楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あじさい(紫陽花)の魅力に目覚めました

          不思議で多彩な花、紫陽花

 昨日は暑かったですね。岐阜市は最高気温 34,1度でした。
アジサイも、このあたりの平地では終盤が近いようです。
私は数年前まで、アジサイに関心がありませんでした。むしろ陰気な
花だな! と思っていたくらいでした。
 4年前から、金華山中心のウオーキングを始めて、先日ご紹介した
アジサイ寺を通るようになり、その美しさに魅了されました。

 約2ヶ月前からブログを始め、10日ほど前から、カメラ片手にウオ
ーキングを兼ねてアジサイを探しました。
驚きましたね。こんなに素敵なアジサイが近くにあるとは!
もう一つ 意外だったのは、ごく普通と思っていた種類が、品種改良
され 里帰りした西洋アジサイで、あまり目立たない ガクアジサイ (と
いう名前も最近知ったのだが) が日本古来の原種に近いものだと、
知りました。 ふーん !!? です。

20060630111927.jpg
   岐阜公園 最奥の光景。小高い場所は、こらからが盛り。6月29日撮影


この後は 私の感性で選んだ種類です。名前は分りません。何方かお教えください。

20060630112659.jpg


20060630113519.jpg
  

20060630113715.jpg


20060630114054.jpg
 これは咲き始めから、終りまで純白のままです。昨年始めて気づきました。

20060630114624.jpg
  あじさい寺の主な品種。これもしまいまで色変化がありません。

20060630115247.jpg
一般的なアジサイの咲き始め頃の色。普通の品種は、この頃の色が私は好き。

  ウオーキング   6月29日  8,500歩   6月30日  9,100歩 

スポンサーサイト

ボンドゥ孤児院プロジェクト 5

            自前の学校を作る計画で悩んでいます

 私たちの運営している孤児院の子供たちは、コミラ村の学校に通っています。
ところが、机、いす、教科書も満足にありません。先生すら、度々休んで学校に来ない、
という状態なのです。しかも、この学校では、イスラムの宗教のみを教えている事がわ
かりました。(注、バングラデッシュでは、6?10才まで5年間が義務教育期間)
ですから孤児院での教育が大切なのです。むしろ、こちらの方が主な学習時間となっ
ています。

 もう一つ問題が出てきました。大都市のダッカで孤児院を運営していた時と異なり、
コミラに孤児院を移転して以来、村の子供と孤児院生の生活格差が、目立つようにな
りました。孤児院の子供の方が、はるかに良い生活をしているのです。
これでは同じ村の中で、仲良く共存していくことが難しくなってきます。このような状態
なら、この村の子供達も含めて、いっそ、自前の学校(私立校)を作りたい。
いや そこまでやらないと、せっかく育てている子供たちを本当の意味で、この国に役
立つ人間に育成できない。

 はたして、経済的に運営していく事ができるかな? と思い悩んでいるこの頃です。

 20060628202515.jpg
   孤児院生の記念写真撮影を見る 村の子供たち。 村の子供は裸です。(右)

     ウオーキング  6月28日  早朝 4,500歩  夕刻 6,100歩
岐阜市は今日32度まで気温が上がりました。予報が出ていましたので 2回に分け
て歩きました。


雨の止み間 わが家の庭

       ”のーぜんかつら” が咲き始めました

 気温が上るにつれ、蔓花 ”のーぜんかつら” の勢いが増してきまし
た。開花に気が付いたのは約10日前、この花も少し遅れたようです。
私の家は 築80年。36年前 転職のため東京からの移転に際し、
手に入れたものです。
気に入ってはいますが、あちこちの傷みを修理するのに、悲鳴をあ
げています。 

20060627132154.jpg
この庭は妻が10年以上かけて、コツコツ造りあげたもの。5年前まで100%会社人間
だった私は唯 見るだけです。出来映えも100%満足と言いたいところですが。


梅雨の晴れ間の植物は、その美しさに一段と磨きをかけています。
種類も増し、濃くなっていく緑とのハーモニーが絶妙に思えます。

no-zennkatura.jpg
     ノーゼンカツラ。蔓をどんどん伸ばし勢い良く成長します。

20060627135232.jpg
               今 咲いているバラ

20060627135628.jpg
  残念ですが、今朝 花が終わってしまいました。撮影は6/24でした

         ウオーキング  6月27日  8,100歩


ボンドゥ孤児院プロジェクト 4

          孤児院をオープンして11年が経ちました


約1ヶ月ボンドゥ孤児院Blogを休みましたが、再開します。よろしくお願い致します。

 このプロジェクトを始めた時には、せめて10年は続けたいと思っていました。
昨年の11月、10周年を祝う集まりを、大勢の支持者の方々と皆で喜び合えたことは
何よりの感激でした。
孤児院開設後、6年目に首都ダッカから、環境の良い地方都市コミラの郊外の田園
地区に新校舎を新築し、田んぼ、養魚池を作り、牛、アヒルの飼育も始めました。
勉強だけでなく、職業教育も同時に行うためです。食料の一部でも自給したい、という
希望もありました。

 卒業生も50人以上となり、在籍人員も30人前後に増え、(多少変動がありますが)
その中には成績優秀で、この国のスカラシップを授与された子も出てきました。
 日本からの支援も、大人ばかりでなく、岐阜を中心とした、多数の小中高校からの
様々な支援活動と交流がありました。1例ですが、岐阜のある小学校の子供達が、
空き缶を集め、これを売ったお金を 毎年孤児院に贈っています。この事を知った孤児
院生の驚きと感謝は大変大きかったようです。
その感謝の気持を手紙と寄せ書きにして、日本の学校に送られました。
素晴らしい国際親善となりました。

 孤児院も開設後11年目となりました。
皆様のご厚意でここまでは何とか順調に運営してこられました。有難うございました。
孤児院の収容能力はまだ余裕があります。しかし現在の財政状況では、これ以上
子供を増やす事ができません。
 若しよろしければ、ご協力を頂きたいと切に思っています。

   ボンドゥ孤児院プロジェクトのホームページはこの字句で検索できます。
                  是非ご覧ください

20060625171039.jpg
[ワールド・コラボ・フェスタ] 毎秋、名古屋 栄 ”もちの木広場”に中部地区のボランテ
ィア団体が結集して、会の趣旨のPRとバザーを行います。 05,10,16 開催、撮影

20060625172256.jpg
ボンドゥ孤児院 開設10周年記念 総会 (会場)JR岐阜駅ハートフルスクエアー
                05,11,20 開催、撮影

20060625172956.jpg
  記念写真展 「バングラデッシュの子供たち」 会場風景 同日 撮影

20060625174219.jpg
  総会は若い会員の方が大勢参加して、熱気むんむんでした。

  ウオーキング  6月24日 6,100歩  6月25日 6,500歩


あじさい寺・今花盛り

        私の桃源郷・近くの秘境です

 全国にアジサイ寺と呼ばれる お寺が沢山あるようですが、岐阜市
周辺でも何ヶ所か耳にします。ここは小さな禅寺ですが、住職の熱心
な手入れと、金華山の自然がマッチして、見事な景観になっています。
 私のウオーキングの起点ですので、毎日楽しませてもらっています。

     今週あたりが最盛期では?

      禅林寺(茶しん寺) 岐阜公園の南端より階段を登る 20060624135200.jpg

20060624135334.jpg

20060624135519.jpg

         ウオーキング  6月23日  6,100歩


私の釣り ?

     漁火を灯して夜釣り 至福の時間です

 今 イカ釣りにハマッテいます。
私のフィルード 若狭湾一帯で釣れるイカは、ケンサキイカ (この地方
ではマイカと呼んでいる) スルメイカ、ヤリイカ、アオリイカ、ソデイカ
(ここではタルイカ)などです。
この内 私の狙いはケンサキイカ、ヤリイカ、アオリイカの3種です。
スルメイカは ”沖漬” を作りるために、麦イカと云われる20cm前後
のサイズに成長した頃だけ狙います。
 冬場の1?2ヶ月以外は、どれかのイカが釣れますね。

 なんだ イカ釣り? そんなの釣りじゃないよ!
と云はれる方が多いかも知れません。 では私が感じているイカ釣りの
魅力をお話しましょう。

・ 食べて美味しい。新鮮なイカ (私の狙いの) を食べたら虜になるでしょう。
・ プレゼントすると大変喜ばれる。(最近 鯛ですら 処理のためか、敬遠される)
・ 微妙で独特な当りを取るのが面白い。(黒鯛より面白いと思います)
・ 軟らかい竿を使うので、けっこう強い引きが楽しめる。(イカって こんなに引くの。と
  ビックリされると思います)
・ イカ・スッテ (一種のルアー) の針は返しがないので、揚がるまで、スリルがある。
・ エサ付けが不要。手の汚れが少ない。

 夏の夜釣りは "漁火”の風情と涼しさで、なんとも気持が良いです
よ。ここでのビールは最高です。
磯、イカダ専門の友人も、この釣りに嵌ってしまいましたし、この魅力
が伝わったのでしょう。最近 女性のファンが増えてきました。
 夜のイカ釣り乗合船は、関東、東海地区にはないのでは?
一度やってみたら、そこそこ釣れてしまった。となったら、嵌ってしまう
事、間違いなし。です。
ご希望でしたら、私の釣行を調整してご案内します。コメントください。

20060622164941.jpg

イカ釣りの良い写真がありません。群れが来ると一斉に釣れるので、人の写真を撮る
どころではないのです。2杯釣れたのですが、一匹は良く見えません。
  
20060622171637.jpg
沖漬けを作りました。(6月15日) タレは正油2、酒1、みりん1、の割合を煮立たせ、
アルコールを飛ばします。(これが基本で、プラス各自で好みの添加をします)このタレ
の中に生きたままスルメイカを放りこみます。食べ方も色々あります。旨いですよ。

           ウオーキング   6月21日  13,800歩

      ミクシイ(Mixi ソーシャルネット)に、ご紹待くださいませんか。
      Fc2ブログも勿論このまま続けるのですが。 


私の釣り ?

              好きな釣り場、魚

 せっかく好きでやることです。時間の調整が自由な今は、とことん
自分の好みに こだわっています。

・ 海釣りオンリーです。私は名川 長良川の近くに住んでいますが、
  海が大好きなのです。いずれ遠出できなくなったら、川でもやるで
  しょうね。
・ 水がきれいで透明度が高い所。良く釣れても、水が汚い場所では
  やる気が起きません。釣り場が汚れていてもいけません。
・ 旨い魚を釣ること。釣り味が良くても、(魚の引きが強い釣り)食べて
  不味い魚はダメ。
・ 色々の種類の魚が釣れる方が良いですね。私は何かを一筋に狙う
  という事はありません。
・ 片道3時間以内のドライブで行き着ける所。

 釣りは、20年以上やっていますが、4年前までの現役中は、気分
転換に一番効果があったので、多少無理もしてやっていました。
 体調と気象条件と連休が合った時だけ、釣行できるということで、年
に10回 できれば、という状態でした。そのせいかちっとも腕が上がり
ません。好みは長い間に、自然に固まったものでしょう。

 防波堤、砂浜、磯、いかだ、舟と一通り、釣り場に合わせた方法を
トライしてきました。そして最後に行き着いたのが乗合船の釣りです。
 場所も愛知、三重、福井の3県から、自然に若狭湾一帯に絞られて
きました。

20060620150906.jpg
5年ほど前から乗り始めた船。出船すれば半日以内に釣果をインターネットで知らせてく
れます。内容は、クーラーを開けて釣果を1匹ずつ確かめる、という稀に見る正確さです。

    ウオーキング    6月18日 12,000歩   6月19日 3,900歩
                 6月20日  4,800歩


私の釣り

            この頃 絶不調です

 だからブログを始めて2ヶ月近く経つのに、釣りの話題を書かなかっ
たのです。いや本当はイマイマシクて書けなかったのです。
 遊びで何が一番好きですか、と聞かれれば、迷うことなく釣りです
答えるでしょう。釣りがテーマでしたら ”止めども無く” ブログが書ける
でしょう。しかし最近ではグチがトメドモナク出てきそうで、恐ろしいの
です。
釣行も昨秋からガックと回数が減りました。腕が落ちたのでしょうが、
海の様子も最近おかしいようです。とは言っても1ヶ月海の匂い、潮の
香を嗅がないと落ち着かないのです。
 私のフィールドは、ここ5?6年 もっぱら日本海、福井県の沖釣りで
す。これからは時々釣りについても書きますので、グチも聞いてやって
ください。
      20060618071513.jpg
     若狭 日向沖での日没。美しいでしょう。恥ずかしい釣果でしたので、
     せめて景色でも楽しみましょう。   06,5,31 撮影

20060618072333.jpg
どうやら イカ が乗った(掛った)ようです。この日はマイカ(ケンサキイカ)狙いでした。


ヒメコウホネは花を増やしていました

       岐阜市のヒメコウホネに種の疑問?

 せっかくブログを始めたので、ヒメコウホネの生育状況を月1回は書
きたいと思っていましたが、思わぬコメントを頂きましたので、そのお
答えも兼ね、少し早めに報告します。
前回の観察は5月28日でした。今度は6月12日、ちょうど半月経ち
ました。花の数は目測で20%増加。全体の生育状況は勢いが出て
きたように見えます。最盛期はまだ先です。もっともその時期は自信
をもって言えませんが。でも今の状況はマアマアに見えます。
20060616232146.jpg
 岐阜市達目洞のヒメコウホネはこんな所に生育しているのです。道路は岐阜環状線。
 その下の木道 (板が見える) が保護観察道。

20060616233045.jpg
                  看板クローズアップ

20060616233636.jpg

20060616233815.jpg
 上の写真2枚は、葉の形状、生育状況が専門家にも良くわかるように撮影
 したつもりです。原画は200万画素で撮影しています。提供OKです。

 さてコメントの件ですが、5月29日の 「ヒメコウネが今年も咲きました」 という私の
ブログについて、6月9日に 「東海型は存在致しません。オグラコウホネだそうです。
岐阜新聞」 のコメントを頂きました。大変ありがたいお教えだったのですが、内容には
”はてな?” でした。岐阜新聞の発信者URLも不明、私が返信した質問コメントにも
ご返事頂けませんでした。
 地元の話題、地元紙からのコメント、私の好きな花、絶滅危ぐ種でもあるので、その
後、再確認の資料調査を行った結果を発表して、皆さんからのご意見をお聞きしたい
と思っています。どんな事でも結構です。お待ちしています。

    ちょっとややこしい植物分類の話になって恐縮です。
◎ スイレン科コウホネ属には次の4種があります。
  1、コウホネ  2、ヒメコウホネ  3、オグラコウホネ  4、ネムロコウホネ
              日本の野生植物・草木? 平凡社(1992,12,9)より
   これでヒメコウホネとオグラコウホネは別種である事が分ります。
◎ 日本の絶滅のおそれのある野生生物・レッドデーターブック 8 植物?
    生育を確認した県    環境庁編 2000年7月発行より
   ヒメコウホネ  岐阜 愛知 栃木 神奈川 福井 滋賀 京都 兵庫 和歌山
           岡山 広島 山口 徳島 高知 佐賀 熊本 大分 宮崎 鹿児島
   オグラコウホネ 愛知 京都 兵庫 和歌山 広島 徳島 福岡 佐賀 長崎
           熊本 宮崎 鹿児島   ● 岐阜には生育の確認はナシ
   ネムロコウホネ  北海道 青森 宮城 秋田
   これで岐阜の生育種はオグラコウホネではなくヒメコウホネだと思われます。
   もし他地域にオグラコウホネが生育しているのならば、大朗報なのですが。

なお私の調べた範囲では、ヒメコウホネ関係の資料はあまり見当たらない。唯一 かな
り突っ込んだ研究をされている資料がネットで公開されている。東海型、関西型という
区分けはここから引用させて頂きました。遅ればせながらお礼を申し上げます。
この資料のURL www2.Kobe-u.ac.jp/~018d831n/Nuphar3/3.htm

          ウオーキング  6月16日  6,000歩


スペイ旅行記 8 マドリード

 この旅行 最終日の午後半日が、スペインの首都マドリード観光です。
とは言っても美術館2館の見学だけです。治安に問題があるとかで、個人でホテルか
らの外出はご遠慮くださいとの事でした。

 先ずプラド美術館。スペイン王室のコレクションを公開した世界屈指の美術館です。
この館内は撮影禁止。荷物の持ち込みも禁止で警戒厳重です。この旅行中どこでも
開放的だったので戸惑う。
ここはベラスケスのコレクションが有名ですが、私には感覚的にちょっと合わない。
ゴヤの 「裸のマハ」「着衣のマハ」 がこの美術館にあるとは知らず、予期せず観賞
できたのは嬉しいことでした。
 次はソフィア王妃芸術センター。ここにはピカソの大作 ”ゲルニカ”がある。戦争反
対の思いを込めた モノクロの名作は レプリカや印刷物で度々見たきたが、実物を目
にして迫力とピカソの思いに打たれ、私自身が東京で米軍の猛爆撃に逃げ惑った
恐怖の経験がまざまざと甦ってきて、金縛りになってしまった。この衝撃でここでの
他の記憶は全く残っていません。

20060615174944.jpg
  昼食を摂ったタバス料理店(大皿料理?大皿に多種の料理をてんこ盛りで提供)
  壁に吊るされた沢山の生ハムの豚が面白い。

20060615180112.jpg
ちょうど この日からクリスマス イルミネーションが点灯されました。(バスの窓から)

20060615180615.jpg
  OL3人組から誘われて記念写真、チョット、いや とっても嬉しかった。
  帰りのマドリード空港で。

  ツアーの寸評  盛り沢山すぎて、時間も体力もかなり不足でした。
  参加した私も ”しんどかった” が企画した旅行会社もご苦労様でした。
        旅行期間 2004年11月26日 ? 12月3日

         ウオーキング  6月13日  4、400歩
 


スペイン旅行記 7 トレド

        中世が現代にタイムスリップした街・古都トレド

            (トレドは旧市街全体が世界遺産です。)

 丘の上の城塞都市、地下を掘ると数百年前の遺物、遺構がすぐに出てくるそうです。
20060613190800.jpg

この街は6?8世紀 西ゴート王国の首都として栄えました。その後イスラムの支配
下に入り、11世紀に再びキリスト教社会となって16世紀まで長きにわたりスペイン
の首都でした。このように支配体制の変遷はあったが、キリスト教、イスラム教、
ユダヤ教が長期間共存し、それぞれの文化が融合しあい現存する奇跡の都市です。
「1日しかスペインに滞在できなかったら、迷わずトレドに行け」 と云われるほど中世
がタイムカプセルのように保存、凝縮された都市だとかねてから聞いていたので、私
が最も興味を持っていた所でした。

20060613193237.jpg  20060613193545.jpg
トレド大聖堂。スペインカソリックの総本山。  トレド市街の道は狭いが風情がある。

とても小さな街だが、僅か3時間の滞在では 残念ながら、ただ走り回っただけという
感じで終りでした。今回は下見と思う事で、無理やり納得。再訪に賭けましょう。
 前夜はマドリード泊まり。この日はトレドまでバスで片道1,5時間を往復し、半日で
マドリードまで戻る。午後からは美術館を2軒巡るという まことに慌しい1日でした。

         ウオーキング 6月12日 12,400歩



今日 万年令で古希を迎えてしまいました

 昨夜 妻から 「明日何の日か知っている?」 と聞かれるまで誕生日
を忘れていました。
もっとも もう何十年も前からこんな状態でしたが。
還暦、古希などという言葉は ”満でなく 数え” で表すと思い、このブロ
グでも2ヶ月前からそのように言っていましたが。
しかし今日も特別な感慨はナシ。
妻の発案で私の好きな うなぎ を食べに出かけることになりそうです。

     フレッシュな気持で今朝のマイガーデンをお目にかけましょう。
20060611111008.jpg 20060611111147.jpg
      アルストロメリア         白百合(ユリも種類が色々あるのでしょうね)

20060611112041.jpg
     今年は あじさい も遅れています。やっと色付き始めました。

        ウオーキング   6月10日   10,100歩

     ★ミクシィ(mixi、ソーシャルネット)に何方か、ご招待くださいませんか。
              FC2ブログも勿論このまま続けますが。


スペイン旅行記 6 コルドバ

             特異な美しさ・メスキータ寺院

いよいよ今日からサッカーW杯ですね。年甲斐もなく大好きで、寝不足に用心です。

 この日も忙しかった。午前中は前回ブログでご紹介したセベリアを観光後、2時間
バスに揺られる。午後はコルドバ観光。その後 pm5,40発のスペイン新幹線”AVE”
に飛び乗り約2時間かけてマドリードに向うというスケジュールです。

 コルドバは10世紀に人口100万近くに達し、メスキータ寺院始め市内に300以上
のモスク(回教寺院)が存在、学問も発達し古今東西の文献がこの地で翻訳され諸
国に流布されたそうです。当時ヨーロッパ随一の都市だったといわれています。
 ローマ時代から使われているローマ橋、メスキータ寺院、ユダヤ人街がコルドバ
歴史地区
として世界遺産に登録されています。

 私はコルドバについて知識は全く無かった。期待も予測もありませんでした。それ
で余計 感激したのでしょう。私の写真技術ではその素晴らしさを表現できないのが
もどかしいです。
20060610081321.jpg
   ローマ橋とメスキータ寺院(橋の向こう側) 川の名はグアラルキビール河

メスキータのある土地は、よほど神聖な場所なのでしょうか。ここにはローマ時代に
神殿があったそうです。そこにキリスト教の聖堂が造られ、それを8世紀 モスクに作り
直し、またまたキリスト教会になった、という歴史があります。

このモスクはメッカのイスラム総本山に次ぐ世界2位の規模で建設されました。その後、
歴代の王により増改築を重ね、現在の形に近いものになりました。

 13世紀 この地は再びキリスト教の支配する所となり、モスクの中央部がキリスト教
の教会に改装されました。当時のカルロス5世王は、この改装を たまたま通りがかり
中に気ずき 「キリスト教の教会は世界中にあるのに、世界に2つと無い物を壊した」 と
嘆いたそうです。良い話ではありませんか。

20060610092950.jpg
     メスキータ寺院内部  イスラム模様のアーチ状の柱とキリスト教の
     マリア像(右上 明るい所)が並存していて興味深い。

20060610093917.jpg  20060610095030.jpg
      キリスト教祭壇部分             モスク時代のアーチ型柱列

  改装された2宗教 折衷の寺院は見事なハーモニーを奏でていると感じました。
  不思議な幽玄感があります。

20060610101012.jpg
ユダヤ人街は花を飾っている白壁の家が多い。狭い通路の間に
メスキータの塔が見える。東洋人女性の観光客がいっぱい。

        ウオーキング  6月9日  7、200歩


スペイン旅行記 5 セベリア

       セベリア大聖堂 ”ヒエルダの塔は高かった”

 前日グラナダからミハスに寄ってセベリアまで移動。
ミハスは小高い丘の傾斜地に開かれた、白壁が続く小さく小奇麗な町。日本女性が
大勢歩いていました。Japanese経営のスーベニールショップもあって驚きましたね。

 セベリアはアンダルシア州の州都、コロンブスが新大陸を発見した時はこの街か
ら船出したと言う事をここで始めて知りました。グアダルキービル河で海とつながり、
現在でも重要な港となっているそうです。
コロンブスの墓はこの教会の中に安置されています。

20060609083531.jpg
 ヒエルダの塔 地上96mから見た大聖堂とセベリア市街のパノラマ。人口は70万人

この街ではなんと言っても 世界遺産・セベリア大聖堂でしょう。
1184年イスラムのモスクとミナレット(塔)が造られ、それをベースに13世紀からキリス
ト教会として改修を重ね、時代の変遷と共にゴシック様式、ルネッサンス様式を取り入
れ現在の姿となりました。

 有名なヒエルダの塔は96m(他の資料では98m)の高さを誇り、祭壇と天井の高さ
はカテドラル中、世界一だそうです。とにかく大きすぎて写真の枠に入りませんでした。
この街には古くからのユダヤ人街があります。街中に11月でも たわわなオレンジと
共に、温かみのある光景を見ることができました。

20060609094104.jpg
         正面左から見たセベリア大聖堂とヒエルダの塔

20060609094545.jpg
特別なイベント時に公開されるマリア像が下部中央に。像は等身大です。天井の高
さがお判り頂けますか? この日は何の記念日か不明だったが、ラッキーでした。

20060609095756.jpg
ステンドグラスの置物。  美しさに撮影したが、説明が読めず残念。

20060609110606.jpg
ユダヤ人街の小公園。ホットする雰囲気、写真が小さくてオレンジが良く見えない。

          ウオーキング  6月8日 4,300歩


スペイン旅行記 4 グラナダ

      世界遺産・アルハンブラ宮殿

 この旅行のハイライト、いよいよ期待のアルハンブラ宮殿です。
前日はバレンシアを朝 出発して、途中ドンキホーテの小説ゆかりの地、ラ・マンチャ
地方を訪れ、有名な風車を見たが、周囲の荒涼とした光景に驚く。
ここまで4時間、さらにグラナダまで4時間、合計8時間 バスに揺られる。

 アルハンブラ宮殿はイスラムのグラナダ王国の王宮、城砦として1238年から建設が始
まり、以下21人の王により増改築が続けられました。イスラム建築の最高峰とされていま
す。1492年にキリスト教徒によって占領されましたが、その後も大きな破壊はされず、
その美しさは保存されてきました。この先人達の英知に敬意を表したいと思います。

他のメディアでよく見かける場面は避け、私なりの視点での写真をお見せしましょう。
見所が多すぎて、ガイドの話をメモする間もなく、見たい 写真を撮りたい、で物凄く忙し
かった。もっとじっくり丁寧に見たい。なんとか再訪したいものです。
 
20060607065818.jpg
     宮殿遠望 ヘネラリーフェ(避暑用の離宮)に行く途中の回廊から撮影

20060607070719.jpg
     城壁上から入り口付近を望む 糸杉とレンガ色の対比が印象に残った

20060607071310.jpg
     アラヤネスのバティオ(天人花の中庭) ・ 豊かな水はイスラム最大の望み。
     良く見るショットだが、これは是非お見せしたかった。

20060607072552.jpg
政庁の間? 天井の飾りは見事な杉の木で彫刻が施されている。昔は大木が多かったら
しい。現在 大木は何所にも無い。人類文明の発展は、森や木の消滅につながってきた。

20060607073946.jpg
     アベンセラヘスの間 イスラム独特の幾何学模様が美しい。

20060609103131.jpg
アルバイシン地区 9世紀頃から存在するグラナダで最も古い街並み ここも世界遺産。
                                     (宮殿回廊から撮影)
この地区の探訪も楽しみにしていたのに、スーベニールショップでの買い物で時間を使っ
てしまい、この日は ジ、エンド。それはないよ!

       ウオーキング  6月5日 6,300歩  6月7日 19,500歩


スペイン旅行記 3 バルセロナ?バレンシア

     世界遺産より価値ある場所があった!

 サクラダファミリアからバルセロナの市街地をピカソ美術館まで歩く。古い街並みが良
い雰囲気。
20060605095849.jpg

その後ご一行様は免税店に。私は一人で近くのカテドラルに向う(添乗員の了解を得)
 バルセロナのカテドラルは世界遺産ではないが、13?15世紀に建造され、永く市民
の信仰の場となってきた由緒ある教会です。幸運にもこの時 昼1時間は入場無料。
数百年間の人々の祈りが内部に凝縮され、その気配がヒシヒシと迫ってくる。私は特
定の信仰がない平均的日本人ですが、このような雰囲気は心身が引き締められます。

 フラッシュを使わなければ写真撮影OK。ありがたい。このへんの対応はスマートだ。
日本は建前のみで、自分が禁止を守っていると、隣で携帯がパシャ、が結構 多い。
20060605103124.jpg

 この後 紀元前ギリシャ人によって開かれた古都バレンシアに向けチャーターバスで
走る。この街も見たかったが車窓から眺めるのみで、翌朝 直接ラマンチャ地方に向う
との事ガッカリだ。それならとホテル到着後、個人でタクシーを頼み1時間ほど旧市街
地、カテドラルに出掛ける。とても疲れたが収穫はあった。
 (下の写真 午後10時頃 賑わうバレンシア カテドラル前)
20060605105005.jpg
しかし この地に宿泊しながら、こんなに歴史ある街の観光を組まないのはどういう事?

       ウオーキング  6月3日  6,500歩


スペイン旅行記 2 出発?バルセロナ

     世界遺産の登録基準に疑問が

 04,11,26 いざ出発。ワクワクの昂揚感を胸に名古屋小牧空港に向う。
多分 今回でこの空港の利用が最後となるでしょう。(翌年3月 中部国際空港が開港)
海外出張の際、約25年にわたり100回以上も、この便利で小さな空港を利用させて
もらった事か。仕事上の思い出と共に、深い感慨と惜別を覚えました。

 先ず添乗員の説明会。ここでの関心は説明より同行メンバー約20人の「人と成り」
だ。それがバライティに富んでいる。新婚気分プンプンの20才代ペアー、金婚式前後
かな?の素朴で元気な老夫婦、若さ一杯のOL3人組、しっとり奥様の2人連れなど、
とにかく女性が圧倒的。男1人は私の外は1人だけ。影が薄いよ。
気を散らさず観光に専念しよう。

フランクフルト経由 夜8時バルセロナ着。未だ日本発と同日です。(時差8時間遅れ)
 翌朝先ず グエル公園(世界遺産)観光。 まるで 「おとぎの国の楽園」 といった感じ
20060603072957.jpg  20060603073242.jpg
1900年代前期にガウディという天才建築家によって設計された近未来高級住宅地だ
そうだが、私はここでは落ち着かなかった。造成途中 ガウディの死亡で未完成に終わ
ったそうです。未来志向が強すぎたのか、売れ行きが悪かったとの事。


20060603075008.jpg
  サクラダファミリア入り口側 こちらが裏側に見えるが。塔の高さ 170m


20060603075435.jpg
    (出口側 物凄く繊細な造りです。見上げていると首が痛くなる)

次の観光はサクラダファミリアだ(世界遺産) バルセロナで1番有名な建物。とにかく
バカでかく、繊細な造りです。
1882年から作り始め、完成は100年後とも云われていたが、最近 資金、人材の集
まりが良く、10?20年後には完成できそうだと報道されました。
現在 日本人も建造に関っているそうです。これもガウディの設計。

 バルセロナにはガウディ設計の建造物が多数あり、多くが世界遺産になっている。
サクラダファミリアは確かに世界遺産に値すると思います。門外漢の勝手な発言かも
知れないが、はたしてそれだけの値打ちが有るのか?? に思う物もありました。
この程度で世界遺産とは、はっきり言えば疑問です。かねてから、その登録対象が
ヨーロッパに偏っているという事を聞いていたが、日本にはこれ以上価値のある場所、
建造物、文化がある。アジア、中近東にはおそらくもっと数多く存在する筈だ。
ユネスコの所管らしいが、登録基準を見直す必要があるように思いました。
 長くなったので、バラセロナは次回にも続けます。

      ウオーキング  6月2日  13,900歩


スペイン旅行記 1

   プロローグ

 私はもともと旅行が大好き、乗物も大好きです。
時間の束縛が無くなったら、自由きままに旅行する事が夢でした。
さてリタイアしてみると、時間の自由は得ましたが、健康、金銭、ボラン
ティア、妻の体調(数年前 脳梗塞で倒れ、奇跡的に回復)など、やはり
自由気ままと言う訳にはいきません。
 となると海外旅行は年に2?3回、どうしても行きたい場所の中で、
遠隔地を体力のある内に旅行する、という基本ルールが自然に出来
上がりました。
 で、トルコ旅行の次に選んだのが、当時 世界遺産数 世界一の
スペインでした。アルハンブラ宮殿と古都トレドが頭の中にありました。

 この国も仕事で2度訪れていましたが、観光の経験はゼロ。現地で
のディナー時のフラメンコショーに興味を惹かれていました。

効率良く見物するために 「充実のスペイン8日間」 というパックツアー
が気に入りました。選んだ理由は、5ヶ所の世界遺産を訪れる 盛り沢
山の企画にありましたが、パックツアーなのに私の加入している「スタ
ーアライアンス」のマイルが100%獲得できると言う点が大いに気に
入ったからです。 (旅行日 04,11,26?12,3)

 スペインに関心の有る方に一つ情報をお教えします。スペインの
情報誌、ホームページは沢山ありますが、私はスペイン政府観光局
発行のリーフレットが大変参考になりました。しかも無料で送ってくれ
るのです。その節は有難うございました。
 入手方法は 「スペイン政府観光局」 のホームページに出ています。
 (06,6,1確認しました)

20060602001448.jpg
40ページ立て。地方別の物もあるようです。

現在の世界遺産数 1位 イタリア 40  2位 スペイン 38 日本 13(14位)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。