったものです。
特にパリの中央市場は 大規模で活気があり とても面白く、ホテルからタクシーを飛ば
して、朝5時ごろ 何度か見物したのは良い思いでとなっています。

20070615055829.jpg
  新設マーケット (Banzaan,fresh market) の野菜売り場。 見たことのない野菜も。

20070615060641.jpg
    鮮魚売り場。 海産物のオンパレード。 手前はイカ。 小さいが柔かく美味。

20070615061248.jpg
        プライスカードの3倍が日本円の価格になります。 安いですか。
 このマーケットは街一番の歓楽街 バングラロードの東端のさらに東 300mにある。
                     街のド真ん中です。

20070615062257.jpg
      パトンビーチの南端で、漁が多かった時に早朝 開かれる漁師直売。
         マーケットより新鮮で安い。 刺身用はここで買うに限る。

20070615063056.jpg
スーパーマーケットの果物売り場で。 この果物はザボンの一種だが、きれいに
剥いてパックしてある。 手間とゴミの処理に困らずとても有難い。 他の果物もこ
うして売っている。 売り場によっては花模様にカットしたものもある。 ただ腹の
弱い人は避けた方がいかも。 どんな処理をしているか不安ではあります。
私は味につられて、毎日食べたが、OKでした。

タイにはカービング (タイ語でケッサラック) という果物に彫刻をしてオモテナシ
をする伝統的な風習があります。 700百年前のアユタヤ王朝の王女が始めたも
のだと聞きました。 そんな習慣が売り方にも現れているのかも。

20070615065404.jpg
スーパーマーケット、カラフール (フランス系)。 上のマーケットと隣合わせで、
最近オープンした。 娘の住まいから 約1kmの距離で便利になったと喜んでい
ます。 店内の仕様は万国共通。 値段表示がハッキリし、少量パックにもなって
いるので、買いやすい。 マーケットより少し高価ですが。

プーケット島には私が知っているだけで、大型スーパーが4、大規模ショッピング
モールが3ヶ所あります。 大都市並になってきました。 こんな点もロングステイ
し易いと思います。 物価は世界的なリゾート地なので、バンコク並でしょう。
日本の1/3位に感じます。


 キレイで便利になったのは嬉しいのですが、自然保護にも気を配って欲しいもので
 す。現在は海岸ばかりに目が行っているように思いますが、もっと山林の保護をお願
 いしたい。 美しい海は豊かな山があって成り立つものだという事に早く気が付いて
 欲しいと思います。 プーケット島は70%以上の面積が豊かな熱帯山林なのです。

ウオーキング   6月13日  12,900歩
 

ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


バングラデッシュで孤児救済・私達のボランティア活動

            ボンドゥ孤児院プロジェクト

 私たちが孤児院を開設してから12年が経ちました。 最近このプロジェクトも 根が確
りと張ったな、という実感を覚えています。
それは若い会員の活動が活発になってきたからです。
 同じ事を続けていると どうしてもマンネリ化しますし、何よりも会員が高年齢化してき
ます。 以前は年に数回 現地に飛んでいた人も、体力の関係で 回数が減ってくるの
は止むを得ない現実でした。

 3年前 私が発信しているインターネット情報に、同志社大学のボランティアグループ
が接触してきました。 それがきっかけで、当プロジェクトの同志社支部が結成され、
彼等は毎年春、夏休みに現地に飛んでくれています。
連絡係を務めてくれるばかりでなく、現地の問題点を掘り起こし、解決方法を若い
頭脳で提案してくれます。 本当に有難いことです。

           今春訪問の報告会が一昨々日開催されました。

20070613052803.jpg
           報告会の様子。 JR岐阜 ハートフルスクエアーにて。

20070613053315.jpg
                   出席者 自己紹介、挨拶。

20070613053625.jpg
   孤児院所在地の村や周囲の状況を自作の地図で、説明する同志社会員。

20070613054037.jpg
 首都ダッカでゴミの中から食べ物を探すストリートチィルドレン。 こういう状況の子供
 たちが20?30万人もいるのです。 パソコンを使って説明。

20070613054718.jpg
       孤児院と所在地の村の現況。 問題点を説明するパソコン画面。

20070613055124.jpg
      バングラデッシュ全土で深刻な問題になっている砒素についての解説。
孤児院も影響は免れません。

ボンドゥ孤児院のホームページもできればご覧下さい。
字句の検索で表示が可能です。

ウオーキング   6月11日 12,700歩  12日 15,100歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


プーケット最新情報と写真 4 熱帯の花々

 今日は私の71回目の誕生日です。 年を取ってからは 気が付かずに過ぎてしまう
事が多くなっていました。 昨年ブログを始めてからは暦や季節の行事など、日々の
折節に注意が向くようになりました。

 という次第で プーケット情報も初め予定していたに関する記事を後回しにし
でメモリアルのブログを飾りたいと思います。

 タイは最も暑い時期が過ぎつつある時期、果物は今が最盛期ですが、花にとって
は一番苦しい季節のように見えます。(私の感覚では、雨期が終わった11?12月頃
の植物達に最も元気を感じます。) でも さすがはプーケット。 この時期でも素晴らしい
花を沢山見ることができました。 画像は全て郊外の路傍や山道で ウオーキングの
途中に撮ったものです。特別な庭園などではありません。

20070611045742.jpg
   カサエルピニア (マメ科) 日本名 オオコチョウ。 最も目についた花です。
   風にそよぐ様子が、蝶の飛ぶ姿に似ているところからこの名が付いたそうです。

20070611050717.jpg
  ブーゲンビリア (オシロイバナ科)。 ハイビスカスと共に熱帯の花の代表格。
  私は初めて見たのですが。 赤、白、ピンク、紫など色の種類が多いようです。
  花と思った部分は 苞 という葉の一種で、鳥を呼び寄せる役目があるらしい。
  本当の花はこの後でオシベ、メシベの先端に白く小さく咲くのだそうです。

20070611052659.jpg
 ラジェルストレーミア (ミソハギ科) 日本名 オオバナサルスベリ。 鮮やかな紫
 が山辺で印象的でした。 日本のサルスベリより樹高があり、たわわな花が豪華。

20070611053743.jpg
    コプシア (キョウチクトウ科)。 花は可憐ですが、葉が肉厚で大きい。

20070611054328.jpg
 アラマンダ (キョウチクトウ科) 日本名 オオバナアリアケカズラ。 直径7?8cm
 の大きな花です。 路傍、山など あちこちで群生していて目立ちます。

20070611055320.jpg
 アカリファ (トウダイグサ科) 太平洋諸島原産。 同種でベニヒモノキ
(インド原産) という面白い花があるそうです。 こちらの方は日本で有名らしい。

各種の植物図鑑を調べましたが、種類を特定するのに苦労しました。 最後に
「日本で育つ熱帯植物」 という本に行き着きました。 これで全てが判りました。
ということは、全部が日本の園芸植物になっている可能性があります。
お好きな方トライされては如何ですか。

ウオーキング   6月9日 12,600歩  10日 8,700歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ


カルガモ親子と2時間 楽しい時を過しました

 カルガモは私のブログ生活の恩人 (イヤ 恩鳥?) です。 昨年の夏 偶然撮った水
浴び写真が思わぬ反響を頂き、以来 野鳥の撮影に熱が入るようになりました。
以前からカルガモの子連れ画像の報道を目にしていたので、4月初め頃から探して
いました。 でも成鳥はいるのですが、子供の姿は見られません。

 6月に入って諦めかけた5日前の朝、いつもの散歩道 コミュニティー水路を歩く
親子連れを発見しました。 一瞬胸が躍ったのですが、すぐに母鳥の緊張感が伝わり
離れて様子を見ることにしました。
この辺りのカルガモは大都会の鳥のように人馴れしていないのです。 まして子連れ。
付かず、離れず撮影を続けました。 気が付いたら2時間近く経っていました。

20070609061427.jpg
 水路の中を8羽の子ガモが親と連れ立って 懸命に歩いていました。(ここは公園の
 流水が流れるのですが、夜10時から朝8時まで水が止まります。)
                  どこに行くのだろう ?????

20070609062543.jpg
    目的はお食事でした。 藻が生えている場所で一心不乱に食べています。
    お母さんは食事もせず監視役。

20070609063240.jpg
  お腹がいっぱいになったのでしょう。 子供達は石垣を昇り降りして遊び始めた。

20070609063859.jpg
         「もう帰りましょう」 と子供達に言い聞かせているようです。

20070609064259.jpg
       お母さんを先頭に水路を急ぎます。 もう水が流れだしました。

20070609064654.jpg
       ようやく隠れ家にたどり着いたようです。 ここまで来れば一安心。
       さすが良い場所を見つけたもの。 景色も良いし。

ウオーキング   6月7日  10,100歩



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


今の野山は花も実もあります。センダン・ノイチゴなど

 私にとってウオーキングは生活のベースとなっています。 健康法であり、体調のバロ
メーターでもあります。
朝目覚めると天気予報を見ながら、先ず 歩く時間を最優先で決めます。その後に用
事を当てはめていきます。

 歩くコースはその日の気分次第。 必ずカメラは持参します。 気に入った被写体が見
つかり、撮影が出来ると早くブログに発表したくなります。
現在プーケット情報を連載中ですが、今日はそんな写真を挟ませて頂きます。

20070607060142.jpg
 センダン。 現在は金華山と百々ケ峰を交互に歩いています。 百々ケ峰は日当りが
  良く、多くの花が見られます。 今日の写真はみなこの山で撮りました。
  この山にはセンダンの木が多く、満開状態。 上品で爽やかな花が楽しめます。
  「センダンはフタバより芳し(かんばし)」 のセンダンとは種類が違い、こちらは白檀
  という香木だそうです。

20070607062003.jpg
 ノアザミ。 路傍に沢山咲いています。 見慣れた花ですが、やっぱりキレイです。
  調べてみたら結構種類が多く、栽培種もあるのですね。

20070607063046.jpg
 ヤブジラミ。 おかしな名前です。 シラミといっても 今の日本では現物を見た人は
  ほとんど居ないでしょうね。 可愛らしいこの穂がイガイガで衣服にくっ付きやすく
  この名が 付いたそうです。
  目立たない草ですが、若葉が金色に輝いていました。

20070607064743.jpg
 ノイチゴ。 今 たくさんの実が生っています。 さまざまな生き物のエサになっている
  のでしょう。 無傷のものを探すのに苦労しました。

ウオーキング   6月5日 11,100歩  6日 13、600歩



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします。

テーマ:健康生活! - ジャンル:ライフ


プーケット最新情報と写真 ? 続 レストラン・食事処

 プーケットは世界的リゾートであると同じに、世界各国の料理が選り取りです。
新鮮な魚介類、農産物が使われているので 味も良く、値段も他国の有名観光地より
安いようです。 評判の高いホテルやレストランなら、味は そこそこイケルはずです。
私の体験では同等のものが、東京の半値位と感じました。
ここまで来たのなら ハンバーガーショップは止めておきましょう。 日本より高いです。

 高級店でなくても美味しい店は沢山あります。 時間的に余裕があれば 自分の足
で探すのが楽しいはずです。 庶民的な店は開放的で中の様子が良く見えます。
旅慣れた感じの客が大勢入っている店は まず間違いありません。
私の娘はグルメで、この方面に詳しいです。 インターネットで情報を発信していますの
で、ご希望ならURLをお教えします。

20070605061630.jpg
 島の中央部ややプーケットタウンよりにあるイタリアンレストラン。 地元の通の人が
 通います。 味良し、値段も安い。 3人で適当に飲み食べて、3、000円程でした。
 プーケットは海外料理ではイタリアンレストランが一番多いように思います。 平均し
 て味は良いようです。 ピザ専門店も沢山あります。

20070605063028.jpg
 今 プーケットでは 地元の人、観光客を問わず、日本食が人気の的です。
 島の中央部にあるショピングモール・Central にある富士レストラン。 タイ人好みの
 甘い味付けです。 昼時は満席で待たされます。 何でもかんでも甘くされると 私は
 閉口ですが、一般には評判が良いようです。 世界中の食べ物が甘くなっていく傾向
 があるようで、ますます肥満が心配です。

20070605064826.jpg
  北陸地方に展開されているチェーン店 「8番ラーメン」 がタイで繁盛しています。
  以前バンコクで数ヶ所見掛けたことがあり、味は ”何だこれは” でしたが、今回
  プーケットで初めて見付け、入ってみました。 味は私には合格。 値段は日本の
  2?3割安。 感心しました。 地元の人とアジア系の客で賑わっています。
  接客もキビキビ。 よく教育したな! とこちらまで嬉しくなりました。
  場所は上記 富士レストランの向かいにあります。

ウオーキング   6月4日  8,600歩



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


プーケット最新情報と写真 ? レストラン・食事処

 プーケットはタイ南部 インド洋 アンダマン海に面した淡路島ほどの島で、狭い海峡
を挟み タイ本土と橋で繋がっています。
16世紀頃から錫とゴムでポルトガルと交易が始まり、タイでは最も豊かな経済力を
持っていました。 1980年代にヨーロッパ人によってリゾート開発が行われ、今では
世界的な観光地となっています。

そのためアジアのリゾートとしては アメリカ人が目立たず、イタリア ドイツ 北欧などの
ヨーロッパ人を多く見掛けます。 もちろん日本人観光客も多く、ヨーロッパ 日本の影
響力が色濃い独特な雰囲気があります。 また仏教国でもあり、日本人には馴染み易
いようです。

 タイは日本の高齢者のロングステイを歓迎しており、リタイア後の人生を楽しむ場所
として考えておられる方も多いようですね。 もしも海外移住やロングステイを私がする
なら、チェンマイが良いと思っていましたが今回のプーケット行きで考えが変わりました。
 娘が住んでいるからという訳ではないのです。

津波からの復興を機に プーケットがとても清潔になり、生活インフラが整備された
からです。 もともと空気のキレイさは万点でしたし、気温は高いのですが、朝夕に吹く
海風、山風が涼しく 意外と過しやすいのです。

 チェンマイを数年前に訪れた際、以前に比べ 空気の汚れがひどくなり、ガッカリして
しまいました。 タイが好きな息子も同じように嘆いていました。 ここは盆地で空気の
循環が悪いのです。 急増する自動車の排気と工業団地造成の影響が出ています。
バンコクは 「言わずもがな」 です。

 さて何所に行っても食べることが先決ですよね。 ロングステイを話題にしたので、
今回は庶民的な食事処です。(高級店や高くて不味い観光レストランはいくらでも
あります。) ホテルでは朝食ぐらいにして街に出ましょう。 ちなみにパトン以外のリゾ
ート地では手近な食事処は少ないようです。 もっとも トクトク (簡易タクシー)が安い
ですから心配いりませんが。

20070604102415.jpg
 このような食事処が街には沢山あります。 ほとんどがタイ料理。 味の基本は皆さ
 んご承知の通り、辛い 酸っぱい 甘いです。 値段は1食2?300円見当で腹いっぱ
 いになります。
 写真は娘のホテルから徒歩3分のパトン ナナイロードにあります。 ここは旅慣れた
 外国人も多く見掛けます。 私が行きつけの場所。
 朝は7時前から始まります。 このような集合食堂はたいてい昼オープンが多い。

20070604103906.jpg
 最近オープンしたタイ料理のフードコートです。 値段は上の場所より4?5割高め。
 でも写真を見て注文でき、清潔で旨い。 私のご贔屓場所になりました。
 カラフール (フランス系のスーパー) を核店舗として最近パトンの中心に建設された
 商業施設の地下にあります。 夜9時までの営業。
 タイ料理以外の情報は次回に。

ウオーキング   6月3日  14,800歩


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


魅力の山野草・エニシダ、ハリエンジュ

   (季節の話題なので、プーケット探訪記を1回休み、間に挟ませて頂きます。)

     エニシダの群落。東海自然歩道 百々ケ峰コース頂上付近 (岐阜市)
20070602171402.jpg

 一昨日は その前日の夜間フライトによる身体のコリを解すため、歩いて楽な百々ケ峰
をウオーキングしました。
実は5月半ばに同コースで とてもキレイな花を見付け、ブログに載せる積もりでしたが、
名前を調べるのに手間取り、旅行が迫ったためUPを諦めたのです。 ところが その花
の一つエニシダがまだ盛んに咲いていて、その一方 3?4m隣の株はもう美しい穂を
実らせていました。 このままお倉にするのは惜しいな、皆さんに是非見て頂きたいと
気が変わりました。

20070602173700.jpg
 エニシダ 地中海沿岸原産。 乾燥した日当たりの良い場所を好みます。 大変魅力
 的な花なので、園芸種としても売られています。 品種改良も進み、白、複合色など
 様々の色があるそうです。 登山道脇で、5月13日撮影。

20070602174717.jpg
   エニシダの穂。 夕日に当って輝いていました。 私にとっては花以上に魅力的
   でした。 たぶん上の花と同じ株だと思います。 5月31日撮影。

20070602175417.jpg
 ハリエンジュニセアカシア)。北米原産で繁殖力が旺盛です。 砂防用、街路樹
 などに利用されています。 明治時代に輸入され、柳などの在来種を駆逐するなど
 の困った現象もあるようです。 輸入時にアカシアと呼ばれたので、本来のアカシア
 と混同されてしまいました。 現在は 「ニセ」 をつけて区別しています。
 葉の形が良く似ているのが原因らしいです。
 有名な北海道のアカシア並木も、北原白秋の 「この道は いつか来た道」 のアカシ
 アも、このニセアカシアが間違って使われたそうです。 チョット釈然としませんね。

20070602181621.jpg
ニセアカシアの花。 花が房状に重なりとてもキレイです。 この花のテンプラ料理
を看板にした、山菜料理店もあるそうです。
この蜜もアカシアの蜂蜜として珍重されているらしい。 葉もオシタシやゴマ和え
でイケルそうですが、葉に毒があるという説もあるので、少量にしておいた方が
無難でしょう。 美しい物には毒があるのかも。・・・・  5月13日 撮影

ウオーキング   6月1日  16,000歩  2日 16,100歩



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ


プーケット最新情報と写真 ? パトンビーチ

 津波に襲われてから 2年5ヶ月経ちました。 災害後3ヶ月目に様子を見に行った時
の混乱状態からは一変しました。 プーケット観光の中心パトンの町が復興したのは
もちろんですが、津波が起きる以前に比べ全てが清潔になりました。 これには驚きま
した。 失礼ながら南国気質のタイの人達もその気になれば出来るじゃないですか。

 ホテルの新築はあまり見掛けませんでしたが、商業施設、アミューズメントの充実
はかなり進んでいました。 特に最大の売り物 ビーチの整備は目を見張るものでした。
 私の日課 ウオーキング中に撮った写真が沢山あります。 整理しながら数回にわたり
発表していく積もりです。 今回はパトンビーチの様子です。

20070601070441.jpg
   プーケットNo1の展望地 ビューポイント から見る絶景です。 写真の上から順に
   パトン、カロン、カタのビーチ。 ここからの展望は絶対にお勧めです。
   パトンから車で20分程。

20070601071813.jpg
   日の出直後のパトンビーチ。 海が匂う、空気が旨い。 思わず 「気持イイ」 !

20070601072535.jpg
 朝のビーチ散歩。 7時頃から大勢の人が出てきます。 私は数回6時前から歩きま
 した。 日本より夜明けが1時間程遅いようです。
 海岸にゴミが全くありません。 ボランティアも含めて毎日掃除をしているようです。
 以前では考えられなかった事です。 この透明感が堪りません。

20070601073752.jpg
ここパトンビーチは遠浅で遊泳には安全な海です。 プーケット島は海の
アクティビティーは何でも揃っています。 私の娘はスキューバダイビング
のインストラクターをしていてこの地に居着いてしまいました。

20070601074756.jpg
欧米人は何と言っても浜辺でノンビリですね。
日本人のように動き回る人は少ないようです。

ウオーキング   5月31日  13,700歩



ブログランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。