楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


すい臓がんの病状と前回から継続する黄色い花

 私の次のがん診療は4月2日、その日までは体力回復に専念せよ! なのでしょう。
自覚症状としてガンの病巣自体は現状維持が続いているような気分です。 ただ食べられ
る量が少ないので、それが心配です。

 今日も撮りためておいた花たちをお目にかけたいと思います。

サンシュユ 2229
サンシュユ。 花径 約 1,5cm。樹高3~15mの落葉小樹。

 サンシュユ 2247
中国、朝鮮半島原産。江戸時代享保年間に種が日本に持ち込まれ、
薬として また観賞用に栽培されてきた。

トサミズキ 8409
トサミズキ。花径 約 1,3cm。 樹丈 1~5m。ミズキと名が付くが、実はマンサク科。

トサミズキ 8405
江戸時代から庭木や切り花として親しまれてきました。 この花は皆に愛されてきたのですが、

トサミズキ 2240
原産地 高知県の蛇紋岩地帯。


このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリックお願いします。





スポンサーサイト

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真


私のガンに春は遠いが 自然界は春たけなわ


 この数日 桜の開花宣言や春一番の報道が目に付きますが、私のウォーキングは出来
るだけ頑張っているので、春の山野草の花の種類が増えてきました。 早く発表したいと焦
っているのですが。


 今日は早咲きのものでは2月初め頃から目につきだしていたフクジュソウマンサク
何とか発表しましょう。 それにしても早咲きのものがちらほら見られるローバイをはじめ
正月明けから見られる早春花は黄色が多いような気がしてなりません。

フフクジュソウ 8386
フクジュソウ。 キンポウゲ科。 花径 約3,5cm。 草丈10~30cm。
日本原産の山野草。 古くから園芸品種となったものが多い。

フクジュソウ8392
パラポラアンテナのような形は日差しを中心に集め受粉をしてくれる虫たちを
誘う役割があるのではないかと云われています。

マンサク 82219
野生木として日本の本州から九州の山林に自生する。 また花木としても栽培される。

マンサク82223
花弁と雄芯が4ッずつあり 赤褐色のものは萼である。 花弁は黄色で長さ15㎝の紐状。

マンサク 8395
早春に”まず咲く”ところからマンサクになった。 また黄金色の花を枝いっぱいに
咲かせる姿を豊年満作と縁起を担ぎ、マンサクになったとも。



このブログいいね。 と思われたら、ここをクリック お願いします。







テーマ:花・植物 - ジャンル:写真




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。