楽しいリタイア人生をめざして
私は1936年生まれ。東京大空襲で生死の境をさまよい、最貧国並の飢餓の中を、なんとか生き抜きました。物質的には豊かになり、リタイアした現在、自由な時間を楽しみつつも、地球の未来に胸騒ぎを感じています。

プロフィール

ヤンジジ

Author:ヤンジジ
古希を迎えブログを始めています。
心と体の健康維持のため。
日課のウオーキングで撮った写真を多く使う積もりです。
皆さん見守ってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログランキングに参加中

よろしければ、一押し願います。

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山野草に魅せられて・アケボノソウ


 今日ご紹介するのはアケボノソウです。 この花は中部地方では8月末から9月末にか
けて やや湿潤な山地に生育するのですが、元々珍しい植物うえ 近年生息数が減ってき
ており、この花を見たことのある方は少ないのではないでしょうか。
 

 私がアケボノソウの花と出会えたのは、伊吹山で5年前の8月末から9月初め頃と
ひるがの湿地植物園で 3年前の9月末に、でした。 以来この花を見たくて毎年何度か
現地に通っています。

アケボノソウ 087
アケボノソウ。 リンドウ科。
花径 1,5~2cm。 草丈 1mまで。 日本、中国、ヒマラヤに分布。

アケボノソウ 101
花びらにある斑点が 宵の星を連想させ、曙草(アケボノソウ)と呼ばれるようになった。
ロマンチックですね。

アケボノソウ 088
黄緑色の2つずつの斑点は密線で、アリなどの虫を呼び寄せます。

アケボノソウ 046
全国的に分布地と数を減らしており、東京、千葉県、埼玉県など7都県で
絶滅危惧種に挙げられています。

アケボノソウ 040
以上 9月20日 ひるがの湿地植物園にて撮影。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。







スポンサーサイト

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


近江八幡に異国情緒ある大正期の洋風建築が多数存在


 私が今 探訪記を書いている近江八幡に行くキッカケとなったのは、この町の郊外に
ある大正時代築のサナトリューム(結核療養所) の建物が老朽のため取壊しの危機
にある、と 知ったからです。
この建物はツッカーハウスといい 明治38年に来日したウイリアム・メレル・ウォーリ
ーズ
というアメリカ人が、キリスト教の博愛の心から建てたものでした。

 もっともウォーリーズの名は近江八幡で見た案内書で初めて知ったというウカツさでし
たが。 帰宅後 調べた資料でこの人の偉大さを知り、感嘆したという次第なのです。
 ウォーリーズは英語教師として来日。 後に建築設計の傍ら、メンソレタームを輸入
販売する「近江兄弟社」 を興し成功させた実業家であり、YMCA活動を通してプロテ
スタント布教も熱心に行ったのだそうです。

 彼は後年 日本に帰化し、日本名を一柳米来留(ひとつやなぎ めれる) と名乗りまし
た。 太平洋戦争の敗戦時、マッカーサーと近衛文麿との間の斡旋に奔走したので、
天皇を守ったアメリカ人」 と称されてもいます。
 今日は近江八幡市で見たウォーリーズの洋風建築数軒をお目にかけます。

吉田悦蔵宅 79
1913年、99年前に竣工された 吉田悦蔵 (ウォーリーズの共同事業者)邸。

ウォーターハウス64
吉田邸と隣合って建つウォーターハウス邸 (吉田邸と同時竣工)

ダブルハウス 61
上2軒と同町内に建つダブルハウス(2世帯住宅)。

洋風住宅街 84
レンガ塀に囲まれたムード満点 近江八幡市池田町の洋風住宅区画。
ここには上の3軒が現存していました。

旧八幡郵便局 83
 旧八幡郵便局。 1921年~1960年まで現役。今は町のイベント会場に利用される。

旧伊庭家住宅116
 旧伊庭家住宅。 近江八幡市安土町にある 和様の折衷が程良く 美しい建物。

ツッカーハウス114
ツッカーハウス。 大正7年(1918年) 築。 当時は不治の病とされていた結核療養
専門の施設。 取壊さずに保存すると決まっているようだが、現状は保護活動は成され
ていない様子。 このままでは朽ち果ててしまう。 救世主はいないのでしょうか。



このブログ いいね。 と思われたら、ここを クリック お願いします。

ウォーキング   3月8日 13,900歩  9日 7,000歩









テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。