楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やまあじさいの寺・三光寺・柴燈護摩祈祷会


 昨日までの3日間、どうにも体がだるく殆ど寝てしまいました。 それが今朝は有り難
いことに気温が24℃まで下がり、久しぶりに涼しいお陰か 元気を取り戻しました。


 ということで 今日はブログが書けそうです。
約一ヶ月前の6月30日、やまあじさいで有名な岐阜県山県市の三光寺柴燈護摩
祈祷会
(さいとうごまきとうかい) が行われ、わたしの健康を祈ってきましたので、いさ
さか遅くなりましたが、その様子をUPしてみます。

護摩祈祷会 084
(三光寺さんから頂いた 挨拶状をそのまま転記します)
こころの故郷 「あじさいの山寺 三光寺」 にようこそお出かけ下さいました。   
この境内花園では 三百余品種 一万株にも及ぶ「山アジサイ、額アジサイ」
が花曼荼羅の如く、現生の人間模様を照らし出しております。

護摩祈祷会 102
 当山は真言宗のお寺で、お渡しした「護摩木」 は皆様の諸願成就の願いが叶うべく
「柴燈護摩祈祷会」 にお供えし、ご祈祷いたすものです。

護摩祈祷会 112
護摩祈祷とは、願いを書いた木の札(護摩木)を火中で燃やし 煙とともに天上に運び、
天の恩恵を祈るもので、主に真言宗で行われるようです。

柴燈護摩祈祷会 50
写真の順が後先になりました。 これが会の始まりで大勢の参加者が見えます。

ヤマアジサイ虹129
ヤマアジサイ虹。 当日 境内に最もたくさん咲いていました。

紅錦 018
ヤマアジサイ紅錦。 最も人だかりしていた花でした。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。










スポンサーサイト

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真


新年初歩きは岐阜市の古刹・伊奈波神社へ


 明けましておめでとうございます。 いささか遅いかも知れませんが、私は 今 新年初
めてのブログを書ける喜びに浸っております。

 私のがん治療は、抗がん剤の副作用で白血球の数が激減し、暮の26日から中断し
ています。 そのお陰で お正月は副作用による体調の悪化が薄れ、気分良く過ごすこ
とができました。
それで元日は私のウォーキングコースの一つであった伊奈波神社への初詣に出かけ
てみたのです。

人波 052
伊奈波神社鳥居前広場の元日 午前10時頃。 凄い人出で驚きでした。

人波 105
正殿前の階段では、数十人づつに区切って入場制限をしていました。 とてもスマート。

人波 102
階段を上って後ろを振り返る。
境内を埋め尽くした群衆が整然と並んでいるのに感服しました。

手水 096
手水舎。 ここでも粛然と順庵を待って お清めをしていた。

お御籤 136
おみくじの結び所。 数の多さにビックリ。

人波 025
参詣道の屋台街。 大賑わいです。

 伊奈波神社の歴史はとても古く、神社の縁起によると、垂仁天皇 (第11代天皇、
在位 紀元前29年~70年) の第一皇子イニシキイリヒコのミコトが約1900年前に
創建した古社なのだそうです。 以前は金華山の中腹にある丸山に社があったのです
が、斉藤道三が金華山頂に城を築いたので、現在地に移転したのです。

 伊奈波神社には 毎年50~60万人の新年参詣者があるそうですが、40年以上も
岐阜に住んでいたのに その賑わいと地方都市の庶民の素朴な信仰の存在に初めて
気付いたという迂闊さでした。 お恥ずかしいことです。



このブログ いいね。 と思われたら、 ここを クリック お願いします。







テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。